2010年 08月 03日
台湾吉日 参日目
台北3日目の朝を迎えました。
今回の旅のスケジュールは3泊4日、4日目は朝早い飛行機で帰国なので、遊べるのは今日が最後となります。
最初に結論めいたことを書いちゃうのもなんですが、台北市内をひと通りざっと見て回るだけなら、これくらいの日程でも
けっこう楽しめるのではないかと思います。
片道3時間という手軽さが生きてきますね。
今回は行っていませんが、全部を回ろうとすると二日はかかるといわれている故宮博物院や、台湾の他のエリアに
足を伸ばそうとすると、もう数日あったほうがいいのかもしれません。
あとは、おそらく胃袋との勝負になるものと思われます... まだまだ食べたいものはたくさんあるんだよな。 

さて、そんなことを言いつつ前日の北京ダックマッチで少々(胃が)お疲れ気味のご一行。
いったん台湾っぽい食から離れて、らしくないものにしましょう。
あてもなく繁華街をブラブラしていると、らしくないコジャレたカフェを発見。
ちょっと女性比率が高い気もしますが、こっちだって女性は一人いるわけだし堂々と入店です。
c0053091_301516.jpg
RABBIT RABBITというお店、アメリカンダイナー系なカフェってところでしょうか。
店内は現地のワカモノでとっても繁盛していて、まだお昼前にもかかわらず入店待ちの列ができるほど。
それを愛想のいい店員さんが丁寧にさばいていて、なんだか好感の持てるお店です。
(その証拠に、後日Janoさんは一人でハンバーガー食べに来たらしい、いいな)
c0053091_3102078.jpg
c0053091_310275.jpg
しつこいですがらしくないものをってことで、エッグベネディクトとワッフルを。
どちらもおいしかった。
エッグベネディクトって海外だとけっこうな定番料理だと思うんですが、不思議と日本じゃ見かけませんね。
この体に悪そうなオランデーズソースがタマリマセン。
(ちなみに、某ハンバーガーショップのソーセージエッグマフィンは、エッグベネディクトを模して作ったそうです(Janoさん情報))

おかわり自由なアメリカンコーヒーにホッとさせられつつ、お店をあとにします。
MRT(地下鉄)に乗って次の目的地へ。
c0053091_303253.jpg
車内でケータイをいじる風景は日本と同じですが、台湾では通話もOK。
(そのかわり飲食は禁じられていて、水を飲むのもアウト)
ちょっと懐かしい風情の呼び出し音があちこちから鳴って、話し声が聞こえてきます。
最初はひさびさの違和感がありましたが、慣れてくると気にならなくなってきます。
おそらく、ナニしゃべってんのかさっぱりわからないというのも大きな要因ではないかと。
c0053091_302298.jpg
向かった先は、龍山寺という台北で一番古い有名なお寺。
このお寺を中心に繁華街が広がっていて、雰囲気としては上野御徒町といった感じ。
c0053091_302677.jpg
c0053091_1362883.jpg
パッと見年齢層は高めなのですが、まさに老若男女たくさんの人が集まっていて、みんな独特の長い線香を手に祈りを
捧げています。
c0053091_302818.jpg
このころには雨脚もかなり強まっていたのですが、立ち止まっているのも難しいくらいの混雑っぷり。
みなさん何をお祈りしているんでしょう。
商売繁盛? 合格祈願? 恋愛成就? 家内安全? うーん、けっこうお祈りすることっていっぱいありますね。
神様も大変だ。

線香の匂いをまとわせながら、いよいよJanoさんと向かう最後の目的地へ。
再びMRTに乗り込んで、向かうは台北の北の端、淡水という街。
c0053091_303487.jpg
繁華街から住宅地を抜けると、車窓からの眺めは一気に緑が濃くなっていきます。
木の勢いは、林や森というよりもジャングルという言葉がピッタリ。
やっぱりここは熱帯雨林の土地なんだなと気付かされます。

揺られること40分、東京から横浜に足を伸ばしたくらいの感覚でしょうか。
港町、淡水に到着、ですが...
c0053091_303594.jpg
控え目にいってざんざん降り、どちらかというとバケツをひっくり返したようなという言葉がピッタリな雨雨雨。
駅舎の屋根の下でみんな歩き出すのを躊躇しています。
c0053091_303823.jpg
犬だってあきらめてるくらいです。

しかしここまで来て引き返すわけにも行きません。
果敢な私たちは雨脚がほんの少し弱まったのを見逃さず、勇気を振り絞って淡水の街へと挑みます。
c0053091_304495.jpg
c0053091_304631.jpg
惨敗でした。
歩くたびにスニーカーから水が染み出てきそうなくらい降られました。
ここ淡水は「老街」(老害ではない)といって古い町並みが海沿いに続く風光明媚なエリアらしいのですが、のんびり散歩を、
なんて悠長なことを言ってられる天気ではありませんでした。
もうプチ嵐です。

しかしきちんと収穫もありましたよ。
c0053091_305167.jpg
いわゆるクロワッサンなのですが、焼きたてでカリッともちっとしててとってもおいしい。
こんなときでもあくなき食の欲求はつきません。
c0053091_325018.jpg
しかし雨の勢いはまったく衰えず、こりゃ長居は無理ということで、途中の喫茶店でひと休みして、淡水駅へと退散します。
淡水よ、今度はぜひ晴れの日に...

