<   2006年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
Looking Back at 2006
c0053091_19341044.jpg
終わってしまえばいつもあっという間の1年間。
今年もとても充実した日々を送ることができました。
あと数時間で迎える新年を前に、2006年を振り返ってみたいと思います。

Looking back at 2006 ->>

by alfa_driver1972 | 2006-12-31 18:23 | foto+diary | Comments(10)
2006年 12月 30日
師走の昼下がり
c0053091_21482067.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

まったく、猫の手も借りたいくらい忙しいというのに...

by alfa_driver1972 | 2006-12-30 21:50 | PENTAX *ist Ds | Comments(14)
2006年 12月 27日
旅は道連れ
ほんの少しだけ懐の暖かい12月、今年の自分へのごほうびです。
c0053091_148494.jpg
c0053091_1482095.jpg
Rimowaのスーツケース"Classic Flight"。
いろんなラインナップがある中、このシンプルで無骨なデザインにやられました。
c0053091_1511145.jpg
c0053091_1513094.jpg
はじめてのRimowaなのですが、さすが、大きさの割りにとても軽いです。
反面、薄いジュラルミンの外版は頑丈だけどやわらかめ。
空港(特に海外)でのあつかいを考えると、すぐに凸凹になりそう... ま、それも「味」ですね。
使った数だけ、旅をした数だけ勲章が増える、そう考えましょう。

一緒にいろんなところに行けるといいね。
c0053091_2305374.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED + AF280T


by alfa_driver1972 | 2006-12-27 22:30 | PENTAX *ist Ds | Comments(18)
2006年 12月 26日
Making Christmas 2006
みなさまのクリスマスはいかがでしたか?

昨年の "bûche de noël" に引き続き、今年もケーキはカミサンの手作りでした。
これまた昨年とかぶりますがメーキングの様子をご覧アレ。

まずはスポンジ作りから。
c0053091_0295957.jpg
ホイップマシーンであらかた泡立たあとは、ハンドホイッパーで仕上げるのがコツ、だそうですよ。
しっかり角が立つくらいに混ざったら、
c0053091_035311.jpg
型に流し込んでオーブンで焼くこと25分。
ふくらむ様子を見ながら、部屋にあま~い香りがただよってくると、
c0053091_036611.jpg
かなりいい感じで焼けました、すばらしい。

ちょっと冷ましている間に、イチゴを準備して。
c0053091_0364664.jpg
生クリームをつまみ食いしながら(毎年恒例です)泡立てたら準備完了。
さあ最後の仕上げですよ。

スポンジを3等分にスライスしたら、
c0053091_0381539.jpg
クリームをたっぷりとペタペタ。
c0053091_0384521.jpg
イチゴを並べて...
c0053091_039821.jpg
1段、2段と重ねたら、そろそろ佳境に入ってきました。
真剣な眼差し、邪魔したら怒られそうです。
c0053091_0394282.jpg


ケーキのほかにはこんなものも。
c0053091_1142740.jpg
ツリーのかたちをしたカワイイサラダ。

そして今年のHIDEシェフの一品は、
c0053091_0502134.jpg
名古屋コーチンのローストです。
表面にオリーブオイルとハチミツを塗って、オーブンで油をかけながら、野菜といっしょにじっくりじっくり
焼き上げました。
ソースはオーブンの天板に残ったエキスを白ワインでのばして、そこにバターを加え、最後にレモンを
ギュッと一絞り。
いやね、自画自賛ですが... なかなかいけてましたよ。

さてさてケーキはこのとおり。
c0053091_044253.jpg
c0053091_1405849.jpg
#1-8, 11 PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T
#9, 10, 12 PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED + AF280T

今年はシンプルなイチゴのショートです。
スポンジの味と食感がバツグンで、たっぷりの生クリームといっしょにおいしくいただきました。

まさに手作りなクリスマス。
クリスマスソングをエンドレスでかけながら、2人でたのしいパーティーでした。

by alfa_driver1972 | 2006-12-26 01:28 | 一食入魂 | Comments(8)
2006年 12月 24日
we wish you a merry christmas!
c0053091_22342941.jpg
c0053091_22345295.jpg
c0053091_22354823.jpg
c0053091_22352210.jpg
c0053091_2322182.jpg


by alfa_driver1972 | 2006-12-24 22:41 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2006年 12月 23日
でんきを消して、スローな夜を。
12月22日、冬至。
仕事を終えて家に帰ってくると、家中のあかりが消されてたくさんのロウソクに火が。
c0053091_0143352.jpg
「どうしたの、今日は」
「冬至にね、でんきを消して過ごしましょうってイベントがあるの」
c0053091_2193659.jpg
ふむふむ、なるほど。

