2006年 05月 02日
新緑のヤビツ峠
自転車をスポーツとして見た場合、その魅力の一つは走りきったあとの「達成感」でしょう。
ましてその道のりが長かったり、きつい上り続きだったりするとフィニッシュあとの喜びもひとしお。
事実、イタリア語で「遠出をする」という意味の「グランフォンド」や、ただ登るだけの「ヒルクライム」
レースの人気が近年高まってきていると聞きます。

ロードバイクに乗り始めたちょうど1年前には、ぜんぜん想像のつかない世界でした。
ほどほどに走って楽しめればいいじゃ~ん、上り坂なんて無いにこしたことないッス、てな心持ち。
もともと運動嫌いの楽チン主義でしたからね。
それが好き好んでレースに出るようになり、練習と称して「峠道」に遠征に行くようになるんですから、
人間どう変わるかワカランもんです...

こんがり日焼けしそうな日差しがまぶしい、まるで初夏のような日曜日。
丹沢のふもとにある「ヤビツ峠」を登ってきました。
宮ヶ瀬湖の駐車場でチャリ仲間2人と合流、ここから海抜約760mの頂上まで約20kmの道のりです。
実はこれがはじめての本格的な峠道体験、はたして無事登れるんだろうか... ちょっと不安をかかえ
ながら、いざスタートです。
c0053091_234945.jpg
最初の数kmは比較的ゆるやかなアップダウンが続きます... って聞いてたんですがすでにアップアップ
なんッスけど。
なぜか一人でゼーハーしちゃってます。
道はますます細くなり、舗装もちょっと荒れてきて、いかにも「山道」な風情が強まってきます。
ガードレールの下からは谷を流れる川のせせらぎ... 聞いてる余裕はまったくありません。
c0053091_2311392.jpg
スタートから15km、とっくに先に行ってしまった2人が止まっています。
ここでちょっと休憩。
秘密兵器を持ち込んでいる(ビックリしたよ)ヤビツ3度目の友人いわく、ここからが「本格的」な登り
とのこと。
ふ~と大きく一息、覚悟を決めて登るとしましょう...

早くも売り切れ気味の足、ギアは当然ずっとインナーロー。
これ以上軽いギアはないんだぞという余裕の無さが恨めしい。
キツイ傾斜ではすでにまっすぐ走る余裕はなく、箱根登山鉄道ばりのジグザグ走行。
クリートで固定された足のせいで、漕いでいても立ちゴケしそうになります。
もうこうなってくると精神論、ガマン比べ。
足をついてたまるか、なんとか登りきってやると歯をくいしばり... 結局1回足ついちゃいました。
汗をかきかき、心臓バクバクで休憩地点から登ること6km少々、気がつくと坂の向こうに2人が見えて
きました。
バスのロータリーと公衆トイレ、どうやらここが「ヤビツ峠」らしい... あっけなくゴール。
その場にヘナヘナと座り込みます、あ~しんどかった。
c0053091_23265460.jpg
この写真はその峠からの帰り道、少し下った茶屋の前にて。
コーヒーと湧水(タンクを持った水汲みの方がたくさん訪れてました)で一服します。
気がつくと気温はぐっと下がっていて、あたたかいコーヒーが身にしみます。

行きが登りということは帰りは当然下り坂。
道が狭くブラインドも多いのでそんなには飛ばせませんが、ま、楽チンであります。
ちょっと本気で攻めてみると、学生時分のバイクの思い出がよみがえってきました。
コーナー手前でブレーキングして、内側の股を少し開いて倒しこむ... お、決まった。
左コーナーで少しはらんで、車にぶつかりかけたのは内緒です(いやぁ冷えました)。
c0053091_23323470.jpg
やっとまわりの風景に目をやる余裕もでてきました。
のどかなウグイスの鳴き声、オレンジ色のサングラス越しにますますまぶしい新緑。
スポーツの自転車から、お散歩の自転車へ。
リアホイールから聞こえる「チキチキチキ」以外はすべて自然の音ばかり。
やっぱ自転車っていいなぁ、気持ちいいなぁ。
「喉もと過ぎれば」っていうのはまさにこのことをいうんでしょうね。
c0053091_2337336.jpg
c0053091_23371235.jpg
SONY DSC-F77

