2006年 10月 04日
Road to Hawaii ~Flying!
寝る前に貼った湿布(ABCストアで売ってました)のおかげか、100マイル走った翌日は筋肉痛も最小限。
思いのほか体が動きます。
今日は朝からイイお天気、よ~し遊ぶぞ~!

またまたABCストアで買い込んだシュノーケルセットとゴザ、飲み物にフルーツを持ってホテル目の前のビーチへ。
c0053091_22254848.jpg
カミサンは木陰でウトウト...
僕はアグレッシブに(?)ボディーボードなんぞをレンタルして立ち向かう波に挑戦... 惨敗しました。
(ボディーボードってけっこう難しいですね)

お昼過ぎに部屋に戻って、次はナニするかなぁ。
せっかくだからハワイでしかできないことを... ねえねえやっぱコレ乗りたんだけど、ダメ?
ガイドブックのあるページを指差しながらカミサンを説得開始...

...しばし格闘...

今回はツイてないんだからと大反対されましたが、無理くり押し切り勝ち。
だって日本じゃぜったい乗れないもん。

で、その乗り物とは...
c0053091_1332064.jpg
セスナ(正確にはPiper機)です。
え? これくらいだったら日本でも乗れるだろって?
いやいや、違うんですよ... 座る席が。
c0053091_1371731.jpg
コックピットの「レフトシート」、なんと機長用の座席に座るのです。

そう、ここ「ワシン・エア」ではセスナの体験操縦をさせてもらえるんです。
普通「体験操縦」というと、教官が離陸させた飛行機で上空でちょっとだけ操縦代わって... と思うでしょ?
ここでは違うんです。
エンジンスタートからタキシング(地上滑走)、離陸、飛行、そしてなんと着陸まで、全部をやらせて
もらえるのです。
もちろん横にはベテラン教官が座って、操縦の指示、管制とのやりとりなどはやってくれるのですが、
アシストは必要最低限。
実際体験してわかりましたが、よほど危なくない限りホントに手出しをせずただ見守っていてくれます。
(ただ足元のラダーペダル操作は教官がやってくれていたようです)

約15分程度の簡単な地上レクチャーを受けたあと、教官の愛情たっぷりのユーモアにビビらされて半泣き
状態のカミサンがリアシートへ、教官がコパイ用のライトシート、そして僕は機長用のレフトシートへ
乗り込みます。
ヘッドセットをつけると教官とカミサンの声、そして管制塔との無線のやり取りが聞こえてきます。
(早口の英語でナニ言ってるのかさっぱりワカラン)
車のものと同じようなキーを挿し、右へひねると... ブルッ、ブル~ンとエンジン始動、目の前のプロペラが
回り始めます。
スロットルレバーを上げてタキシングスタート。

そうそう、ここは「ホノルル国際空港」、僕たちが降りたのと同じでっかい滑走路に小さいセスナで進入します。
教官が管制塔に離陸許可を取って... "Ok!" のサイン、ついに離陸です。

スロットルレバーを目一杯押し込んでエンジン全開、高鳴るプロペラの音、目線はスピードメーターに。
針が60ノット(約108km/h)を指したところで操縦桿をグッと手前に引きます。
機首が上がって、ちょっとだけフワッとしたと思うと... お~、もう飛んでる~、すげ~!

動画1 Take Off!

この日は大気が安定していたため、エンジンの音はうるさいもののほとんど振動は感じません。
操縦桿を通じて、翼が空気を切る感触が伝わってきます。
高度1500フィート(約450m)、100ノット(約180km/h)の速度で、ワイキキに向かってのびるH1フリーウエイ
に沿って、ダイアモンドヘッドを目指します。
c0053091_13455080.jpg
(当然ですがカミサン撮影)

一度洋上に出た後、雲をかすめるように左旋回。
c0053091_13473832.jpg
イイ感じで操縦してますね~(自画自賛)。
この頃にはすこしだけ感覚がつかめてきて、ちょっとだけ余裕も出てきてます。
水平飛行中はあっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
昨日はここを自転車で走っていたんだね~と思うと、なかなか感慨深いモノがあります。

