カテゴリ:foto+diary( 66 )

2011年 09月 12日
月の流れ 雲の流れ
c0053091_2211944.jpg
三脚にカメラを据えて月を撮っていると、その動きが意外なほど早いことに気がつかされます。
シャッタースピード3秒、月はもう待ってくれません。
その手前を風に乗って流れる雲も。

More ->>

by alfa_driver1972 | 2011-09-12 22:04 | foto+diary | Comments(2)
2011年 03月 18日
計画された停電
c0053091_150256.jpg
前もって知らされたたった3時間の停電。
それなのに、このまま真っ暗な世界が続いてしまうのではないかと不安になってしまう。
いつ終わるかわからない停電が続いている被災地の皆様の不安は、どれだけのものか。

一日も早く不便な生活が解消されますように。
一日も早くあたたかな日々が戻りますように。

by alfa_driver1972 | 2011-03-18 00:28 | foto+diary | Comments(1)
2010年 12月 31日
Looking Back at 2010
c0053091_19461559.jpg
史上最大のぎりぎり年賀状大作戦をなんとか終えて、やっとこさ今年も残すところあと僅かと思える大晦日になってきました。
いつものとおり紅白を横目で見ながら、今年で6回目になる"Looking Back..."をしたためています。

Looking Back at 2010 More ->>

by alfa_driver1972 | 2010-12-31 20:32 | foto+diary | Comments(9)
2010年 05月 12日
テレビ見てるの
c0053091_15197.jpg
邪魔しないで。

by alfa_driver1972 | 2010-05-12 01:46 | foto+diary | Comments(4)
2010年 01月 04日
着物で迎えるお正月
c0053091_12551.jpg
新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします


気がつけば三が日も終わり、明日からはさっそく仕事始めなみなさまも多いでしょうか。
なんだか今年のお正月休みは短かったですねぇ。
おまけにいきなり月曜日スタート、こりゃ長い一週間になりそうです...
(あ、私は29日まで働いたんで5日始業でござんす)

2010年のお正月は特にイベントもなくのんびり過ごすことができました。
1/2にはカミサンのご実家にお邪魔したのですが、お義母さん、カミサン、そしてなんと私まで、3人和服姿で初詣へ。
学生時代弓道をやっていたので袴ははいたことがあったのですが、ちゃんとした和服は初体験。
しかし意外と簡単に着られて、快適なもんなんですな。
幸か不幸か堂々としてきた腹回りも相まって、なんとかサマになったようでした。
c0053091_1111065.jpg
努力の賜物で、さらさらっと一人で着物が着られるようになった娘と、それを見守る母。
もともとは着物好きだったお義母さんのために習い始めた着物も、しっかりと娘のライフワークになってきたようです。
こういう機会にみんなで着物を着ることができて、いいお正月になりました。

by alfa_driver1972 | 2010-01-04 01:19 | foto+diary | Comments(8)
2009年 12月 31日
Looking Back at 2009
c0053091_16544043.jpg
今年も残すところあとわずか。
5回目になる"Looking Back..."になる大みそかを迎えました。
振り返ってみると、今年は忙しかったんだかなんだったんだか、つかみどころのない1年だった気がします。

Looking Back at 2009 More ->>

by alfa_driver1972 | 2009-12-31 17:45 | foto+diary | Comments(8)
2009年 11月 06日
秋深まりつつある今日この頃
みなさまお元気ですか?
私は元気です。

だけど、どーにもブログを更新できなくて、ずっと魚の小骨がひっかかってしまっているような心持ち。
一度糸が切れてしまうといけませんな。
いまさらながらに「継続は力なり」という言葉の重さを噛みしめてます。

なぜ更新のペースが落ちてしまったのか、ちょっと理由を考えてみますと...

1.ブログをする時間がない
  ダウト、それはない。以前と大して変わっていません。

2.写真を撮ってない
  撮ってないこともないんですけど、なんつうか、コレっていうのが最近撮れてません。
  長期スランプ突入中かも。
  カメラが変わったのも大きい。このハナシはまたいずれ...

3.ブログ更新用のPCがリビングにない
  実はこれがいちばんの理由じゃないかと... 写真編集用兼ブログ更新用のデスクトップPCを、リビングから
  離れた場所に設置してしまい、そこに向かうのがちょっと億劫になってます。

4.ブログに飽きた
  いや、それもないんですけどねぇ...
  まあプレッシャーを感じない程度にぼちぼちがんばりましょう。



というわけで、リハビリというわけでもないですが、ここ最近の出来事なぞをつらつらと書き出してみます。


・東京モーターショーに行ってきた

 輸入車勢がほぼ参加しないということで、毎度TMSではガイシャばかり見てる私としては、こりゃ行く価値なしかなと
 思っていたのですが、やっぱり行ってしまいました。
 で、やっぱりつまんなかったです。入場料1,300円がボッタクリのレベル(なんで無料にしないかな)。
 外国勢が来ない分国産勢ががんばるかと思いきや、どこも揃いも揃ってお通夜のような展示ばかり。
 エコ「だけ」をアピールするにしても、もう少し明るい未来を想像させてくれるようなショーに出来なかったものか。
 見るべきクルマもなく(レクサスLF-Aのエンジン音だけはちょっと刺さった)、ハシからハシまでゆーっくり歩いて、
 オネーチャンを撮影しながらでも(そこはしっかり押さえときました)、2時間かからずに見終わってしまいました。
 空いたスペースを埋めるための広大なお子様の絵の展示とか見てると、これが過去「世界3大モーターショー」と
 呼ばれたTMSの今の姿なのかと、がっくり肩を落としてしまいたい気分でした。

