カテゴリ:PENTAX *ist Ds( 149 )

2007年 10月 27日
New York, New York -Part 6
c0053091_012091.jpg
(クリックで大きな画像が見られます)

だいぶ間があいてしまいましたが、やっとこさNYの写真を整理できました。
(これまでのエントリーの写真も一部入れ替えました)
1週間の滞在で仕事関係も含め約800枚... 今回もよく撮りました。

がんばってセレクトしてみたのですが、どうしても枚数が多くなってしまいます。
極力テキストは少なくして、写真を中心にご覧アレ。

"Straight Street"
c0053091_23212159.jpg
c0053091_23213281.jpg



"New Yorkers"
c0053091_23272054.jpg
c0053091_23273031.jpg
c0053091_23275976.jpg


"Times Square"
c0053091_23281245.jpg

c0053091_23335926.jpg



"Eyes"
c0053091_2327459.jpg


"Red"
c0053091_23443580.jpg
c0053091_23444750.jpg


"Night"
c0053091_23584665.jpg
c0053091_23543766.jpg
c0053091_23544995.jpg
c0053091_2354587.jpg


"NY is Mine"
c0053091_01864.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL


by alfa_driver1972 | 2007-10-27 23:41 | PENTAX *ist Ds | Comments(6)
2007年 10月 10日
New York, New York -Part 5
(※10/12追記 無事帰国しました。自宅のPCモニターではじめて自分のブログを見てみたのですが、色味が
ずいぶんいつもの調子と違いますね... 出張用のラップトップのモニターでの編集は限界があったようで。
近々何枚か「リマスター」すると思います)
c0053091_18185327.jpg
最後の夜にふさわしく、NYの夕方から夜な写真をいくつか。
まずはTimes Squareから。
c0053091_18195212.jpg
c0053091_18204698.jpg
c0053091_1821080.jpg
上の2枚は16-45、下の2枚は75mm。
みなさんはどちらがお好き?

今回計らずも「画角の違い」をあらためて感じることが多かったのですが、結局のところ「基本は同じ」という
身も蓋もない結論に至りました。
やっぱり写真は引き算です、欲張っちゃイケマセンね。
特にブログサイズのような小さいイメージの場合、主題を大切に取り上げた写真の方がハマることが多いようです。

それにしてもTimes Squareは明るい! 夜なのに昼みたいなシャッター速度が切れてしまいます。
普通だったらこの時間に手持ちで75mmなんてぜったい無理ですもんね。

さて次は... おのぼりさんにふさわしく高いところに登ってみましたよ。
c0053091_1081832.jpg
c0053091_1023220.jpg
Manhattanのシンボル、あのキングコングも登った(?)Empire State Building。
86階、地上300mの風を感じながら、360°の夜景を眺めることができます。
週末は夜中の2時までオープンしてることもあって、つい毎回訪れてしまうスポットのひとつ。
ここでゆっくり深呼吸をすると、ああNYに来てるんだなぁとシミジミ... 特に一人で登るとそう感じます。

夜景ツアーの最後はManhattanから離れて... おとなりBrooklynからの眺め。
c0053091_10581964.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

Brooklyn BridgeとLower Manhattanが見えます。
昔はもう2本、ひときわ高いビルが見えたはずの風景... 見てみたかったです。

これにて今回のfrom New Yorkなレポートは終了です。
お付き合いいただいたみなさま、ありがとうございました。
お見せできていない写真もいくつかあるので、家に帰ってじっくりセレクトしてみます。
またいつかの機会に...

【NY雑感】

by alfa_driver1972 | 2007-10-10 11:30 | PENTAX *ist Ds | Comments(12)
2007年 10月 08日
New York, New York -Part 4
c0053091_21173425.jpg
c0053091_1812344.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

Ground Zeroの近くで撮った2枚。
4年前とは違って、完全に建築現場の様相を呈していました。

昨日は自由な時間があったので買い物&写真を撮りにでかけたのですが、軽く凹みたくなるくらいいまひとつな
写真ばかりでした。
そのときは40mmのウルトロンを付けていたのですが、どーもこの画角が苦手になってるかも...
昔から「標準レンズ」に苦手意識があったのですが、まだまだ克服できてませんね。

というわけで、上の2枚はまたまた75mmのカラヘリにて。
逆にこのレンズはNYを撮るのになかなか適しているようです。
いつもは広角一辺倒なのですが、こういう街の撮り方もたのしいですね。