動画2 ハナウマ湾上空

ハナウマ湾からパールハーバー上空を回ると、30分の飛行時間もそろそろ終盤。
いよいよ最大の難関「着陸」に挑みます。
スロットルを1/3くらいまで戻して高度を下げていき、滑走路を見ながらグーっと左旋回。
c0053091_22191359.jpg
すると "4L" 、滑走路エンドの白いペイントが真正面に見えてきて、最終の進入開始。
アイドルまでエンジンを絞ると、感覚的にはそうとうゆっくりと地上が近づいてきます。

動画3 Touch Down!

エンドを越えてもう地面までまもなく... 指示に従って操縦桿を引いて... 「ドンッ」。
ふ~、無事着陸です。
このときばかりはさすがに教官もすこし手出しをしてくれたようです。
でないと、きっと横向きに着陸してたと思います、難しかった...

最初はイヤがっていたカミサンも、途中からは遊覧飛行を楽しめたようです。
基本的にノリモノ好きですからね。
上空から見るコーラルブルーもステキだったでしょ?

じつは僕の子どもの頃の夢は「パイロット」。
自衛隊のイベントなどでシミュレーターに乗ったことはありましたが、リアルな「フライト」はもちろん
はじめての経験。
いい思い出になりました。

by alfa_driver1972 | 2006-10-04 22:30 | foto+diary | Comments(16)
Commented by ささぼう at 2006-10-04 22:41 x
いやー参った!
いくら飛行機好きとはいえ、そこまでトライするとは・・・
ハワイを、いやバケーションを満喫とは、このことですね。
始めての経験もこれはすごいですね。
今度いろいろお話聞かせてくださいね。
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-04 23:37
>ささぼうさん
いやはや、かなり反対されましたが(笑)。
飛んでしまえばこっちのもんです、アハハ。

飛行機好きには大・大・大推薦ですよコレ。
オーストラリアで乗った熱気球につづく、楽しい「空」イベントでした。

HIDE
Commented by プリンPaPa at 2006-10-05 00:59 x
なんだ疲労でゆる~く観光してると思ったら超アクティブじゃん(笑)
しかも操縦桿握ってるとは・・・
ケニー・ロギンスのデンジャー・ゾーンが頭の中をぐるぐる回ってなかった?
操縦してる後姿もキマッテますよ!
いつぞや野辺山での某シュミレーターで練習したおかげですね(超爆)
UFO出てこなかった?
Commented by michi at 2006-10-05 04:57 x
貴重な体験したんだねぇ
動画見てると最初と着陸は緊張してるみたいだけど
飛行中はかなり余裕な感じですね
奥さんの声聞いてるとすごく楽しそう(笑)

お二人とも羨ましいほど遊び上手ですね
Commented by ぶっちい at 2006-10-05 05:57 x
凄っ!(驚)
今度、僕を乗せて何処かに連れて行ってください(笑)

さすがアメリカ。
でも費用が気になります・・・高そっ

忘れられない経験が出来て良かったですね。
Commented by alaska-v50 at 2006-10-05 11:27
セスナの操縦、凄いですね!

でも、奥様の「ユーモアにビビらされて半泣き状態」・・・何を言われたかおよそ想像できますが(笑)、きっと私も半泣きするでしょうね。(爆

乗員1名+ドラム缶+パイロット2名で観光とは縁の無い果て地まで仕事でも行くんですが、乗ってるだけでも怖いのに・・本当に凄いぞHIDEさん、アメリカ!!

確かに、これは日本では出来ない、大変貴重な経験ですよ。
Commented by whitewild at 2006-10-05 11:33
すげー!

