2008年 08月 07日
2度あることは... 富士山登山記2008 - 1
「思い出は美化される」
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」

人は愚かな生き物なのか、学習能力というものはないのか。
去年あれだけ苦しい思いをしたというのに、まさかまたチャレンジすることになろうとは...

「富士山に 登らない馬鹿 二度登る馬鹿」

やっと普通の日本人になれたかと思いきや、また逆戻りです。
いや、前進であると思いたいけど...

と、ウダウダな書き出しで始まりましたが、今年も行ってきました富士登山。
去年の登山記を読んでくれた義弟(山口県在住)が「ぜひ自分も登ってみたいッス」。
「お、おう、まかせとけ」、と安請け合いしたのが間違いの元。
なんでも今年は去年の2倍の人が富士山を訪れているとか。
ルートはどうする? 駐車場は大丈夫? そもそもオレ大丈夫?
知っているだけに不安になるというか、考えると辛さがよみがえってくるというか...
ここは頼りになる友人を巻き添えにしようと、去年もご一緒したプリンPaPaさんに助けを求めます。
そうして、なんだかんだで集まったのは、男性5名女性5名、計10名の大パーティー。
経験者7名、初体験3名、なかなか心強いではありませんか。

8月2日土曜日、駐車場渋滞を避けるために早めの出発、午後6時には富士宮口新五合目(2,400m)に集合。
天候は晴れ、下界の暑さはどこへやらの肌寒いくらいの夕暮れ。
c0053091_0534625.jpg
すでに下山して来た人、これから登る人、展望台での表情は好対照。
ちょっと動くだけで息が上がり、空気の薄さを感じます。

1時間ほど準備をしながらゆっくり体を慣らし、午後8時、いよいよ登頂開始。
去年の河口湖ルート(登り7.5km)よりは短めの富士宮ルート(登り5.0km)、去年より4時間早いスタート。
前回は間に合わなかった「頂上ご来光」を見越してのスケジュール、さて今年はどうなりますか...

【六合目 2,500m】 20:30
c0053091_140086.jpg
標高に体を慣らすためにゆーっくり歩くこと30分、6合目に到着。
河口湖ルートはなだらかな登山道でしたが、こちらはしょっぱなからけっこうな傾斜。
そう、歩く距離が短いということは斜度はキツイということなんですね...
ただ、足腰にはたしかにこたえますが一歩で標高を稼げる分モチベーション的にはラクな感じもします。
c0053091_175665.jpg
しっかり焼印を押してもらって、さて出発。

【新七合目 2,780m】 21:45
c0053091_1413755.jpg
約1時間で7合目。
富士宮ルートは河口湖ルートより山小屋の数は少ないものの、ある程度規則的に建てられているので目標と
するにはかえって好都合。
岩がごろごろで傾斜もきついのですが、まだ比較的標高が低いこともあってそんなに疲れも感じません。
ただ油断は禁物... 去年の「高山病」の辛さだけは二度とゴメンと、意識的に深い呼吸を心がけます。
c0053091_1144178.jpg
暗くてなんのこっちゃな写真ですが、光の列が登山者の列。
このあたりから「人渋滞」がちょっとひどくなってきます。
これもかえってペースを落とせると思えば好都合だったのかもしれません。

【元祖七合目 3,010m】 22:45
c0053091_125091.jpg
また七合目かいとがっくりきます... そう、富士山はやたら「元祖」とか「新」とかが多いのです。
ついに標高も3,000mを越え、すこし長めの休憩をとります。
頭痛が出てくるならこの辺からかなと覚悟していたのですが、うっすらと痛むもののまだまだ軽微。
酸素缶を吸って大きく深呼吸... よし大丈夫。

それにしても登山道は国際色豊か。
英語、韓国語、中国語、ブラジル語にスペイン語(たぶん)。
びっくりするくらい軽装の女の子とか、やたら明るい団体さんなどなど。
あと国籍に関係なく若い女性がとっても多い。
富士山登山、ブーム到来中?

【八合目 3,250m】 0:00
c0053091_128392.jpg
こうやって書き出してみると、ちょうど1時間で1合登ってますね。
ここまで早すぎず遅すぎずのなかなかいいペース、各人自分の調子に合わせて特に無理もない感じ。
足場の悪さもそんなには気になりません。
日付も変わって冷え込みが強くなってきました。
長袖Tシャツ+αの軽装にさらにもう一枚厚手のジャケットを羽織ります。

【九合目 3,460m】 1:25
c0053091_1322784.jpg
ここまで思いのほかいい調子。
空気の薄さゆえ、数歩歩いては深呼吸のスローペースではありますが、頭痛もほぼなく、足もまだまだ平気。
河口湖ルートよりもたしかに楽かもしれないなぁ... 2度目の余裕もあるか?
c0053091_1375170.jpg
てなわけでしっかりお腹も空くのです。
こんなにおいしいカップラーメン食べたことないかも... あたたかさが心底染みます。