【ひるごはん】

by alfa_driver1972 | 2007-10-08 21:46 | PENTAX *ist Ds | Comments(12)
2007年 10月 07日
New York, New York -Part 3
c0053091_1895021.jpg
c0053091_18102865.jpg
c0053091_1811489.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

New Yorkの足といえばやっぱりこれ。
しかし初心者にとっては路線がさっぱりわかりません... 乗り間違えていやしないかいつもドキドキ。

今日は土曜日、朝の交差点は昨日までの喧騒がウソのように静まり返っていました。
かわりに、空を見上げてはカメラをかまえる「おのぼりさん」がたくさん。
もちろん僕もそのひとり。

日曜日は半日オフの予定、写真撮るぞー。

【あさごはん】

by alfa_driver1972 | 2007-10-07 10:52 | PENTAX *ist Ds | Comments(0)
2007年 10月 06日
New York, New York -Part 2
c0053091_8393122.jpg
c0053091_8395933.jpg
c0053091_8474847.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

New Yorkは3度目なのですが、なぜか毎度信号の写真を撮ってしまいます。

今日は一日みっちりお仕事、カメラのカウンターも進まずじまい。
写真は昨日のストックから。

東京もいいかげん人が多いですが、New Yorkも「こんなに人いたっけ?」ってくらい混雑しています。
今日はFriday Night、ヤンキースとともにさらにヒートアップ中。

【ばんごはん?】

by alfa_driver1972 | 2007-10-06 11:08 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2007年 10月 05日
New York, New York -Part 1
c0053091_1884956.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

時差ぼけ解消をかねてバッテリーパークまでお散歩。
自由の女神が見えるベンチにて。

4年ぶりのNew Yorkにやってきました。
それにしても暑い! 天気予報によると最高気温30℃だそうで。
10月だというのに街にはノースリーブとサンダルがあふれています。

今回も出張なのですがもちろん*istDsといっしょ。
いざ街中でカメラをかまえると、どこでも絵になりそうなのにとってもむずかしい...
なかなか苦戦しておりますよ。

しばらくNew Yorkの写真がつづきます。

【おひるごはん】

by alfa_driver1972 | 2007-10-05 21:51 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2007年 10月 03日
Land of confusion - F1日本GP決勝
c0053091_321153.jpg
迎えた日曜日、F1日本GP決勝。
しかし天候は好転せず、さらに悪化の一途。
ホームストレートを駆け抜けるF1マシンは水をかき分けながらの走行がつづきます。
とにかく晴れてほしかった、秋晴れの下でエグゾーストノートを聴きたかった。
残念ながら今年はその夢をかなえることはできませんでした。

ここで時計を少し巻き戻します。
日曜日もやっぱり早起き、5時台の電車に乗ってまずはプリンPaPaさんと合流、駐車場に向かいます。
この日も行きはまったく渋滞知らず、バスもスムーズ。
9時にはサーキットに到着していました。

そして12時、セレモニースタート。
c0053091_053946.jpg
傘をさしながらのドライバーズパレードや、
c0053091_141784.jpg
グリッドガール(っていうんですね)の行進など。
ちなみに彼女たちは雨の降る中、しばらくグリッドで待ちぼうけ... 寒かったろうなぁ、おつかれさま。
c0053091_103160.jpg
グランドスタンドからはピットやポディウム、パルクフェルメ、そしてスタート前のグリッドの様子を見ることが
できます。
正直なところ、ストレートを駆け抜けるだけのマシンの動きを見るのはイマイチ面白みに欠けましたが
(スリップストリームは迫力ありましたけどね)、レース全体を味わうという点ではなかなかアリだなと思いました。

河村隆一による国歌斉唱が終わり(片栗粉が入ったような君が代でした)、それにしても雨が弱まる気配が
ありません。
ナニゲにたのしみにしていたブルーインパルスの展示飛行も中止され、ホントにスタートできるんかいなと
思っていると、いつの間にやらレーススタート。
おいおい大丈夫かと思っていると...
c0053091_122941.jpg
なるほどSC先導のスタートか... ホームストレートからのスタートの爆音を期待していただけにかなりガックリです。

