2008年 08月 28日
SEX AND THE CITY
c0053091_1141814.jpg
ひさびさに一人で映画を見に、近所のシネコンへ。
特にお目当てもなく、あまり待たずに見れるやつがいいなぁ...
よし、30分後にはじまるそれで... タイトルにも聞き覚えがありますし。
c0053091_1165188.jpg
中途半端な時間だったので、ガラガラかと思いきやけっこうお客さんたくさん。
おまけに、すごい女性比率の高さ... 男一人なんてオレだけじゃねえか。
用心して端っこの席でよかった(最近上段端から見るのが好きです)。
c0053091_1191062.jpg
Sex And The City、おぼろげながら勝手なイメージで、「プラダを着た悪魔」っぽい鼻持ちならない系統かと
思いきや、さにあらず。
(注:プラダを着た悪魔も予想を裏切るステキな映画です)
言ってしまえば「アラフォー」(いや、アラフィーか?)女性たちの、ちょっとありえない青(性)春友情活劇なんだけど、
テンポの良さと、「日常」と「ゴージャスなハレ」のギャップ、そして意外と誠実な彼女たちの立ち回りで、2時間半を
あっという間に感じさせてくれました。
c0053091_1354042.jpg
そして、"CITY" ニューヨークのステキさ。
いろんな季節のいろんな時間のNYを感じることができて、とてもしあわせでした。
c0053091_138188.jpg
(写真は去年の10月、NYにて。あー行きてぇなぁ)

前から思ってたんだけど、タイトルが秀逸ですよね... ドキッとしちゃうもの。

ひさびさに面白い映画でした、82点。
同時に、海外行きたい熱に火をつけてくれよって... どうしてくれようか。

by alfa_driver1972 | 2008-08-28 01:45 | foto+diary | Comments(6)
Commented by qchan1531 at 2008-08-28 02:06
行きますかあ?海外。いくでしょう。きっと。3枚目に色の華やかさが楽しいですね。むこうは、落書き?もセンスというか空気というか文化というか。
Commented by whitewild at 2008-08-28 13:19
レディースDayだったのかなぁ?
たまたまウチは家族でポニョったんですがカミさんは1000円でした。

・・・いいなぁちきしょう。

一人映画、いいですよね。
旅行と違ってこれならいつでも・・・いや以外と難しいかな。
何を観るか決めずに家を出るのもステキですよね。ちょっと寂しくて(^^;

# 関係ないけど、今から「イントゥ・ザ・ワイルド」が楽しみなのでした。
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-28 23:15
>qchanさん
行きたいんですけどねぇ、仕事でもプライベートでも当分予定は無い感じです... とほほ。

NYって、思っていたよりは落書きとか少ない街なのですが(あくまで想像よりね)、
さすがカラフルというか決まっているというか、いいですよね。
あー、行きたいなぁ。

HIDE
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-28 23:20
>whitewildさん
なるほど、そういえばレディースデイだったかも。
このシリーズって女性が主対象だったんですよね。
それも知らずに見てしまいました(笑)、ま、面白かったからいいけど。

一人映画、落ち着いてじっくり見られる反面、家に帰ってからアレやこれや言い合えないのが
ちと寂しくもありました。
何見るか現地で決めるのもいい感じなのですが、なかなかコレっていうのがなかったりするんですよねぇ。
そうそう「イントゥ・ザ・ワイルド」のポスターも貼ってあって、これがあったら決まり
なのになぁって思いましたよ。

HIDE
Commented by alasken at 2008-08-30 18:02
渋いな~一人映画ですか。。
一人飲み屋は出来るんですけど、映画はなんか恥ずかしくて
僕には勇気がいります・・べつに恥ずかしい映画みるわけじゃ
ないんですけどね。。(ポッ)
「In to the wild」は、10年くらい前に本で読んだんですよ、、
なんか考えさせられる話だったので、映画ではどう表現して
いるのか、観てみたいです。。
Commented by alfa_driver1972 at 2008-08-31 07:30
>けんたろさん
渋くはないよぉ、見た映画も映画だし(笑)。
ポップコーンとコーラかかえながら、一人で見るのもなかなかいいもんですよ。

In to the wildって原作は古いんだ... 
ちろっと調べてみると、なるほどアラスカが舞台なんだ。
そりゃけんたろさんは見ないと!

HIDE


<< from 147      晩夏羽田 >>