2011年 01月 10日
パースペクティブ(遠近感)における焦点距離と撮影距離の関係
新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします

って、もう2011年も10日が過ぎてしまいましたね... 遅いご挨拶でスイマセン。
今年も写真にクルマに飛行機に(そしてできれば自転車に)と、変わらぬネタでお送りしていきます。
もちろん食もお出かけもね... 今年も海外に行けるといいなあ。



さて、新年一発目のfoto+ingはちょっとアカデミックな記事からスタートです。
いや、そんな大したモノではないのですが。

ときは昨年末、いつもの写真の話「も」する仲間との呑みの席でのこと。
最近、飛行機撮影熱が盛り上がってることから、話題はついつい望遠寄りに。

ちょっと写真を学んだ方なら、以下の法則をご存知だと思います。

 広角レンズ=遠近感(パースペクティブ)が強調される
 望遠レンズ=遠近感がなくなる(圧縮効果が強まる)

迫力のある(圧縮効果の高い)写真を撮るには焦点距離が長ければ長いほど有利、経験上からもたしかにその通りです。
では、例えば焦点距離300mmのレンズで撮った写真と、同じ場所から200mmで撮って同じサイズになるように
クロップ(トリミング)した写真ではどうでしょう?
言い方を変えると、35mmフルサイズ+300mmで撮った写真と、APS-C(1.5倍)+200mmで撮った写真では?
遠近感、圧縮効果に違いは出るでしょうか?

ここで酔いの回ったオッサンたちの意見が二つに割れます。

 ・絶対望遠主義派の主張
   遠近感はレンズの焦点距離で決まるから、クロップやAPS-Cでも遠近感は元の焦点距離のママだ

 ・新クロップ推進派の主張
   遠近感は画角にのみ依存するのであって、ボケ、解像度は別として遠近感は同じになるはず

このままでは殴り合いのケンカに発展しかねない勢い(ウソです)。
しからば実際にやってみましょう、ということでMiTo号をモデルに実験してきました。
方法は簡単、K-7を三脚に据えてDA55-300のズームリングをグリッと回すだけ。
c0053091_20371057.jpg
c0053091_2391918.jpg

c0053091_20365070.jpg
c0053091_20365083.jpg
同じ場所から300/200/100/55mmで撮った4枚。
シャッタースピード、絞りはすべて同一です。
これを300mmで撮った写真を基準にトリミングした結果がこちら。
c0053091_163661.jpg
c0053091_16368.jpg
c0053091_163851.jpg
c0053091_163591.jpg
上から300/200/100/55mm。
解像度、ボケ量には変化がありますが、遠近感はまったく同じです。
どうやら新クロップ推進派の主張が正しいようです。

このことから以下の結論が導けます。

 遠近感は焦点距離ではなく被写体との「撮影距離」に依存する

じゃあ長いレンズなんかイラナイじゃん、全部クロップでいけるじゃん、とならないのは上の写真を見てもお分かりのとおり、
解像度とボケ量が異なります(ただDA55-300の場合は200mmの解像度がベストのようには見えますね)。
APS-Cとフルサイズについても同様、同じレンズを使うとAPS-Cでは約1段分ボケ量が減ってしまいます。
c0053091_21223416.jpg
こちらの写真はDA200の開放、F2.8。
フルサイズ換算だと300mm/F4.0で撮ったものと同じ遠近感、ボケ量なはずです。
例えばフルサイズ+85mm/F1.4と同じボケ量をAPS-Cで得ようとすると、57mm/F0.9なんてスペックが必要となります。
ここにフルサイズと明るいレンズの存在価値があるのかなと。

焦点距離で遠近感が異なるという誤解は、↓のようなよくカタログに載ってる作例が原因でしょうね。
c0053091_1582481.jpg
c0053091_1582590.jpg
c0053091_1582571.jpg
c0053091_1582657.jpg
c0053091_1582662.jpg
実際やってみるとわかりますが、焦点距離が長くなるにつれて撮影位置がどんどん後ろに下がっていきます。
それで遠近感が変わるのですね。

教訓
 遠近感強調するには近寄るべし。圧縮効果出したければ離れるべし。するとレンズは自ずと決まる。

そんな感じで、今年もよろしくお願いいたします。

by alfa_driver1972 | 2011-01-10 22:21 | PENTAX K-7 | Comments(14)
Commented by nal at 2011-01-11 11:07 x
あけましておめでとうございます。
まさか「D7000のすべて」とか「初心者一眼かんたんマニュアル」みたいなムック本に載っている写真をMitoで見せて頂けるとは思ってませんでした。ありがとうございます!(笑)
前ボケに関しては55mmでも300mmでもそんなに変わらないってことに気付いて新鮮な感動でしたっ。

Commented by alfa_driver1972 at 2011-01-12 00:32
>nalさん
あけましておめでとうございます!
今年こそ(?)どこかでお会いできるといいですね。
500アバルトとMiToの2ショット、よさそうじゃないですか?(笑)

いかにも「作例」って感じで悪くないでしょ(笑)。
僕自身トリミング(クロップ)することがよくあるのですが、常々疑問だったことがすっきりしました。
前ボケは後ボケに比べると大きいですからねえ。
意外と差が出にくいのかもしれませんね。

HIDE
Commented by whitewild at 2011-01-12 01:15
殴ってすみませんでした。
傷の方はその後いかがでしょうか・・・

「遠近感は画角にのみ依存するのであって、ボケ!」って怒られたのかと思いました・・・

いやはや、説得力のある内容でした。
焦点距離はともかくセンサーサイズが変わるとどうなるんだ?
35mm換算とか言うけど、焦点距離だけ換算してどうすんだ?的なところが曖昧なまま
APS-C機ばっかりボケーッと使ってしまっていたので、実は正確なところを理解したのは今回が初めてですw