さて、またもや写真がつづきます。
c0053091_124557.jpg
c0053091_1251478.jpg
c0053091_1492188.jpg
土曜日の写真と見比べると、あきらかに雨量が多いです。
ドライバーはさぞ大変だったでしょう。
c0053091_128187.jpg
c0053091_1283597.jpg
c0053091_32845.jpg
c0053091_1455994.jpg
運悪くビジョンがあまり見えない位置だったので、ほとんどレース展開はつかめずじまい。
それでも序盤のFerrariのグダグダぶりと、まさかまさかのベッテルトップ、RenaultとSpykerの健闘が目立っていました。
c0053091_233774.jpg
c0053091_1471387.jpg
やっぱりダントツの一番人気、佐藤琢磨とSuper Aguri。
レース展開にはまったく絡めずじまい、ちょっと残念な結果でした。
c0053091_133145.jpg
c0053091_133488.jpg
c0053091_1555548.jpg
そして、やっぱり強かったハミルトン。
したたかさ、タフさ、ある種のダーティーなクレバーさ。
「速い」というより「強い」と言う言葉が似合うスーパールーキー、その走りにはどこかシューマッハを彷彿と
させるものがあります。
偉大な先人は走らないフェラーリで辛酸をなめ、王者となって敬遠され、そしてカリスマへと昇華していきました。
まだ22歳、これからきっと長く続くF1人生はどうなっていくのでしょう...
c0053091_213024.jpg
ポディウムにはフィンランドの国旗が2本。
c0053091_283565.jpg
それにしても、初の表彰台のコバライネンはうれしそうだったなぁ。
c0053091_215287.jpg
こちらも今季初の表彰台だったRenaultのチームスタッフと大騒ぎしていました。
自分たちの席からRenaultのピットが近かったこともあって、なんだか親近感を覚えてしまいました。
c0053091_2455466.jpg
なんとか無事67周のレースが終了しました。
大きなアクシデントがなくてホッと一安心。
冷たい雨の降り続く中、雨合羽を着て白い息を吐きながらの観戦はさすがにつらいものがありましたが、
それでもここに来なければ感じられないなにかを体感することができました。
できることならベストな天候で味わいたかったけど... 仕方がないです。
c0053091_2512676.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-F 100-300mm F4.5-5.6
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

皮肉にも、レースが終わってはじめて、まわりの山が姿をあらわしてきました。

混迷の富士

by alfa_driver1972 | 2007-10-03 01:00 | PENTAX *ist Ds | Comments(17)
2007年 10月 02日
Land of confusion - F1日本GP予選
c0053091_123414.jpg
4年連続4度目となるF1観戦に行ってきました。
今年の舞台は30年ぶりの「富士スピードウェイ」。

これまでの3年間、鈴鹿での観戦は波乱万丈ありましたが、どれもすばらしい思い出になっています。
しかし、今年は見送るつもりでした(かなり迷いましたが)。
抽選方式のチケットがやたら品薄だったのと、車や列車でサーキット近くまで行きそこからバスに乗り換える
「パーク&ライド」がどうなるのか不安だったことが大きな要因。

しかし、開催寸前に某オークションを覗いてみると、あるわあるわF1のチケットが。
定価割れは当たり前、中には半値以下のものも... 需要と供給のバランスが圧倒的に崩れています。
あれだけ手に入れにくいと思っていたチケットが目の前に、それも安価で。
こうなるといてもたってもいられず、結局開催1週間前に手に入れてしまいました。

というわけで、今回はかなり想定外な観戦だったわけです。
富士スピードウェイには自転車レース(20052006)やSuper GTなどで何度か訪れていて、そのすばらしい
設備はこの目で確認済み。
鈴鹿から富士へ(ホンダからトヨタへ)、さてどうなることかとお手並み拝見なわけでしたが...

土曜日、予選、朝5時に家を出発して8時にはサーキット到着。
道路もパーク&ライドのバスもがらがらで、さすが首都圏から近いだけあって便利だなあと実感。

しかし天気が... 到着直後は雨。
c0053091_0555597.jpg
小降りになったかと思うと...
c0053091_115762.jpg
かなり暗い写真ですがほぼ見た目どおりです。
降り続く雨に、まるで呼吸のように出たり消えたりする霧。
10時から予定されていたフリー走行は結局中止になってしまいました。
1枚目のSC(セーフティーカー)はそのときのもの(決勝でも最初の20周主役をはってましたね... こいつがびっくり
するくらい速いんですよ)。

