2011年 12月 30日
Merry Christmas 2011
c0053091_1545842.jpg
いきなりドカーンな写真ですが、3連休だった今年のクリスマスは「丸鶏」に初挑戦。

肝心のお味の感想の前に、毎年恒例今年のテーブルセッティングはといいますと。
c0053091_1552926.jpg
うむ、とってもシンプル。
良くも悪くも鶏に全精力をつぎ込んでしまい、若干その他へ手が回っていません。

とはいえカミサンの作る料理は今年も抜かりなく。
c0053091_1545751.jpg
スモークサーモンとトマトマリネの前菜。
c0053091_154589.jpg
彼女の十八番、鉄板のカボチャスープ、はずれなし。

そしてメインの準備も同時並行で。
c0053091_2085338.jpg
ハーブとにんにく、塩コショウで下味をつけて、お腹にはお米を詰めて、野菜も準備OK。
オーブンで焼くこと1時間... いやまだ茶色くならないな... 結局1時間半以上。
いいニオイがしてきました、さあいただきましょう。

バラすとこんな感じ。
c0053091_1545928.jpg
で、肝心のお味なのですが... これがですね、いまひとつ。
まず全体的にパサパサ。
おそらく焼き時間が長すぎて油分、水分が抜けすぎてしまった模様。
そして味がピンぼけ、要は薄すぎ。
しっかり塩コショウはしたつもりだったのですが、これくらいのボリュームだともっとしっかりした下味がいりますね。
もしくはソースを別に用意するか。
c0053091_042546.jpg
最後はいつものケーキでお口直し。
この頃にはシャンパンでいい気分、イブが終わってクリスマスの夜。

鶏の丸焼きはなかなかの難敵でありました。
来年はいつもの名古屋コーチンに逆戻りかな。
やはり「定番」は強いなと感じた2011年のクリスマスでありました。

by alfa_driver1972 | 2011-12-30 23:00 | 一食入魂 | Comments(0)


<< Looking Back at...      TMS 2011 >>