台北市街へと戻ります。
そしてホテル最寄りの駅でJanoさんとお別れ... 3日間お付き合いいただき、本当にありがとうございました。
そもそもJanoさんが台湾に来てなければこの旅はなかったわけで、感謝しています。
人の縁って不思議なもんです。

4人で始まった旅もいよいよ2人になってしまいました。
ちょっとさみしい気持ちをかかえながら、なんせまずは着替えないと。
上から下までびしょびしょです。
ホテルに戻って、一足しかないスニーカーに新聞紙を詰めて、しばし休憩と乾燥。
c0053091_349100.jpg
日の暮れたころ、この旅最後のイベントへと向かいます。
これまでの出来事を思い出しながらタクシーに揺られ(そういやお金も落としたな)、もう慣れっこの雨を眺めます。
c0053091_33372.jpg
目的地は3度目のこちら。
またまたまた台北101です。
c0053091_34275.jpg
成田空港を飛び立ったのが6月11日。
そう、この日は我が奥様の記念すべきお誕生日だったのでした。
ちょっと遅くなりましたが、台湾最後のディナーはサプライズなバースデーパーティーをかねて。
台北101の最上階にあるレストラン「欣葉」をご用意いたしましたよ。
c0053091_342470.jpg
c0053091_344068.jpg
85階からの眺めはこのとおり。
c0053091_34193.jpg
c0053091_341571.jpg
きっと世界でも5本の指に入る高い(場所の)レストラン。
照明も音楽も落ち着いていて、台湾最後の、そしてお誕生日をお祝いするのにぴったりなお店でした。
c0053091_351538.jpg
正直なところ、お料理、接客のレベルはお値段以上、というところまでは達していません。
だけど、この日の食事の記憶はこれまでのものよりもずっと強く、二人の心の中に刻み込まれました。
それくらいこのロケーションには特別なものがあります。
c0053091_1365562.jpg
誕生日のお祝いにとサービスしてくれた、縁起物の桃饅頭。
ステキな時間でした、台北の夜に感謝。
c0053091_343446.jpg
心もお腹も満たされて、いよいよこの旅も終わりが近づいてきました。
ホテルに戻ってパッキングをしてと、残された時間はもうわずかです。
さあ急いで帰らくなくちゃ。
c0053091_344427.jpg
台北駅を見ながらホテルに帰ったのは午後11時。
荷物をまとめてベッドに寝っ転がりながら残り僅かな台湾元を眺めていると... せっかくだからさ、これ使っちゃおう。
パッとガイドブックを広げて、ほら、ここだったら近いよ。
思い立ったら行動は素早く、カメラとお財布だけ握りしめてタクシーに飛び乗ります。
c0053091_344985.jpg
初日に「完敗」してしまった夜市リベンジです。
士林夜市はあの規模に屋根付きというある種の悪条件にやられてしまいましたが、ここは比較的小規模でオープンエア。
臭豆腐のニオイだって上に抜けていきます。
小雨降る日曜日の深夜(時計は0時を回っています)ということもあって、人もお店ものんびりしたもの。
というより、この時間でもしっかり開いていることにちょっとおどろきすらしましたけど。

さあこれがホントの台北の最後の「食」だ。
さすがにお腹はあまり空いてないので、まずはデザートから。
c0053091_345456.jpg
こちら、「豆花」という台湾を代表するスイーツ。
しかしその味は食べ慣れたもの... そう、豆腐です。
マンゴーや小豆、シロップなどで甘く味付けしてあります。
冷たくてツルッとしていて、雪花冰に負けず劣らずのヒット。

他の屋台料理にも手を出したいけどお腹いっぱいだし... けど最後にこれだけは。
c0053091_35155.jpg
焼きビーフン、15元、ってことは45円。
けどこれがすんごくおいしかった。
台北で今回食べた麺類の中ではNo1でした。
横であきれた顔をしているカミサンを尻目に、あっという間に平らげてしまいました。
c0053091_35585.jpg
ま、結局僕たちの旅なんてこんなもんです。
やらず行かずの後悔だけは絶対にしないもん。
「せっかくだから」スイッチ、大事にしていきましょう。

