<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2006年 01月 28日
33,000ft.
c0053091_2345385.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
by my wife

羽田を離陸して約10分。
すこしウトウトしはじめたところに、機長からのアナウンスが飛び込んできました。
「ただいま左手前方に富士山をごらんいただくことができます...」

今日から地元、山口に帰省中です。
1年ぶりの海の香りと霞のかかった陽光が、妙に懐かしい。
おだやかのんびりです。

by alfa_driver1972 | 2006-01-28 00:03 | PENTAX *ist Ds | Comments(22)
2006年 01月 21日
snow
c0053091_17242812.jpg
c0053091_17402884.jpg
c0053091_17295584.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

横浜にも雪が降りました。
積雪、スニーカーがずっぽり埋もれるほど。
写真を撮りに散歩に出かけると、雪を踏む「きゅっきゅっ」という音が耳に心地いい。

いまも外を見るともっと細かくなった雪が降り続いています。
いつもとは違う白い風景がしばらく続きそうです。

by alfa_driver1972 | 2006-01-21 17:58 | PENTAX *ist Ds | Comments(10)
2006年 01月 20日
4th Anniversary
ちょうど4年前の2002年1月18日、大安の金曜日、天候曇り時々晴れ。
この日は会社をおやすみして、カミサンと二人で朝からそわそわどきどき。
時計が10時を回ったころ、玄関のドアの向こうからトラックの音が聞こえてきました。
「来た!」
表に飛び出し視界に飛び込んできた積車トラック、その上に載ってやってきたのが...
今の我が家の愛車 Alfaromeo147 です。
c0053091_2412558.jpg
納車された直後、湘南で撮った1枚


4th Anniversary More->>

by alfa_driver1972 | 2006-01-20 01:48 | alfaromeo 147TS | Comments(13)
2006年 01月 13日
新年食べはじめ
順調に消化しています、ちょっとヤバイくらいに...
c0053091_191492.jpg
1月3日都内サイクリングのあと、カミサンのお母様謹製「お汁粉」。
(僕としては「ぜんざい」と呼ぶ方がしっくりきますが)
(少し脱線。関西以西では漉し餡のサラサラタイプのみを「しるこ」といい、粒餡+お汁の場合は「ぜんざい」
となります。関東で「ぜんざい」というと汁なしの粒餡かけタイプ(これを関西では「亀山」というらしい)
のことを指し、粒餡+お汁のものを「田舎汁粉」、漉し餡+お汁のものを「御前汁粉」なんていうらしいです。
しかしコレ、諸説粉々でいろんなローカルルールがあるみたい。ややこしいなぁ)
c0053091_194970.jpg
「鏡開き」には「関東風お雑煮」。
(僕の実家、山口風「田舎雑煮」(肉・魚類が入らずお餅は焼かずに煮る)は1月2日にいただきました)
c0053091_0523211.jpg
僕の実家から送ってもらった冷凍「エビフライ」、これがかなりいけてるお味でして...
c0053091_0533920.jpg
我が家では強くリクエストしないと出てこない「牡蠣」、しあわせのひととき。
c0053091_0543513.jpg
最近めっぽう味が安定してきた「ぶり大根」、ぶりは「アラ」を使っていてコラーゲンたっぷり。
c0053091_0563599.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED + AF280T

デザートはパティシエ辻口氏の自由が丘のお店「ロール屋」の「ロールケーキ」。
ここのおかげですっかりロールケーキ好きになってしまいました。
かなり美味です。

体が重いのはけっして気のせいではないな、こりゃ。

by alfa_driver1972 | 2006-01-13 01:15 | 一食入魂 | Comments(10)
2006年 01月 10日
冬の江ノ島
c0053091_22531532.jpg
江ノ島までお散歩に行ってきました。
これより前、今年の「走り初め」は年明け1月3日、アルファ仲間といっしょにいつもは車が多くてなかなか
走れない都内へ。
(Janoさんお世話になりました)
「起点」日本橋から箱根駅伝のゴールにもなっている大手町、品川、外苑、皇居をぐるっと回る約30km。
年始のお休みモード一色の都内は交通量も少なめ。
いつもは車からしか見ていない風景を自転車で走る新鮮さを感じながら、ノンビリツーリングできました。

というわけで今日は新春第二弾。
「じゃ軽く江ノ島まで」って、最初はあれだけビビっていたのが嘘のよう。
片道約25km、境川サイクリングロードを下りゴールの江ノ島まで一時間半コースです。
c0053091_22533732.jpg
いつもは車の多いR134も今日は少なめ。
道路沿いのカフェでちょっと一休み。
冷えた体にあたかかいコーヒーがありがたい。
このひとときのために走ってるようなもんですな。
c0053091_22565279.jpg
c0053091_225413.jpg
SONY DSC-F77

この日の気温8℃。
薄手の重ね着とレッグウォーマー、厚手の手袋でそんなに寒さは感じないのですが(はたから見ると
そうは見えないだろうな)、足先はだけはちょっとジンジンします。
運動量を増やして体温を上げようとすると、スピードが上がる分切る風の冷たさに負けそうになります。
夏と比べるとどうしてもペースおさえめになっちゃいますね。

日陰の冷たさはさすがに厳しいものがありますが、お日様の当たる場所は意外とあたたか。
西の海の向こうに急旋回し始めた太陽が冬の海を輝かせます。

さ、日が暮れないうちに帰るとしましょう。

by alfa_driver1972 | 2006-01-10 22:46 | Bicycle | Comments(6)
2006年 01月 07日
せり なずな
c0053091_22455529.jpg
ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。
菘(すずな)は蕪(かぶ)、蘿蔔(すずしろ)は大根なんですってね。
全部「草」だと思っていたのでちょっと意外でした。