約3時間、往復42kmの初峠体験でした。
いろんな意味でこの時期に登っておいて正解でした。
自分のあまりにもひどい登りヘタレ具合、そのヘタレには今のギア比がキツイことがよくわかりました。
実はこの6月、これまた初のヒルクライムレースに挑戦予定なんです。
(その前には筑波サーキットの耐久2本、無謀じゃないのか、大丈夫か? と自問自答)
あと1ヶ月と少々、体力増強には限界があるのでまずは機材投資へ逃げを打ってみようかと。
秘密兵器をもってきた友人のせいで物欲に火がついちゃいました、と人のせいにしたところで...

帰り道、しっかり自転車屋に寄って「武器」を手に入れたのでした... チャンチャン。

by alfa_driver1972 | 2006-05-02 00:32 | Bicycle | Comments(16)
Commented by ささぼう at 2006-05-02 00:47 x
おぉ〜やってますね!
エ・ラ・イ。
いよいよですね、レース。

応援へは行けそうにありませんが、楽しく
そしてパワフルに頑張ってください。

新緑の丹沢も魅力的ですね。
Commented by HIDE at 2006-05-02 01:10 x
>ささぼうさん
いやあ、もうやらないとヤバイヤバイ(笑)。
体なまりまくりです。
いよいよ明後日3日、本番第一弾です。
楽しんできますよ〜。
Commented by hotwheels875 at 2006-05-02 01:15
わあ。いいですね。
走っている時は苦しくても登りきったときの達成感は気持ちいいですね。
不思議と又走りに行きたくなっちゃうんですよねえ。

僕もきついのぼりだと直ぐ...インナーローに到達してしまいます。。
スプロケット欲しいです。。
あとは軽いホイルも。。体力無い分機材に助けて貰おうかと思ってます。。
Commented by HIDE at 2006-05-02 01:35 x
>hotwheelsさん
特に走りはじめとか「やめときゃよかった」と思うんですが、いざゴールしちゃうと
そんなことすっかり忘れてるんですよねぇ。
今もすでにヤビツリベンジしたい気持ちでいっぱいです(笑)。

平坦路ばっかだとギア比の不満はなかったのですが、今回はさすがにこたえました。
というわけで前側の小さいドライブを買っちゃいました...
Commented by alaska-v50 at 2006-05-02 06:50
おおお!ヤビツ峠とははま凄くハードですね!(驚)
私なら・・茶屋が100m間隔であってくれないと・・(爆)

4枚目の写真は、おそらく右奥に休暇村があるポイントですね?
その奥の管理釣り場は足繁く・・とまでは行ってませんがちょくちょく行きますし、あの辺のワインディングと下り道は爽快でしょうね!

車で言っても爽快なのに、自転車でなんて素敵過ぎます。
凄いなぁ・・・・正直、滅茶苦茶自信無いです・・・汗
Commented by HIDE at 2006-05-02 12:13 x
>FOXさん
FOXさんは「釣人」でしたか!
あのあたりは釣りやキャンプや、アウトドアな方々にはなじみが深いんでしょうね。
あと一部「峠族」な方々もかな(笑)。

登りは激ツラかったですが下りは鼻唄交じりでステキでしたよ。
季節も自転車散歩にちょうどいい感じで。
FOXさんもどうです? 釣竿かついで自転車なんて(笑)。
Commented by whitewild at 2006-05-02 13:30
これ、今年絶対デビューしたいジャンルNo.1なんです。

徹底的に運動不足でオヤジ化が進んでるんですけど(爆)、
さりとてスポーツクラブでわんつーわんつーというのも ... うーん。

自転車ならモノ自体で沼にハマれそうですし、
それに引っ張られて走って、体まで健康になって、なんて ... w

街乗り用のクロスもありますが、これはこれで。ロードバイク欲しい♪
Commented by HIDE at 2006-05-02 21:49 x
>whitewildさん
ポタリング行きましょう! ぜひぜひ。
今回のヤビツなんかだとロードのメリットはほとんどないです。
路面悪いし、そもそも登りはスピードでませんし。
逆にwhitewildさんがお持ちのクロスタイプの方が、ギア比的にかなり有利かと。
夏、当然暑いですけど汗かけて爽快ですよ〜。
その後清水をゴクゴクと... あ〜たまらん。