テレビを消して、ラジオも消して... けどデジカメはスイッチオン。
何枚か撮影したら... スイッチオフ。
c0053091_027552.jpg
c0053091_0184960.jpg
いつもは聞こえない窓の外の車の音、上の階の方の生活する音。
そしてまっすぐに立ち上がるほのかな光。
c0053091_219437.jpg
PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4

「でんきを消して、スローな夜を。」
忙しい師走にちょっとのんびり、いい夜でした。

by alfa_driver1972 | 2006-12-23 23:50 | PENTAX *ist Ds | Comments(12)
2006年 12月 12日
147 + iPod - 検討編(68,000km)
(装着編はこちら

先日購入したiPod、1日約3時間の電車通勤に大活躍してます。
不思議なもので、これまでは音無しでもぜんぜん退屈しなかったのが(雑誌無しだと耐えられないけど)、
iPod生活に慣れてくると音のない通勤がつまらなくて仕方がなくなります。
家中のCD約300枚をほぼ取り込んだのですが、こんな曲あったっけという新鮮な驚きがあって、なかなか
たのしいです。

唯一不満点といえばバッテリーですかね。
公称「音楽の再生時間: 最大14時間」となっていますが、通勤2日、すなわち6時間くらいでほぼ空になります。
もう少しもってくれると手間がかからなくていいかな。
大きさ、重さは、ジャケットのポケットにいれてしまえば気にならない感じ。
ジャケットレスな夏場をどうするか、ま、そのとき考えましょう。

...と、すっかりiPodを買った「主目的」を忘れそうになっていました。
もともとは147の新オーディオソースとして購入したのでした。
さてこの黒いiPodをどうやって147に装着しようか。
ざっと調べたところ、147でiPodを楽しむには以下の方法があるようです。



1.iPodにトランスミッターを装着
 
 長所:お手軽、比較的安価(¥5,000~¥10,000くらい)
 短所:音質、ノイズが有線と比較すると劣る

 星の数ほど発売されているiPod用のFMトランスミッターを使う方法です。
 iPodの音声をFM電波に乗せて、チューナーで受信します。
 ヘッドユニットとの接続が必要ないので施工が簡単。
 ほとんどのトランスミッターはシガーソケットから電源を取ることができ、iPodも充電可能です。
 ただ音質的にはFM以上の音質にはどうしてもならないので、有線と比較してしまうと不満が残ります。
 トランスミッターの性能によって音質、ノイズの有無などもかなり差が出るようです。



2.ice>Linkをつかってヘッドユニットと接続
 
 長所:有線で安定した音質、ヘッドユニット(=ステアリングのボタン)からiPodの操作可能
 短所:高い(¥29,400(クレードル込み))

 147のヘッドユニットは標準ではiPodの接続に対応していませんが、接続できるようにするキットが
 社外品で発売されています。
 それがこのice>Link。
 仕組みとしてはiPodをCDチェンジャーと見せかけて接続するというもの。
 (なのでCDチェンジャーは使えなくなります)
 ヘッドユニットからiPodのコントロール(早送り巻き戻し、プレイリストの選択など)が可能、iPodの
 充電も可能、コンフィグレーションも各車種用にしっかり用意されているようで、一番間違いのない
 接続方法だと思われます。
 しかし最大のデメリット、ちと高いです...
 もう1台iPodが買える金額とあって、ちょっと躊躇してしまいます。



3.アルファロメオ純正のiPod専用ケーブルでヘッドユニットと接続
 
 長所:有線接続にしては比較的安価(¥18,900(クレードルなし))
 短所:情報が少ない

 個人的に本命だったのがこの方法、アルファロメオのオプションカタログを眺めていて見つけました。
 昨年だったか、「147 iPodパッケージ」という、147とiPod nano 2GBがセットになった限定車が
 あったのですが、おそらくこの方法で接続していたんでしょう。
 純正だけあっておそらく接続には何の問題もないと思われますが(Alfaだけにあてにならない気がする
 のもまた事実)、いかんせん情報が少ない。
 ネット上を探してみても「装着例」が見当たらないのと、どういった機能があるのかがわからない。
 もしヘッドユニットに音声出力をつなぐ「だけ」だとしたら、逆にこの金額は高い気がする。
 ディーラーに問い合わせてみればいいんでしょうが、なぜかそこまではする気が起きず、この方法は
 ちょっと保留。



個人的には「有線接続」にこだわりたいのですが、どうも費用対効果が悪い気がします。
なにか他の方法ないものかといろいろ探していたところ、「そういえば」とピンとくることが...

147のオーディオヘッドユニットはBLAUPUNKTというカーオーディオメーカーのOEMです。
(前期2Lモデルで標準の「BOSEシステム」は、このヘッドユニットにBOSE製のアンプとスーパーウーファー、
スピーカーユニットを組み合わせたものです)
BLAUPUNKTはドイツの会社で、BOSCHグループの一員。
日本ではかなりマイナーなメーカーですが、欧米・アジアではそれなりにメジャーなようです。
最近カーオーディオメーカーが「iPod対応」をうたい文句にして、オプションの接続キットを販売したりして
いますが、もしかしたらBLAUPUNKTも同じようなことをやっているのではなかろうかと...