パースは撮影距離だけ気にしとけ、ただし歪曲や前後ボケは別の話よ、解像度は更に別の話よ、ってことですね。

・・・ね?w

しかし、こうなると「耐クロップ性=絶対的な解像度」というのも考えたくなってきますね。
「届かない被写体もクロップでモノになる、だってまだまだ1200万画素も生きてるもん!」みたいなことに・・・
だからどっかのニッパチズームみたいに、単玉並の解像度が得られるバケモノレンズが必須なんだ、なんてことに・・・

なりませんかね。なりませんね。はい。

しかしDA★200mmのヌケの良いことよ。
Commented by alfa_driver1972 at 2011-01-12 10:44
>whitewildさん
だから顔だけはやめてって言ったのに(笑)。

昔は「一眼レフ」といえばワンサイズしかなかったから話はもっと単純だったんですけどね。
焦点距離はどんなフォーマットでも一定だけど、画角はセンサーサイズによって異なるって
あたりが話をややこしくしてる気がします。

> パースは撮影距離だけ気にしとけ

そうそう、その通りです。
今回の遠近感というのはあくまでもパースの話。
だけど写真を見たときに感じる遠近感って、パースだけからもたらされるんじゃないんですよね。
広角レンズ特有の歪みや、ボケの量(あおりレンズのミニチュア化とかね)からも感覚として
遠近感を捉えてたりして、一筋縄では行かないです。
逆に言うと広角レンズの歪みがパースの話の誤解を招きやすい部分かなあと。

「記録」という点では高解像度は絶対的に善ですね。
画素数的にもレンズ的にも。
ゆくゆくは(特に報道系なんか)動画を回しておいてシャッターチャンスはあとからセレクト、なんてことに
なりませんかね、なりませんね(笑)。

ま、こっちは趣味なんで、自分の納得いく方法で頑張りましょう。
DA200持ちとしてはクロップありです(笑)。

HIDE
Commented by zappa_gong at 2011-01-12 10:59
勉強になります!
書かれているような事普段考えもしない自分が恥ずかしい^^;
ま、今年も感覚的アプローチにみがきを掛けたいですw

今年もよろしくお願いします。
Commented by alfa_driver1972 at 2011-01-12 11:16
>zappa_gongさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

写真はある程度理屈で理解できる部分もあるので、自称理数系(笑)の自分としては筋道立てて
理解しとかないと納得いかないところもあって。
ただ写真においては「知識は荷物にならない」というのがあてはまらないこともあるんですよね。
感覚的アプローチ、大いにアリだと思います。
てか、真似したい(笑)。

HIDE
Commented by Jano at 2011-01-12 22:50 x
はじめ何を言いたいがための日記なのかよくわかんなかったんだけど、そんな殴り合いが呑みの場で起こってたんですなw

そもそも銀塩の時代でも、どんなフィルムサイズであれ、どんな見かけ上の焦点距離のレンズ、それもズームか単焦点かにかかわらず、撮影距離が一緒であれば基本同じ絵が撮れてたはずです。
少なくとも収差の小さいレンズ中心近くを使っていれば。
今はクロップなんていってますが、要はトリミングですしね。

にしても、こんな極端なトリミングでも使える絵が得られちゃうってのは、いまどきの機材ってすごいな、と、改めて思いますねぇ、こういう見せられ方すると。
いっそ645Dとか逝っちゃいますかw D3Xなんかよりレンズ性能に対してはやさしいみたいだしw
Commented by alfa_driver1972 at 2011-01-13 01:39
>Janoさん
要は負けず嫌い日記です(笑)。

撮影距離が一緒であれば基本同じ絵というのは、特定の被写体に対するパースついて、ってことですよね。
そういう意味では今のフルサイズ、APS-C、4/3も同じ関係ですな。
ただ銀塩の時代は35mm、中判、大判は明確なカメラの違いがあったのに、今は見た目あんまり
変わんないというのが問題かも(笑)。

JanoさんにはD3Xでぜひ実証して欲しい(笑)。
もっと極端にトリミングできそうですね。

HIDE
Commented by blue at 2013-03-17 18:58 x
頭悪すぎ
Commented by alfa_driver1972 at 2013-03-17 21:17
>blueさん
何か間違ってる点があればご指摘いただけるとありがたいです。

HIDE
Commented by 通りすがりの者です at 2013-04-11 09:43 x
これこれ、これが知りたかったんです!
もう2時間近くうろついてました。
完全に理解できました。
有難うございます!
Commented by alfa_driver1972 at 2013-04-11 13:48
>通りすがりさん
お役に立てば幸いです。
間違ってないといいのですが。

HIDE
Commented by 通りすがり1号 at 2015-07-24 13:07 x
「アカデミック」といいつつも、問いの設問設定がきちんとされていないですよね。
したがって、得られる答えも不明確になるわけです。

前者はレンズの画角そのままで、つまりトリミングをしないという前提で立脚したものであり、後者はトリミングを前提としたもの。
これじゃ、それぞれの立ち位置で正解となってしまう。
つまり、どっちつかずの答えしか出てきません。
Commented by alfa_driver1972 at 2015-07-24 14:30
ご指摘ありがとうございました。
4年前の記事が未だ読まれていることに驚きました。


<< Chimney      Looking Back at... >>