自転車、確かにモノ自体にもどっぷりはまれます。
パーツも星の数、ブランドも星の数。
whitewildさんが本格的にハマると、それはそれはすごいことになりそうです(笑)。

真剣にプランニングしましょうね〜!
Commented by T5vagabond at 2006-05-03 07:16
ふ~すけです、こんにちわ。
MTBですが、学生時代にレースに出たことがあります。
でも何故かロードレース。そこそこ自信あったのですが・・・
結果は下向いて帰った記憶が。
上り坂に嵌ってました。。下りで勢いよく走るより、上りで
追い越す優越感が好きでした。
今は多分、マンションから担いで降りるだけで足がツリソウデス。。
レース頑張ってくださいね。。ヤビツ、今度車で行って見ます。。
Commented by Bordeaux at 2006-05-03 14:14 x
HIDEさん、こんにちは。
ふがいなかったMTBヒルクライムレースを思い出しました....

あーワタシもヤバイな~と思いつつも、朝になるとクルマのキーを
手に取ってしまい、乗れずじまい(笑)
ワタシの場合、まずは通勤から復活しないと。
季節も良くなってきましたのでそろそろもがかないと!です。

ひょっとして秘密兵器とは、コン○○○ドライブですか?
Commented by 風のやーくん彡 at 2006-05-04 20:28 x
HIDEさん走ってますね~。
私は2月に捻挫して、まだ直りません。
昔クラブが厚木にあったんですが、ヤビツはよく行ってました。
海側に下ると、平塚?の景色が最高ですよね。
昔、海側への下りで、クルマがジャマで高速で追い越したら、
対向車がきて、逃げ場がなくイン側の壁に激突しました。
土壁だったので、クッションかわりで命は助かりました。
代わりに自転車のフロントがひん曲がり、散々でした。
アウト側だったら谷底でした(爆
気をつけてくださいね~(笑
6月は富士ヒルクラ?
Commented by HIDE at 2006-05-05 16:22 x
>ふ~すけさん
こんにちは。
ふ~すけさんもチャリダー(死語?)だったんですか!
MTBでロードレースだとちょっときつかったでしょ~ね~。
けどMTBで鍛えてる方がロードに乗るときっと速いですよ。
今からぜひ、一台どうです?

上り好きなんですね、ちょっと尊敬してしまいます。
もしかしてM?(笑)
Commented by HIDE at 2006-05-05 16:25 x
>Bordeauxさん
今は絶好のチャリ陽気ですよ~、きっと気持ちいいです。
ぜひぜひ乗ってあげてください。
そしていつかぜひご一緒しましょう!

秘密兵器、そのとおりです。
もう目からウロコの楽チンさです。
上り坂だと必須アイテムですね... ってちょっと軟弱?(笑)
Commented by HIDE at 2006-05-05 16:28 x
>やーくん
あらら、捻挫ですか、大丈夫ですか?
早く直して復活されてくださいね。
これからはレースも目白押しですし。

今回のヤビツは裏ルートから上ってまた同じ裏側に降りました。
表ルートは景色がいいみたいですね。
次回はそっちも挑戦してみたいです。

しかしあそこで追い越しは危ないですよ~、怪我がたいしたこと無くてよかったですね。
道が狭いから逃げ場がないですもんね、気をつけましょう。

6月はそう、富士ヒルクライム初挑戦です。
はたして完走できるかどうか... 内心ちょっと不安です(笑)。
Commented by たくぇ at 2006-05-08 19:17 x
やびつ・・・
容赦なくおいてけぼりにされた記憶。
それをいいことにひとりでまったりいっぷくしてた記憶。


てかまんなかのちゃりびみょうにいろがかわっ
Commented by HIDE at 2006-05-09 00:10 x
>たけさん
僕もすっかりおいてけぼりにされましたよ。
さすがに一服まではしませんでしたけど(笑)。

真ん中のチャリ、シマノからカンパに宗旨替えしたも
...詳細は本人へ(笑)


<< 春の8時間耐久レース      paka paka >>