 地方出身者としては「東京モーターショーを見られる」というだけで気分が高揚して、いろんなクルマを見て、
 撮って、朝から晩までクタクタになりながら回ったもんです。
 もうそんなモーターショーは幕張メッセでは見られないのかもしれません。
 今年の繰り返しになるのなら、いっそやめた方がいいです。
 クルマ好きの夢を壊さないでくれ、そう思ってしまったのでした。


・"This is It"

 特にマイケル・ジャクソンのファンというわけではありませんでした。
 だけど、あらためてCDラックを見てみると、なんだかんだで彼のアルバムって持ってるんですよね。
 Off The Wall、Thriller、BAD、Dangerous、そしてJackson5も含めた何枚かのベスト盤。
 聴き込むってこともなかったけど、どのアルバムもさすがのクオリティ、ハズレなし。
 それを知っているだけに、21世紀の彼の評価を(決して今だから言うわけではなく)苦々しい心持ちで見ていました。

 さて、This is It。
 話題に乗せられて見に行ったのは否定しませんが、結果として、映画館で見てよかったです。
 世の中の大絶賛にはちょっと首を傾げるところもあるのですが、とにかくMJがカッコイイ、これにつきます。
 そしてそのMJのために、MJにあこがれて、MJをリスペクトしながらステージを作り上げていくスタッフの姿。
 2時間ちょっとの映画を見終わって、MJになりたいとは思わなかったけど、MJと一緒にあのライブを作り上げる
 スタッフになりたいって、ちょっと思いました。
 アメリカのショービジネスのスケールってホント桁外れの大きさです。
 これはかなわないなと。

 もうひとつ感じたこと。
 MJはずっと孤独だったんだろうなあと。
 存在があまりにも偉大で孤高すぎて、対等に話せるヒトはいなかったんじゃないかな。
 たくさんのヒトがまわりに集まる分、かえってその一人ぼっちな印象が深く残りました。


・Perfume Perfume

 恥ずかしながら、って恥ずかしがることもないですが、名古屋、横浜とPerfumeライブをはしごしてきました。
 ライブDVDを見てある程度の予備知識はあったのですが、生で見る彼女たちのキレキレで見事にシンクロしたダンス、
 圧巻でございました(あれだけのもん見せられたら、リップシンク(いわゆる口パク)も納得いくってもんです)。
 スクリーンに流れる映像とかレーザー光線など、演出全体もクールでカッコイイ。
 アルバムを聴くだけよりも数倍魅力的でした。

 2カ所で同じライブを見たわけですが、なんというか、県民性みたいなものがあって面白かったです。
 最初は様子見みたいな感じからジワジワ盛り上がっていって、最後ドッカーンだった名古屋。
 ずっとノリはいいものの、どこかお行儀がよくて手の動きとかばっちり統制されてる感じの横浜。
 どっちにも共通してるのはファン層の幅の広さ。
 老いも若きもオトコもオンナも、みんな笑顔笑顔。
 3時間を越えるライブながら「まだ終わってほしくない」と思ってしまいました。
 あー、いい汗かいた。



ダラダラダラと失礼いたしました。
さあ写真もがんばんなくちゃね、と奥の部屋のPCに向かおうとすると... もうすっかり寒いですねぇ。
いかん、また腰が重たくなってきた...

by alfa_driver1972 | 2009-11-06 19:52 | foto+diary | Comments(18)
2009年 10月 09日
谷間からしか見えない
c0053091_048478.jpg
「直撃コース」という言葉にワクワクしてしまうのは、子どものころから変わっていません。
台風、大雪、非日常感、不謹慎であることは重々承知な上で、ついつい、ね。

それにしても迷惑な台風でした。
出勤タイムに、これだけ長く混乱させられたのもめずらしかったですね。
それでも「家に帰れない」よりはまだましだったかな。

一枚目は台風が過ぎた直後の東京の空、午前11時。
雲がまるで映画の早回しのようにビュンビュンと飛んでいってました。
c0053091_049222.jpg
そしてこちらは午後4時の東京の空、雲ひとつない空。
こうやって意識して見上げると気づくのですが、地べたから見る東京の空は谷間からばかり。
ぱーっと広がる視界って、探さないと見つけられないですね。
カメラ片手に呆然としてしまったのでした。

「谷間しか見てない」じゃない、お気をつけを。

by alfa_driver1972 | 2009-10-09 00:49 | foto+diary | Comments(12)
2009年 10月 03日
Moonwalk
c0053091_22241110.jpg
月の満ち欠け、潮の満ち干き。
目には見えていなくても、きちんとまっすぐ動いてるんだなあって。

5分間隔のインターバル撮影、明るさが違うのは雲のせい。
200mmでのリアルな月の大きさはこんな感じです。
今夜は昼間の雨のおかげで視界がとってもクリア、月の光のまぶしいこと。
アスファルトが輝いてます。
いい「中秋の名月」になりましたね。
c0053091_2332359.jpg
こちらは思いっきりトリミングしてみました。
けっこう使えます。

外で写真を撮ってると涼しいを通り越して肌寒いくらい。
あたたかいコーヒーがおいしい。
いつのまにか季節は秋真っ只中です。

【月より団子】

by alfa_driver1972 | 2009-10-03 22:31 | foto+diary | Comments(4)
2009年 09月 07日
整理整頓
c0053091_2331724.jpg
お片づけ手伝おうか?
いや、そこどいてください。

by alfa_driver1972 | 2009-09-07 23:32 | foto+diary | Comments(8)