2010年 03月 10日
一人箱根路(2,000km)
c0053091_140447.jpg
ようやく春が近づいてきた暖かい昼下がり、MiToとはじめての箱根に行ってきました。
いつもの小田原厚木道路ではなく西湘バイパスを経由して、海の見えるパーキングエリアでちょっとひと休み。
上の写真はそのときの一枚。
薄く霞んだオレンジ色の光線の先におだやかな春の海。
窓を開けると冷たさと暖かさが混じった潮風が頬を撫でて、やっぱり「ドライブ」っていいなあと思える瞬間。

話はさかのぼって、バンクーバーオリンピックが開幕した2月初旬の頃。
走行距離が1,500kmを越え、初回1ヶ月点検を受けてきました。
一通りの点検とEgオイル+フィルター交換、これはメンテンスプログラムに含まれている内容。
オイル代がかからないのはちょっとうれしい。
それに追加して、直進時にハンドルセンターが出ていないことを指摘して、アライメントを取り直してもらいました。
調整後はバッチリで心なしか直進性もよくなった気がします。

慣らしも終盤にさしかかり、回るエンジンになりますようにと、ときおりリミットまで回すようにしています。
これなら箱根の山道でも十分楽しめるでしょう。
海沿いの平坦な道が終わり、山に向かって徐々に登り始めます。
路肩に少し残る雪を横目に見ながら、ぐんとペースを上げていきます。
c0053091_140161.jpg
さて、MiToではじめての箱根はどうだったのか。
まずは足回りの印象から。

ドイツ車のような路面を押さえ込む動きではなく、ヒョコヒョコしたイタリア車らしい動きがベースですが、比較的締まった
落ち着きのある動きをします。
147のように一気にパタンと倒れたあとに旋回をはじめるのとは違い、ロールと同時にヨーゲインも高まり、運転席を
中心に前後輪がクルッと向きを変えてくれます。
リズムをつかむとこれがなかなかたのしくて、エンジンのトルクの厚さで荷重を前後に動かしやすいことも相まって、
コーナーでの姿勢を好きなように制御することができます。
「走り」だけに焦点をあてるならもう少し固めた方が攻めやすいかもしれませんが、乗り心地とのバランスを考えると
これくらいがベストなセッティングでしょうね(固めた脚はとっ散らかると怖いし)。

箱根はブラインドコーナーが多いので、直線でブレーキを終わらせ、アペックスまではパーシャル、出口が見えたところで
アクセルを全開にするスタイルなのですが、電子制御の擬似LSD(Q2システムだったかな)の効きもよくて、これは
芦ノ湖スカイラインだったらGTAより速く走れるかも(ターンパイクはさすがにキツイですが)。
安定感と軽快さのバランスがよくて、ツイスティなコーナーを気持ちよく駆け抜けられます。

ブレーキの良さは前の記事でも書いた通り。
コントロール性も良くて山道でもその効きは頼りになります。
電動パワステもこれがとてもフィーリングがよくて、下手な油圧のフリクション感があるものよりよっぽど自然。
剛性も高くて、上質なステアリングフィールです。
c0053091_1404010.jpg
エンジンについて。
2,000rpmからが実用域で、3,500rpmから5,000rpmまではフラットで厚めのトルクが続きます。
ターボ車初所有の私としてはこのフラットトルクがけっこう驚きで、まるでCVTのようなちょっとバーチャルさを感じさせる
一定の加速度が続きます。
ということはそんなに回さなくてもいいわけで、今まで2速主体だった道でも3速メインで走れます。
パワー感はGTA未満、TS以上といったところで、私くらいの腕前でも過不足なくパワーを使い切れる感じ。
(この「使い切れる」って、重要な要素なんですよねぇ)

NAエンジンと比べると、どうしても「回すたのしみ」は劣りますが、トルクに乗せて走らせるという別の気持ちよさが
それをおぎなってくれています。
ただ、これは私がどうしても比較をしてしまう相手が悪い。
現存する4気筒では最高といっていいフィーリングを持つツインスパークと、30年近くの歴史を持つ官能的名機、
アルファV6が相手なのですから。
環境性能も重視しなければいけない現代的なMiToのエンジンに、そこまでの気持ちよさを求めるのは酷というもの。
それでもイマドキの存在感を消した他のエンジンに比べると、十二分に表情を感じることのできる、手応えのあるエンジンです。
ターボらしい少し低音よりなサウンドも、4,000rpmから上では乾いた気持ちのいい音を聞かせてくれます。

個人的に気になる点としては、アクセルを踏み込んだあとのほんの一瞬の間(ま)でしょうか。
扇風機のスイッチを入れてカーテンが揺れるまでのような、過給機独特のラグがわずか(時間にするとコンマ数秒でしょう)
ですがあります。
NAエンジンのようなアクセルを踏んだ瞬間の「ドンッ」というレスポンスは、電子制御スロットルの動作とも相まって
なかなか難しいようです。

