<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2005年 12月 31日
Looking Back at 2005
c0053091_18225468.jpg
ありきたりな言葉ですが、あっという間の一年でした。
今年は例年になくいっぱい遊んだ気がします。
撮った写真をあらためて見直していると、あそこにも行った、こんなこともしたんだなぁ、と。
なんだかんだで今年も楽しい1年でした。

Looking Back at 2005 More ->>

by alfa_driver1972 | 2005-12-31 19:05 | foto+diary | Comments(6)
2005年 12月 26日
Making "bûche de noël"
今年のケーキは「クリスマスの薪」、奥さまの手作りでした。
さてうまくできるかな。
c0053091_2230727.jpg


Making "bûche de noël" More ->>

by alfa_driver1972 | 2005-12-26 23:01 | 一食入魂 | Comments(8)
2005年 12月 24日
we wish you a merry christmas
c0053091_044786.jpg


by alfa_driver1972 | 2005-12-24 23:19 | foto+diary | Comments(0)
2005年 12月 23日
いちばん夜の長い日
「冬至」でした。
今年の冬至は12/22、こんなにクリスマスに近かったっけ?
ちょっと意外な感じ。

いちばん夜が長いってことはいちばん日照時間が短いということ。
なのにどうして12月より1月、2月の方が寒いのか?
それは海や陸地にたまっている熱が急には冷めず、冷え切るのに1ヶ月ちょっとかかるからなんだそうです。
同じ理由で夏も夏至(だいたい6月20日くらい)から1ヶ月くらいたった頃が一番暑いと。
以上、豆知識でした。

冬至といえばかぼちゃにゆず湯。
冬でも保存の効くかぼちゃでビタミン補給、血行促進効果のあるゆず湯でポカポカ。
湯につかって病を治す「湯治(とうじ)」からきているとの説もあるそうで...
またひとつお利口さんになりました。

さて、これは健康に良いのか悪いのか。
c0053091_20321712.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical + AF280T

ゆず湯用のゆずを半分にカットして焼酎を割ってみました。
すこし水を足すとさっぱりとして、和風レモンチューハイのおもむき。
なかなかいけます。
「酒は百薬の長」ってことで、ま、いいか。

by alfa_driver1972 | 2005-12-23 20:38 | 一食入魂 | Comments(4)
2005年 12月 23日
Terminal 2
c0053091_18524272.jpg
いろんな人がいろんな高さに行き来しているエスカレーター。

滞在時間9時間の「東京」弾丸ツアーもそろそろおしまい。
最後の観光スポットは旅の出発点であり終点でもある、羽田空港第2ターミナルです。
間接照明が多く光の量も控えめで、夜に来るとなかなか雰囲気のある空港です。
c0053091_18525521.jpg
東京から出発する人、東京に帰ってきた人、どこかへ帰っていく人。
夜の羽田にはいろんな想いを抱えた人がたくさん。
華やかなんだけどどこかせつなくなるような、ちょっと不思議な空間。
c0053091_1927927.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

そんなたくさんの人を乗せて、飛行機は静かに寒空の夜に飛び立っていきます。
おつかれさまでした。

by alfa_driver1972 | 2005-12-23 19:18 | PENTAX *ist Ds | Comments(2)
2005年 12月 22日
Tokyo Air
c0053091_2304277.jpg
キミ、なにおもふひとぞ。

六本木から代官山、千駄ヶ谷、秋葉原とめぐり、午後4時、東京駅前丸の内に到着。
新丸ビルのオープン以来、ブランドショップが並ぶきれいな街並み(リトル5th Avenue?)に変身しています。
12/24からの東京ミレナリオに向けて、ウィンドウもクリスマスらしさ満点。

そんな丸の内にちょっと面白い乗り物があります。
"SKY BUS TOKYO"、海外の観光地でよく見かける、2階建ての屋根のないバス。
今日の「東京観光」の目玉でございます。
c0053091_23254611.jpg
この日の最高気温5℃。
こんな中暖房もないオープンカーに乗るモノズキは僕たち3人以外にもう1家族のみ。
ほぼ貸切状態で45分の観光旅行スタートです。

夕陽がどんどん落ちるのを眺めながら、東京駅、皇居、霞ヶ関、有楽町とバスはのんびり進みます。
頭上をなでていく冷たい空気が気持ちいい。
人もまばらなオフィス街、広々とした緑のあるお堀、雑踏とネオンがまぶしい銀座。
東京ってけっこういい街だなぁと思わせてくれます。
夕方と夜の境目にヘッドライトとイルミネーションの灯がともっていきます。
c0053091_2335772.jpg
c0053091_23521187.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical


by alfa_driver1972 | 2005-12-22 23:35 | PENTAX *ist Ds | Comments(0)
2005年 12月 20日
見下ろす
c0053091_0552855.jpg
見上げたら登らねば。
高所恐怖症の友人に決断の猶予も与えず、エレベーターは超高速で最上階に向かいます。
海抜250m、大きな窓からは首都東京の異次元な街並み、遠くには富士山が顔を出しています。

12月の澄み切った空気のおかげで視界良好、ハイホー。
c0053091_23701.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical


by alfa_driver1972 | 2005-12-20 23:12 | PENTAX *ist Ds | Comments(0)
2005年 12月 19日
見上げる
c0053091_22494463.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

さあ、おなかいっぱいになったら外に出ましょう。
この冬の最低気温を更新する寒さながら、午前中の空は抜けるような青一面。
乾いた寒風吹きすさむ中、突き抜けるように銀色の巨大なビルがそびえたちます。

デカイ。

by alfa_driver1972 | 2005-12-19 22:47 | PENTAX *ist Ds | Comments(2)
2005年 12月 18日
非日常的朝食
c0053091_23581649.jpg
c0053091_23582213.jpg
c0053091_23583916.jpg
c0053091_23584510.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

友人が日帰り旅行で東京にやってきました。
限られた時間、さて、なにをする?
よし、これ以上はないくらい「非日常的」な朝ごはんを食べようじゃないかと、空間自体ある種非日常的な
六本木ヒルズにやってきました。
向かうはGrand Hyatt Tokyo、"The French Kitchen"。
上質な空間にオープンキッチンから供されるバフェスタイルのメニューはどれもちょっとリッチ。
視界に入ってくるたくさんの外国からのゲストを見ていると、いったいここはどこなのか一瞬わからなく
なりそうになります。

うん、なんだかいい一日になりそうだ。

by alfa_driver1972 | 2005-12-18 23:55 | 一食入魂 | Comments(2)
2005年 12月 11日
SHIBUYA
c0053091_16111590.jpg
ひさしぶりにライブ録音のお手伝い。
残念ながらレコブースとホールが離れていて、会場の様子はモニター越しにしか見られませんでしたが、
ミキサー経由でスピーカーから流れる「ライブ」を聴くのもそれそれはそれでなかなか。
ピアノソロの演奏は耳にした事のある曲がたくさんで、とても心地よい時間を過ごせました。
いやぁ、役得役得。

by alfa_driver1972 | 2005-12-11 16:11 | foto+diary | Comments(0)