場合によっては14時からの予選もキャンセルとし、明日の午前中に行われる可能性がありますとの場内
アナウンスが流れ始めました。
台風でサーキットがクローズされた2004年鈴鹿の再現か? と覚悟をしていたのですが、予選開始のタイミングで
かなり霧が薄くなってきました。
結局オンスケジュール。
14時、ピットレーンのシグナルが青に変わり、いっせいに各マシンがコースへと飛び出していきます。

今年はグランドスタンドからの観戦なのでその様子がよく見えます。
響き渡るブリッピング音、そうそうこれを聴きたかったのよ。
冷たい雨に打たれながらも、いやがおうにもテンションが上がっていきます。

しばらく写真が続きます。
c0053091_2361898.jpg
c0053091_1142790.jpg
c0053091_34296.jpg
c0053091_113494.jpg
c0053091_153049.jpg
c0053091_305214.jpg
c0053091_1434711.jpg
ホンダの次にエンジンサウンドがすばらしかったBMW Sauberのハイドフェルド、今回とても活躍が目立った
Scuderia Toro Rossoのベッテル(予選9番手!)、今年もエンジンサウンド(だけ)はダントツナンバー1だった
HONDA Racingのバリチェロ(それにしてもこのカラーリングは(是非はさておき)カッコワルイ)。
やっぱり荒れたレースに強かった大ベテラン、Red Bull Racingのクルサード、実物はかなりカラーリングが
イケていたこちらも大活躍だったRenaultのコバライネン、実物もやっぱりどこか華がないFerrariのマッサ、
そしてまさに「シルバーアロー」銀ピカMcLarenの眉毛... 失礼、アロンソ。
ひさびさの流し撮り実践編、ぼちぼちの打率でした。
c0053091_114731.jpg
見ての通り、そんなには水しぶきがたっていません。
予選中は走れば走るほどコンディションが回復していってました。

そして結局ポールはこの人。
c0053091_1145182.jpg
あとから彼のストレートスピードはそんなに速くなかったということを知ったのですが、実際に見ていてホームストレートで
いちばん勢いがあったのは、間違いなくハミルトンでした。
トップスピードに乗るのが早かったってことなのかなぁ...
c0053091_202263.jpg
予選終了後の1枚、記念撮影後に見せたアロンソの不機嫌な表情が印象的でした。
c0053091_2384846.jpg
#2 #3 PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
others PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-F 100-300mm F4.5-5.6

1時間の予選終了、この時点で15時過ぎ。
すこしサーキット内のショップを覗いて、バス乗り場に向かったのが16時30分。
そしてそこから脱出したときには... 20時を回っていました。
雨に打たれ、気温は下がり、来ないバスを待つツライ3時間半。
予選でこれってことは決勝の日曜日はどうなるんだろう... 一抹どころじゃない不安を抱えながら帰路につきます。
こうやって日帰りできちゃうのは間違いなくメリット、というか鈴鹿では想像もつかないことなんですが... しかし... 不安だ...

(決勝につづく)

by alfa_driver1972 | 2007-10-02 01:30 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)
2007年 09月 25日
ほつと月がある東京に来てゐる
c0053091_23492590.jpg
種田山頭火 作

正確には横浜の空に浮かぶ中秋の名月。

すっかり秋らしくなってきましたね。
さわやかな夜の風がそよそよそよ。

種田山頭火は山口県出身の俳人、そう私の生まれた場所とおんなじです。
どんな想いで、どんなシチュエーションでこの句を詠んだのかな...
c0053091_23555893.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-F 100-300mm F4.5-5.6
( Cropped )


by alfa_driver1972 | 2007-09-25 23:50 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)
2007年 09月 19日
Have a great journey!
c0053091_31401.jpg
会社帰りの汐留に集ったのは、いつもの面々、プラスはじめましての女性1名。
写真談義に花を咲かせたあと、むかった先は...
c0053091_315591.jpg
4人でパフェをつついてみたり。

いろいろ撮ってみたり。
c0053091_32784.jpg
c0053091_3213226.jpg
c0053091_325345.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

きっといろいろお忙しい中の貴重な数時間、とてもたのしいひとときでした。
お会いできてよかったです。

yukiさん、良い旅を!

by alfa_driver1972 | 2007-09-19 12:30 | PENTAX *ist Ds | Comments(6)