たまに国内出張で乗る飛行機もドキドキなワタシには無理ですw
どうしてあんなに大きい物が空を飛ぶんでしょう。いやホント。

いや観覧車だって怖いのに ... w

しかし、チャンスを逃さない行動力はさすがですね。
これがそのまま「諸々実現力&成功力」につながるんでしょうね、きっと(^^)

次にお会いするときはICレコーダー持って行かなきゃ。にゃははは♪
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-05 19:22
>プリンPaPaさん
せっかく来たんだもん、遊ばないとと、貧乏根性丸出し(笑)。
ど~も2人ともボーっとできない性分みたいで... ハワイ向きじゃないなぁ。

ノンビリした飛行機だったのでデンジャーゾーンよりはアロハ・オエ~って感じでした。
野辺山での某シュミレーター... 今思い出して大爆笑。
間違いなくなんの役にも立ちませんでした(笑)。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-05 19:25
>ミチロウさん
貴重な体験でしたよ~。
じつは出発前から虎視眈々と狙っていたんですけどね(笑)。

最初と着陸はかなり緊張しました。
水平飛行中もちょっと油断するとあっちうろうろ、こっちうろうろで、さすがに空からの
景色満喫とはいきませんでしたね。

カミサンは最初悲鳴でしたが(笑)、後半は楽しんでくれたようです。
ヨカッタ。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-05 19:28
>ぶっちいさん
ドコにでもお連れしますよ~、命の保証は...(笑)
費用は2人で17インチのタイヤ1本分くらい、安くはないですが体験の珍しさから
いえばリーズナブルかなぁと思いましたよ~。
いい経験させていただきました。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-05 19:31
>FOXさん
「落ちても大丈夫、海広いからね。けどサメには気をつけて」とかいわれてました(笑)。
とてもユーモアたっぷりの教官さんでたのしいフライトでした。

でで、FOXさんっていったい何者?
果ての地まで行ってナニをされているんでしょう... 闇取引?(笑)
今度じっくり聞かせてくださいね。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-05 19:35
>whitewildさん
仕組みのややこしさという点では、2つのタイヤで走る自転車とあんま変わんない...
そんなことはないか(笑)。
不思議と恐怖感はぜんぜんなかったですねぇ、少なくとも僕は。
カミサンはどう思っていたのかは...(笑)

行動力というか、人によってはムチャすんなっていうのもあるのかもしれませんね。
まあけどやったもん勝ちの精神で、これからもお互い、ね!
怪我しない程度に(笑)、楽しんでいきましょう。

HIDE
Commented by ボルドー at 2006-10-06 10:04 x
あーっ、良いですね~
飛行機って、最初凄くビビッてたんですけど、今では♪
教官のリップサービス(?)、やっぱりアメリカですよね(笑)

次回ハワイ行く時は、必ず乗ろっと!勿論カミさん説得してですが(爆)
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-06 12:05
>ボルドーさん
これはなかなかオススメですよ。
夢はパイロットだった男の子はきっと多かったと思われ...(笑)
教官は日本人の方だったんですが、しっかりアメリカンジョーク飛ばしてました。

あまり怖がらないお子さんとかだったら大喜びでしょうね。
眺めも最高なのでぜひ説得されてくださいまし!

HIDE
Commented by v70cassiopeia at 2006-10-07 01:31
おひさし節です~  すっかりナントカ沼の住人になっちゃいました。
本当に久しぶりに巡回してますう。

Hawaiiの青い空でセスナの操縦桿握られたんですね!
いいなあ。

かちょは大学4年の時、某エアラインのパイロットの選考で
航空身体検査も全部通過して、最後の最後、桶川の本田航空での
合宿(操縦試験)で、選考から外されました。

もうすっかりなる気でいたんだよな~ 
そしてその後意図しない人生を歩むわけですが、良かったんだか。
いや、良かったのだ♪
Commented by alfa_driver1972 at 2006-10-07 01:52
>カシオペアさん
プチゴブサタしております、お元気ですか?
相変わらずお忙しいご様子...

で、なんですと! 自社養成の最終選考まで行かれたんですね。
すごいなぁ... けど惜しかったですねぇ。
またこのお話はぜひくわしく聞かせてくださいね。

けどそれを経て今のお姿があるわけですもんね。
「経験に無駄なことナシ」、きっと間違いないです!

HIDE


<< Road to Hawaii ...      センチュリーライドの様子がテレ... >>