この先、九合五勺の最後の山小屋を越えるといよいよ頂上。
ご来光渋滞はますますひどくなっていて、1歩進むのに時間がかかる状態ではありますが、夜明けまでは
まだ3時間近く残っています。
これは頂上ご来光がいよいよ見えてきたか? 
はやる気持ちを抑えて、いや、そもそもこれ以上ペースアップなんて体力的に無理なのですが、残り300m
いざスタートです。

一段と狭くなる登山道、渋滞に巻き込まれながらスローペースで歩を進めていきます。
1時間弱歩いたでしょうか、上を見上げると白い壁が見えてきました。
あれが九合五勺だな... おーいあと少しだよー、と一緒に登ってきた友人に声をかけようと後ろを振り返ると...

「ゴメン、ちょっと気分が悪い」

急にがっくりと崩れてしまいました。
ルートからすこし外れたところに避難し、リュックを降ろして休みます。
おそらく気温は軽く一桁、動きを止めると夜風の冷たさがもろに体を直撃します。
そのまましばらく様子を見ますが、吐き気と寒気が収まらない様子。
その場にいたのは4名、自分を含めた残り3名は比較的元気、このまま頂上まで行くことも十分可能。
しかし友人をここに置いていくわけにはもちろんいかないし...

ここまで順調だった富士山登山に急激に暗雲が... さていったいどうなる?
と、安っぽいドラマのようですが続きはまた次回。

(その2はこちら

by alfa_driver1972 | 2008-08-07 00:58 | 富士山登山 | Comments(10)
Commented by ひろゆき at 2008-08-07 21:51 x
この度は(旅は)本当にお世話になりまして、
ありがとうございました。大変貴重な体験が出来まして
幸せな時を過ごせました。
自分には、二匹目のドジョウはいませんが、
ぜひ!HIDEさんは、2度あることは3度ある・・・
って事で・・・・   来年の今頃は・・・・
Commented by M-RATT at 2008-08-07 22:32 x
ここで引っ張るんかーい
Commented by プリンPaPa at 2008-08-07 23:52 x
お疲れ様でしたー。
でも去年より全然疲れなかったよね?
慣れた?w
さて続きを知ってるにもかかわらずハラハラしながら読んでます(爆)
早く続きをお願いしますw
Commented by sei-koba at 2008-08-08 08:08
今年も、富士登山をされたのですね。
昨年は高山病で苦労されたようですが、今年は調子良さそうですね。
丁度、HIDEさん達が山頂を目指していた頃、つくばで走っていました。
Jano隊長のHIDEさん情報が夜中の話題になっていました。
Commented by nal at 2008-08-08 11:47 x
関心度で言えば相当低い部類に入るであろうワタシですが、去年に続き読ませて頂いてると、ヒッジョーに気になります!(笑)
なんつーかあからさまな達成感でしょうか…日常でそーゆーのってどんどん少なくなりますもんね…続き楽しみにしてます!
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-09 01:23
>ひろゆきさん
いえいえ、こちらこそありがとうございました。
アンド2回も頂上制覇させちゃって... いい思い出になったということでカンベン(笑)。
やっぱりひろゆきくんの体力は想像以上でした。

来年の今頃はまた来るんでしょ? 期待してますよ(笑)。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-09 01:25
>M-RATTさん
ルネッサーンス!

H氏も無事山頂制覇でしたよ、すばらしい。
M-RATTさんもぜひどう?

ってなわけで続編もおたのしみあれ。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-09 01:27
>プリンPaPaさん
いろいろとありがとうございました!
たくさんたのしい仲間を連れてきてくれて、去年に引き続きいい富士登山でした。

いやぁ、去年がひどかったからなぁ(笑)。
けどホント今年は道中たのしめました。
慣れかなぁ、ルートかなぁ... なんにせよ「また」とか言い出しそうでちょっと怖い(笑)。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-09 01:29
>Seiさん
まさか今年も、って感じだったのですが、登ってしまえば意外とたのしい富士登山でした。
去年がひどかったからですねぇ... 今年は調子良かったです。

Seiさんたちはつくばだったんですよね、お疲れ様でした。
そうですか話題になってましたか... 登れてよかった(笑)。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-09 01:31
>nalさん
ぜひ一度!
特にお子様といっしょというのがいいかもしれませんよ。
道中小さなお子さんもたくさん見ました。
疲れ気味の親を横目に、けっこーピンピンしてるんですよ(笑)。
いい達成感と思い出になること請け合いです。

HIDE


<< 2度あることは... 富士山登...      虚像実像 >>