さっそく検索... ありましたありました、こんな商品が。
"iPod interface"、そのものずばりです。
ice>Link同様、iPodをCDチェンジャーとしてヘッドユニットに接続するケーブルのようです。
ファンクションを見てみるとヘッドユニットからの各種操作にiPodの充電可能など、ほぼice>Linkと同機能。
これでもし安ければかなりお得感があります。

というわけで次はお値段の調査... 
最初に見つけたのは、イギリスのショップのネット通販で£65(約¥15,000)ほど。
送料(エア便だとおよそ¥3,000くらい)を考えるとアルファ純正とかわらない感じ、ちょっと高いなぁ。
そこでオークションサイトのeBayを見てみると、アメリカのショップらしきところがUS$70くらいで出品
しています。
他に香港のショップだとUS$50くらい... モノは同じなのにずいぶん安いです。
(興味のある方は iPod + BLAUPUNKT で検索してみてください)
香港だと送料も少し安いし、アメリカよりは郵便事情が信用できます(←重要)。
よしここで決定! じつはebayを使うのははじめてだったので登録をして、カードで決済してと。
送料込みで約¥8,000で購入することができました。
あとは無事届けばいっちょあがり... 海外通販だとそれが一番心配だったりするのですが...

到着するのを待つ間、いろいろ調べていて見つけた気になる一文、
「この商品は多くの車メーカーに出荷されているOEMユニットには適合しません」
とな。
う~ん、やっぱりそうか。
けどiPodをCDチェンジャーとして繋ぐ方法自体は同じだし、機能に制約はあるとしても上手くいったり
するんじゃないかなぁと、甘い期待をしてみます。
ていうかもう買っちゃったし、とりあえずダメ元でやってみよう、と妙にチャレンジャーなマインドです。
(いいネタになるしね)

そして待つこと3日、無事成田の通関を通過して(関税はかかりませんでした)やってまいりました。
c0053091_1102489.jpg
しかし速いなぁ、香港で正解でした。
c0053091_1161799.jpg
すっかり夜でしたがさっそく取り付けにかかります。
すると驚愕の事実が!(ウソです)

ずいぶん長くなったので続きはのちほど...

(続きの装着編はこちら

by alfa_driver1972 | 2006-12-12 20:11 | alfaromeo 147TS | Comments(12)
2006年 12月 11日
ただたべるために
降りしきる冷たい雨の中、日の暮れはじめた湾岸線を東に。
横浜、川崎、東京と通過し千葉へ、東関東道へ接続、ここを通るのは秋の成田空港以来だなぁ...
その成田も通過し、はじめての地、水郷の町「佐原」へやってきました。
お天気がよければ観光も、だったのですがあいにくの雨で予定変更。
ただただうなぎをたべるためだけに、片道150kmの道のりをやってまいりました。

待ち合わせしていたのはwhitewildさんご一家。
雨の駐車場で合流、ご挨拶もほどほどに鰻屋さんへ突入です。
c0053091_1432488.jpg
まずは最初の一皿。
c0053091_032435.jpg
ごまかしがきかないことでは蒲焼以上の白焼きです。
生姜醤油を少しだけつけていただきます... ムム、まったくいやなにおいがしません。
ほどほどのやわらかさと香ばしさ、こりゃ旨いや。

そしていよいよ本命の登場。
c0053091_0374243.jpg
閉じた蓋から鰻が顔をのぞかせています。
「丼」はなんだかひさびさ。
c0053091_0393963.jpg
こちらは丼と同じ金額のうな重、ちょっとご飯が少なめな分、鰻の味を堪能できます。
c0053091_0443319.jpg
一度身を蒸す関東式にしてはすこし固めの皮を箸で切って、大きく開けた口にご飯と一緒に放り込みます。
甘すぎないタレ、しつこすぎない脂、なによりいっさいいやなにおいのしない上質な身...