あと、台形なトルクカーブとの引き換えに、5,000rpm以上はパワー的には回す意味があまりありません。
レッドゾーンは6,500rpmからで、アクセルを踏み続けると7,000rpm近くでフューエルカットが働くまでスムーズに
回り続けますが、トルクは頭打ち状態。
速く走るだけなら早めのギアアップが賢明でしょうね(ついつい回しちゃいますが)。
c0053091_140539.jpg
もう一つ今回の箱根ではじめて試したこと。
MiToのハイライト(?)、DNAシステムの"Dynamic"を本格的に味わってみました。
これまでのエンジンの感想はNモードのものですが、Dに切り替えてみると...

こりゃやりすぎでしょ、ってくらいアクセルの「ツキ」がよくなります。
ラグと言ってたものがほぼ消え去り、レスポンスが今ひとつと感じてたことを忘れてしまうくらい、過敏な反応。
3,000rpm以上でのトルクはさらに厚くなり(ブーストアップもされています)、2速のコーナー脱出ではTCSのランプが
点滅しっぱなし。
ステアリングもガッシリ重い手応えに変わり、箱根でDに入れちゃうとまずNには戻せません。
愉快痛快、これが本当のMiToなのかも。
ギブスを取り去ったように動きが軽くなります。

しかしこれまた面白いもので、DからNに戻すと最初のうちはレスポンスが悪いなぁと感じるのですが、しばらく走ってると
「これくらいがちょうどいいや」と。
そしてNからDにすると最初は「こりゃやりすぎ」と思うのですが、しばらくすると麻痺してちょうどよくなってくる。
結局ヒトもMiToに慣らされて、それに応じた運転操作をするようになるんですなぁ。
感覚なんてけっこういい加減で相対的なものです。

どっぷり日が暮れるまで箱根の山道でMiToと遊びまわりました。
シャシーオリエンテッドとでもいいますか、どこか抑制の効いた大人なホットハッチ像を垣間見ることができた気がします。
やはりコイツのメインステージは高速道路より峠、しっかりスポーツできるクルマです。
その反面、おとなしく100km/h巡航すると、燃費計上では20km/L近く走ったりもして、この辺がよくできた現代の
クルマって感じがしますね。

今日現在、納車からちょうど2ヶ月で2,700kmを走りました。
どこも遠出してないのになんでこんな距離伸びてんだろ? 不思議だ。
そうしているうちにMiToのリズムと自分のリズムがどんどんシンクロしてきている気がします。
ただ走らせるのが気持ちいい... 早く春が来ないかな。

by alfa_driver1972 | 2010-03-10 19:22 | alfaromeo MiTo | Comments(14)
Commented by whitewild at 2010-03-10 20:45
ミトちゃんも困ったオーナーに捕まってしまったようで・・・いや失礼w

HIDEさんのインプレを読んで、改めて、
モノとの付き合い方が粘っこいというかなんというか。いい意味でね。
やっぱここまで搾り取って楽しんでこそのクルマ趣味だな、って思いましたよ。

> MiToのリズムと自分のリズムが

そうそう、このリズムが人それぞれなのがメンドクサイんですよね。
だからクルマを良し悪しで語るのなんて意味がなくて、やっぱり「好き嫌い」なんだなぁと。
ボクみたいに惚れっぽい人間はなんでも好きになっちゃうあたり更にメンドクサイんですけどね(^^;

近々試乗させてくださいな。ボクのリズムで。
Commented by やーくん at 2010-03-11 00:24 x
一人箱根いいっすね~
インプレ拝見すると、しっかりアルファしてますね!
デザインもいいですね~
カワユイだけでなく、面に高級感がありますね。

#走行距離、既に追い越されました(笑

#4/14、10周年、10枚目シングル楽しみ~っ!!
Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-11 01:28
>whitewildさん
そんなジロジロ見ないでよ、とか思われてるかもしれません(笑)。

やっぱ基本モノ好きのメカ好きなんだと思います。
ある程度理屈と自分の評価をはっきりさせないとすっきりしないんですね。
困ったことに、プラス人がどう思ってるかも気になるあたりがまだまだ修行が足らないところでして(笑)。

> だからクルマを良し悪しで語るのなんて意味がなくて、やっぱり「好き嫌い」なんだなぁと。

ホントそのとおりだと思います。
食べ物といっしょで、人によって好みも違うし、タイミングで嗜好も変わりますよね。
いろんな味を知ってないと評価軸もできないし、あーメンドクサイですね、クルマって(笑)。
だから好きなんですけど。

試乗バッチ来いです。
Dモード入れっぱなしでぜひどうぞ。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-11 01:33
>やーくん
一人での箱根ってかなり久しぶりでしたが、走りに没頭できてとてもたのしかったです。
惜しむらくはジュリアが閉まってる時間だったことくらいですかね(笑)。
いいリベンジ材料ができました。
ぜひ今度はLuna号とご一緒したいですね。
距離稼ぎましょう(笑)。

シングル情報Thxです!
予約予約と...