空港へのバスは朝5時出発、寝たか寝ないかわからないうちに朝を迎えてしまいました。
c0053091_35970.jpg
圓山大飯店、雰囲気のあるいいホテルでした。
c0053091_314814.jpg
24時間スタンバイのベルボーイに手を振りながら表に出てみると。
c0053091_3141812.jpg
これまで一度もここからは見えなかった台北101のシルエットが、ぼんやりと。
湿度の高い夏らしい朝、最終日になってやっと顔を出してくれました。

どこに旅行に行っても、いつも寂しくなってしまう空港への道のり。
だんだんと明けていく空をバスの窓から眺めていると、見ることのなかった青い空が。
c0053091_3142547.jpg
K-7 + DA 16-45mm F4 ED
NEX-5 + E18-55mm F3.5-5.6 OSS

おい、もっと早く出てきてくれよ。
もしかして梅雨明け? 東京はこれから梅雨だっていうのに。
そんなこと、台湾の空はツユ知らず...

by alfa_driver1972 | 2010-08-03 22:30 | foto+travel | Comments(8)
Commented by unionspecial at 2010-08-04 02:02 x
拍手!

とても楽しかったです!ブログを拝見して、カミサンをもっと大事に
しないといけないなぁ・・・ そう素直に思いました(ホントですよ^^)
ちなみにうちは12年記念のイベントはまだ先延ばし中・・・
なのに僕の手元には、NEX-5が。あちゃ~~~(爆)
Commented by Jano at 2010-08-04 14:05 x
こちらの梅雨は、あれから2,3日で明けましたねw
つことは、あれから2ヶ月近く経っちまってるわけだwww

最終日の夜は堪能されたようで。
欣葉のコストパフォーマンスが今ひとつというのがちょっと気になりますが、
おそらく場所代分がかなり乗っかってるのかな?
で、とどめの夜市は拍手モノ。一連の食いにトドメを刺す形ですな。
ちなみに米粉は新竹の名物です。

なにはともあれお疲れ様でした。
Commented by zappa_gong at 2010-08-05 01:27
良い旅だったようですね。お疲れ様でした。
読んでいるこちらまで旅人気分にさせてもらいました。
しかし実際これまで自分のしてきた旅を振り返ってみると
HIDEさんのように楽しめてないな~なんて今思ってます。
受け身過ぎて、「せっかくだから」スイッチ入れ忘れてたような感じですかね。
夏休みでこれから短い旅行に行く予定なんですが
少し違った意識で旅ができそうな気がしてきました。
Commented by alfa_driver1972 at 2010-08-05 17:24
>unionspecialさん
ありがとうございます。
ウチも大して大事にはしてないらしいのですが...(笑)
イベントごとは二人とも好きなので、カミサンの誕生日はけっこう海外比率が高いです。
イベントのいいきっかけですね。

12周年ということは、ホントウチといっしょですね。
がんばってください(笑)。

それよりNEX-5! おめでとうございます。
お気軽な良いカメラだと思うので、楽しんでくださいね。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2010-08-05 17:27
>Janoさん
もう2ヶ月かあ、すっかり鮮度が落ちてしまいましたな(笑)。
どうにも今回はなかなか写真も文章もまとまらなくて大変でした。

最終日の夜はそんな感じで、結局食いしん坊の旅で終了です(笑)。
欣葉はけっして悪くはなかったのですが、あの値段出せば日本でもボチボチ良い食事できますからねぇ。
台湾物価で比較すると... ってところです。
しかしあのシチュエーションは唯一無二ですからね、その価値はあります。

今度のお土産は米粉でお願いします(笑)。
いろいろありがとうございました。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2010-08-05 17:31
>zappa_gongさん
そう言っていただけるととってもウレシイです。
長々とした記事にお付き合いいただき、ありがとうございました。

旅の楽しみも人それぞれですよね。
逆にウチなんかはリゾートにいっても「ノンビリ」ってのができなくて。
「せっかくだから」スイッチはいわば貧乏性なんだと思います(笑)。

いい夏休みの旅になるといいですね。

HIDE
Commented by プリンPaPa at 2010-08-05 21:30 x
まずは諦めずに3日目をUPしたことに拍手w

最終日はさらにすごい雨だったんだ、やっぱり(爆)
しかし最後までよく食べましたねー。
Cafeは行ってみたかったな~。
またよろしゅうお願いします!
Commented by alfa_driver1972 at 2010-08-06 12:31
>プリンPaPaさん
そのやっぱりはなんですか?(笑)
最終日は昼から雨がきつくて、とてもお散歩どころじゃありませんでしたよ。
次はお天気いい時に行きたいねぇ、秋から冬かなあ。

また旅しましょうね。

HIDE


<< ファントム無頼      台湾吉日 弐日目 >>