「絶品」でございました。
みなさんが足繁く通われる理由がわかりましたよ。
鰻ってこんなに上質な「魚」だったんだということを、なんだかはじめて思わせてくれる味でした。

なにより、
c0053091_0542492.jpg
c0053091_0543254.jpg
#1 PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
#2-7 PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

うなぎ初体験の2人のこの食べっぷり。
きちんとしたものをきちんと食べる、どんな教育よりたのしくて大切なことですよね。
しかし白焼きに七味とは... お嬢さんやりますな。

ただたべるためだけに... とても贅沢な時間の使い方でした。

by alfa_driver1972 | 2006-12-11 01:23 | 一食入魂 | Comments(8)
2006年 12月 06日
エンジンオイル交換(68,100km)
「ピーッ... 油圧が足りません、ご主人様」
「ピーッ... 早くオイル足してください、体に悪いですよ」
「ピーッ... もうわかってんでしょ! オイル減ってるんだってば、交換しないとエライことになるわよ!」

コーナリングでピーッ、ブレーキングでピーッ。
アラームとともにインジケーターに出る表示はいつも同じなのですが(ENGINE OIL PRESSURE LOW)、
鳴る頻度が高くなると車から怒られているような気がしてなりません。

何度か書いてますが、147のTSエンジンはオイル食いです。
オイルの粘度・銘柄(とエンジンの個体差)で違ってきますが、おおよそ1L/2,000kmのペースで消費します。
そしてこれまでの経験上、およそ2~2.5Lくらい減ると「オイル圧低下」の警告が出るようです。
ちょうど5,000kmくらいでアラートが出る計算で、これがオイル交換にいいタイミング... とノンビリしてる
場合じゃありません。
オイルが容量(4.5L)の約半分に減っている訳で、早く交換しないとエンジン焦げちゃいます。

というわけで、箱根の前にオイル交換をしました。
前回(8月 62,500km)はオイルのみの交換だったので今回はエレメントも。
夜9時まで受付している大手量販店のオイル売り場で、さて、どれにしようかなと...

超メジャーなのに今まで使ったことがないブランドにしてみました。
選んだのは、Mobil1 DE(5W-40)。
Mobilってゲルマン系なイメージがあるんですよね、なんとなく(マクラーレンのスポンサーだし)。
バナナで釘を打ててもなぁと、今まであまり興味がなかったのですが(←かなり間違った認識)、
量り売りを割安でしたいたという理由もあり試してみることにしました。
おまけにこれまでかたくなに守ってきた粘度「10W-○○」も変更... 最近昔ほど10Wの選択肢が
ないんですよね。
今後のためにもここいらで一度5Wを使ってみたいなというのもありました(冬だしね)。

下抜き指定でお願いして待つこと1時間... そういえば最近下に潜ってあげてないなぁとか思っている間に
交換終了。
普通の大手量販店でアルファロメオのオイルエレメントまで交換できるなんて、便利になったモンです。

さて、肝心の交換後のフィーリングですが、かなり好印象です。
とてもスムーズにエンジンが回っている感じがします。
粘度が低いおかげか、Mobilマジックなのか... 始動直後のノイズも少なく吹け上がりが1段軽いイメージ。
これまで積極的に粘度の低いオイルは敬遠していたのですが、これは認識をあらためる必要があるかも。

あとは今後のオイル消費量と「タレ」しだいですね。
しばらく観察を続けようと思います。
にしても... オイルでこれだけ変化を感じたのは久々だなぁ...

by alfa_driver1972 | 2006-12-06 22:41 | alfaromeo 147TS | Comments(10)
2006年 12月 04日
Seven Colors
「師走」の声を聞いた途端、急に冷え込みが厳しくなってきました。
そろそろ箱根もシーズンオフ... 今年最後の「朝箱」開催です。

この日は朝から猫の目天気。
c0053091_1105127.jpg
お天気雨に虹がかかったかと思うと、
c0053091_1112132.jpg
山の上は曇りのち晴れのち雨の忙しい空模様。
c0053091_1443942.jpg
気温3℃と数値上はとっても寒そうな芦ノ湖でしたが、風がないおかげかけっこう外でおしゃべりできましたね。

参加台数はちょっと少なめの4台(+1台)。
いつもの場所に車を止めて、いつものようにいろいろ談義と撮影大会。
c0053091_1155070.jpg
今日の主役はささぼうさんのKangoo、フランス生まれの働き者。
c0053091_236164.jpg
c0053091_1203132.jpg
c0053091_1204098.jpg
晩秋の光線にイエローカラーが映えます。
万全の実用車なんだけど「それだけ」じゃないんですよね。
いい車でした、おつかれさま。

たまには自分の車も、せっかく洗車したし、カラヘリも持ってきたし。
c0053091_224030.jpg
c0053091_1552175.jpg
c0053091_1553566.jpg
約5年、68,000kmにしてはまだまだキレイ、かな。
前日交換したばかりの新しいオイルと冷たい吸気でエンジン絶好調、ワインディングロードを気持ちよく
流すことができました。

走ったあとはあたたかいコーヒーを飲みながらおしゃべり。
c0053091_242573.jpg
#1 PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
#2-11 PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

なんだかまだまだ話し足らない感じでしたが、今日はこのへんで。
年が明けたらまた集まりましょうね。

【オマケ写真】

by alfa_driver1972 | 2006-12-04 01:00 | alfaromeo 147TS | Comments(12)