HIDE
Commented by unionspecial at 2010-03-11 02:18
意味も無く?伸びる走行距離。これぞ乗り物の醍醐味かな?と。
僕も色んなクルマ欲しい!乗って見たい!
Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-11 23:47
>unionspecialさん
クルマって実用品であり道具だと思うんですけど、ただ走るだけのためにたのしみがあってもいいですよね。
なかなかたくさん持つのは難しいですけど、チャンスがあれば逃さずいろいろ乗ってみると面白いですよ。

HIDE
Commented by Jano at 2010-03-12 00:07 x
ターンパイクはきついけど、芦ノ湖スカイラインならGTAより速いw
これをNモードで感じられるというのだから速いシャーシなんだねぇ。
元々スモールアルファはそういう設定なわけなんだろうけど、
GTAより、と言うんだからナイスバランスなんだなぁ。
なんだかんだ言っても、ここ半年近く動力付きの乗り物に乗れてない
身には、辛い記事だなぁwww
Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-12 00:29
>Janoさん
芦ノ湖スカイラインってGTAの特性と合わないんだよね。
鼻先重いから向き変えるのも大変だったし、直線少ないからそうスピードが重要ってわけでもなし。
意外とアクセル開けられる時間が少なくて、遅い速い以上にあまり楽しくはなかったです。
反面、直線と中速コーナーが多いターンパイクとか伊豆スカイラインは最高でしたけどね。

MiToのシャーシはホントよく出来てますよ。
あと、やっぱ軽くて小さいというのは大きな武器ですね。
トルクが厚いのもあって、芦ノ湖スカイラインくらいのツイスティなところはすごく楽しいよ。

一時帰国したときはぜひ試乗どぞ。
大歓迎でっせ。

HIDE
Commented by やーくん at 2010-03-12 20:17 x
ジュリアにはサボらないようによく言っておきますw
ぜひぜひ、今度はご一緒したいですね。

でね、
新曲「ナチュラルに恋して」。春きたってカンジっす。
3/24までのCMチェックしてね。
ボクはあ~ちゃんバージョンを見ました。
h ttp://www.naturalbeautybasic.com/movie/

Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-13 00:25
>や−くん
CM見ました。
これ大傑作! 最高。
あーちゃん、のっち、ゆかちゃん、3人Ver、どれもすごくよかった...

「ナチュラルに恋して」、ホント春が来たって感じのいい曲ですね。
いい意味でテクノっぽさが薄くてさわやか、好きだなぁ。
新機軸、早くフルで聴きたいです。

いい情報をありがとう!

HIDE
Commented by やーくん at 2010-03-13 11:31 x
何度もすみません。しかも、テーマと異なる内容で f(^^;

カミさんが「あっ!、あ~ちゃんだ」って言うから、テレビ見たら、
まさか「あ~ちゃん1人でCM出ないでしょう?」と思ったら
もう最高(笑

フリも何気にイイと思ったら、やっぱ、MIKIKO先生指導でした。
流石です。いちおう貼り付けますね。MIKIKO先生は3つめ。

h ttp://www.youtube.com/watch?v=NXmksVibibw&feature=player_embedded

h ttp://www.youtube.com/watch?v=JbI0YjvU5wc&feature=player_embedded

h ttp://www.youtube.com/watch?v=SMAv6dBjirs&feature=player_embedded
Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-13 19:22
>やーくん
いえいえ、情報大歓迎!
そう、私も最初見たときいい振り付けだなぁと思いました。
やはりMIKIKO先生でしたか、team perfume すごいですね。
完成度高し!
早くテレビで見てみたいなぁ。

HIDE
Commented by sei-ruote at 2010-03-15 20:00
一人でドライブか〜しばらくやってませんねw
朝箱、みなさんの様子を拝見していると一度行ってみたいのですが
何せ、栃木からだとちょっと距離がありますからね。
憧れの朝箱、ジュリアかな(笑)
MiToのインプレ、興味深く読ませて戴きました。
NモードでもかなりヨサゲなのにDモードだと更にUPするんですね。
147を連れて一度MiToに合いに行きたいなぁ。

Sei
Commented by alfa_driver1972 at 2010-03-15 23:44
>Seiさん
そうですねぇ、たしかにちょっと気軽にって距離ではないですね。
けど一度朝の箱根のさわやかさは味わっていただきたいなぁ。
富士山も近くに見えて気持ちイイですよ。
その後ジュリアで朝ご飯、いい休日です。
4時出発くらいでひとついかがでしょう?(笑)

Dモードはちょっとしたベツモンモードです。
147とぜひ乗り比べてみてください。

HIDE


<< なんと半年ぶりの      雨男 >>