1月7日は節句の一つ「人日」(はじめて知りました)。
「七草粥」です。
本当は朝いただくものらしいですけど、今日は夕食代わり。
お正月で疲れた胃にやさしいお粥の味が沁みます... って、年取ったかな。
c0053091_22533850.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED


by alfa_driver1972 | 2006-01-07 22:50 | 一食入魂 | Comments(8)
2006年 01月 04日
夜明けへのカウントダウン Part3
(Part1はこちら
(Part2はこちら
c0053091_1924592.jpg
東京タワーからほど近い六本木ヒルズにやってきました。
けやき坂のライトアップもオールナイトで点灯中。
現在の時刻午前5時30分、夜明けまであと1時間。

そう、ここが今日最後の目的地です。
ヒルズの展望台「東京シティービュー」のサイトにあった“海抜250メートルから初日の出を見よう!”
に応募したところ、見事当選。
別途入場料は取られるんですけどね。
ただなかなか貴重な体験には違いありません。
東京上空から眺める初日の出、さていかがなものでしょうか。
期待に胸膨らませつつ、静まり返ったビルの中に入っていきます。
c0053091_18593730.jpg
日の出まであと30分、東の空がすこしだけ白けてきています。
しかし、雲が厚い...
これはちょっとどうかな。
c0053091_18511287.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

午前6時50分、初日の出があがった「はず」の東京です。
残念ながらご来光を拝むことはできませんでした。
夜から朝へと変化していく東京の姿もなかなか面白かったので、ヨシとしましょうかね。

展望台ではお膝元のテレビ朝日が生中継をしていて(お天気お姉さんもキレイだったッス)、振る舞い酒を
いただくことができました。
升をお土産でいただいて、出口では展望台の入場券までいただいて、やっぱり幸先いいやね、これは。

がらがらの首都高を通って家に着いたのが午前8時。
完徹で遊ぶのなんていつぶりだろ。
のんびり過ごすはずの正月がのっけからこんなことになってしまいました。
これは今年の行動を暗示しているのか... さて。

by alfa_driver1972 | 2006-01-04 19:35 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)
2006年 01月 02日
夜明けへのカウントダウン Part2
(Part1はこちら

丸の内をあとにして、年が明けたばかりの都内をドライブです。
いつもは車の多い日本橋や銀座もがらがら。
この調子だったら、さすがのあそこも空いてるかな?
時計は午前4時を指しています、ちょっと向かってみましょう。
c0053091_2250798.jpg
毎年三が日に日本一の参拝者(300万人!だって)を集める明治神宮です。
こっちに出てきて13年、初めて訪れました。
1月1日とはいえこの時間だと空いてるもんですね。
明け方の冷え込みはあるものの風もないおだやかな空気の中、のんびり参拝できました。
よしよし、ここもいい感じだよ。
c0053091_22575697.jpg
今日は「参道」として通った表参道には、露店が軒を並べています。
急に食べたくなった昔懐かしいベビーカステラ、焼きたてフワフワでおいしかったなあ。
さ、小腹も満足したところでもうすこしドライブを続けましょう。

ふと見上げると東京タワーのライトアップが見えました。
いつもは0時ごろに消えるはずですが、大晦日はオールナイトなのかな。
ちょっと近くまで行ってみましょう。
c0053091_2245734.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

展望台の入口には初日の出をここから眺めようとする人たちがずらり。
そうか、あと2時間もすれば夜明けか。
僕たちも次の目的地に向かいましょう。

Part3へ続く

by alfa_driver1972 | 2006-01-02 23:30 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2006年 01月 01日
夜明けへのカウントダウン Part1
新年あけましておめでとうございます
今年もどうぞよろしくお願いします


2006年も写真に自転車に車に食べ物に
気の向くままいろいろとお伝えできればいいなと思っています
みなさま、どうぞお付き合いくださいませ


さて、話は大晦日にさかのぼります。
はじめての家での年越しということで、紅白見てお蕎麦食べてとベタな年末を満喫していました。
しかし、頭のすみっこにずっとひっかかている気になる情報が。
それは今年で東京ミレナリオ休止、そしてその最後のライトアップが元旦午前0時からおこなわれると
いうこと。
前日までの情報だと入場するのに2時間かかるとか、なによりこの寒い中そこまでする価値あるのか。
ゆく年くる年の鐘の音を聞きながら2人で悩むことしばし。
「え~い行っちゃえ」と新年を迎えたあと、147で一路丸の内へ突撃しました。
行かずに後悔するより行って後悔しようじゃないか、新年だしね。
c0053091_2059139.jpg
c0053091_0114193.jpg
c0053091_012671.jpg
c0053091_0125461.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

現地到着午前1時30分。
しんしんとした冷え込みの中、人ごみを覚悟しながら東京駅から会場に向かうと...
あれ、あれれれ、意外とスムーズに列は進み、すんなり入場できてしまいました。
もちろん人はたくさんいますが、歩けないほどではありません。
これは年明け早々幸先いいぞ。

はじめての光の回廊を歩いていきます。
あふれんばかりの光の洪水、なかなか見事なものです。
見上げてみたり、横によけて立ち止まったりしながらのんびりと2往復。
気がつくと消灯のせまる3時前になっていました。

今年で7回目の東京ミレナリオ、冒頭のとおりしばらくのお休みだそうです。
最後の最後で見ることができて、まずは大満足な2006年の幕開けでした。

さて家に帰...らないんです、これが。
この続きはPart2で。

by alfa_driver1972 | 2006-01-01 22:00 | PENTAX *ist Ds | Comments(2)