<   2007年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2007年 07月 30日
土用の丑の日
c0053091_22224734.jpg
PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

しめしめ、また一人...  - 平賀源内

by alfa_driver1972 | 2007-07-30 21:52 | 一食入魂 | Comments(6)
2007年 07月 28日
ショックアブソーバー交換(75,800km) - 交換編
「選定編」はこちら
c0053091_22132934.jpg
選定が終わってしまえばあとは交換するのみ。
さっそく、いつもお世話になっているディーラーで作業スタートです。

2人がかりでやってもらっているので、進行が早い早い。
作業開始から30分でフロントの交換が終わっていました。
c0053091_22172912.jpg
こちらが取り外した純正ショックアブソーバ、70,000kmあまりおつかれさまでした。
c0053091_22182910.jpg
そしてこちらがこれから装着するモンロー・リフレックス。
溶接の品質なんかはやっぱり値段なりですかね... まったく見えなくなる部分ではありますが。
c0053091_22314731.jpg
同時に交換するアッパーマウント、こちらは取り外した古いモノ。
パッと見、特に損傷はなさそうですが、今後数万km走ると思うと交換が吉ですね。
c0053091_22402410.jpg
リアのアッパーマウント、こちらもこれまでついていたモノ。
ゴム部分にすこし劣化が見られます。

リアの交換は内装を外す必要があるのでちょっと時間がかかりましたが、トータル3時間弱で交換終了。
できる部分はできるだけDIYしたいと思っているのですが、足回りの作業はリフトやインパクトレンチなど
がないと、ちょっと難しいですね。
プロに任せて安心でした。


さて、おたのしみのインプレッションです。
さっそく夜の首都高で「リベンジ」してきたのですが...

いやはや、劇的に変わりました
新車のときの乗り味はきっとこれに近かったんだろうなぁと思います。

まずは乗り心地。
抜け切ったショックアブソーバーはフワフワと当たりはやわらかかったものの、強めの入力が入るとすぐに
底付きして、ボディ全体をギッコンバッタンと揺らしていました。

はたして交換後は... まるで上質なサッカーボールのような乗り心地になりました。
しっかり吸収してしっかり反発する、とても自然な動きです。
高速でのギャップもタタンッっと一発で吸収し、イヤなおつりがのこりません。
かといって当たりが固いわけではなく、タウンスピードではしなやかな動き。
わざと段差を踏んでは、足回りのスムーズな動きにムフフと笑みがこぼれます。

そして、それ以上に変化が大きかったのがコーナーでの挙動。
しばらく忘れていた、「電信柱におしっこをひっかける犬」の動きがよみがえりました。
もともと147はロールが大きめなセッティングなのですが、その動きはコーナーリング時、外脚(左コーナー
なら右脚)がしっかり踏ん張って、内側の脚(左脚)が「ひょいっ」っと上がるようなものなんですね。
これが犬のマーキングの動きにそっくり...
文字通り「腰砕け」でフラフラと安定しなかった状態から、ロールするけど安定している、本来の味付けが
戻ってきました。
狙ったラインにスパっと乗せることができて、こりゃあ気持ちイイや...

タイヤを新品にしたとき以上に変化が大きいです。
クルマの「芯」のようなものがしっかりと復活しました。
そして、「純正同等」のMONROEの選択も間違っていなかったと確信できました。

トラウマになりかけていた足回りの交換、今回はなかなかの成功ではないかと。
なんとなく10万kmの大台が見えてきたような... これからも大過ないことを祈りましょう。

最後に、ひとつだけ残念なこと...

by alfa_driver1972 | 2007-07-28 23:30 | alfaromeo 147TS | Comments(8)
2007年 07月 27日
ショックアブソーバー交換(75,000km) - 選定編
「なんか乗り心地悪くなってない?」

先日147で、カミサンと首都高を流していたときのこと。
助手席からのボソッとしたつぶやき。

たしかに、なんだかドタンバタンと乗り心地が悪い。
きっと民営化されて舗装を直す頻度が下がってるんだよ、と言ってはみたものの、それはあきらかに現実逃避。
冷静に考え直して... 一番考えられるのは気温上昇によるタイヤの空気圧の変化。
夏前だし一度見直してみないとね。

後日、空気圧を見るといつもより1割くらい高い様子。
(ちなみに僕はやわらかめが好きなので、常時2.2kくらいです)
いつもの値に戻すとほぼいつもどおりの乗り心地になったものの、どうも一気に足回りの「ヤレ」が進んで
しまったような気がしてなりません。
もともとかなりのロールを許す147ですが、最近高速でカーブを回るとき、ちょっと恐怖心が出ちゃうくらい
「腰砕け」になることもあったり。
こういうのって一度気になりだすと止まらないですよね...
5年半、75,000km無交換だしなぁ、そろそろ足回りのリフレッシュでも考えますか。
(逆に考えると、よくここまで大きな不満も出ない程度にもってくれたものです)

以下、長文失礼します...

by alfa_driver1972 | 2007-07-27 19:30 | alfaromeo 147TS | Comments(8)
2007年 07月 22日
霧のち夏
すっかり「季節行事」になりつつある朝箱... と思っていたら、なんと今年初だったんですね。
いつものみなさまとはなんだかんだでお会いしているので、ぜんぜんそんな感じがしませんでした。

もう梅雨明けしてるでしょ、と前もって決めた日程。
そんな期待をよそに、芦ノ湖に向かう山の上の駐車場はこんなぐあい。
c0053091_2155446.jpg
うーん、「雨天中止」を「雨天決行」にしたのはちょっと失敗だったかしら...
2代目kangoo初お目見えのささぼうさん、しっかり雨具装着です。

いつもはここから芦ノ湖スカイライン直行が定番なのですが、この霧と雨じゃねとコース変更。
こちらも朝箱の定番スポット、cafe GIULIAに舵をとります。
c0053091_2157847.jpg
「緑燃ゆ」の言葉がぴったりな千石原まで下ってくると、いい感じに雲がとれて雨もやんできました。
コレ幸いと、大人数のみなさまは特別席へご案内。
c0053091_2213772.jpg
c0053091_2203485.jpg
雨上がりの草木の香りが最高のスパイス。
贅沢な時間です。

すっかりお腹もいっぱいになって、お天気ますます回復傾向。
c0053091_2225918.jpg
キュートなお嬢様とともに朝箱初参加、whitewildさんの「オレンジ号」もすっかり準備万端。
c0053091_2292547.jpg
各車、思い思いの快音を響かせながら、ほどなくいつもの芦ノ湖到着。
しかし、ここは箱根でも屈指の霧の名所。
下界の晴天なんぞお構いなし、まだまだ霧の中なのでした。
c0053091_22504783.jpg
c0053091_22105827.jpg
これはこれでなかなか雰囲気があっていいもんです。
五里夢中ともいいますしね...
c0053091_2212442.jpg
c0053091_22121357.jpg
そんな霧の湖畔に浮かぶイタリア生まれの小舟。
天下の剣の山道はいかがでしたか?
たまにエンジンぶん回すと気持ちイイですよね。

いつものとおりなにをするでもなく、あれやらこれやらだべっていると(しかし話が尽きませんな)、ゆっくり
日差しが顔を出してきました。
c0053091_2216116.jpg
なーんとなく147の目が「ニヤッ」と笑っているような...
c0053091_22544565.jpg
#1-6 PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
#7-12 PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

ひさしぶりの夏空はとてもすがすがしく、その蒸し暑さもどこか心地よかったのでした。

次はその夏が終わったころ、かな?
芦ノ湖でお会いしましょう。

by alfa_driver1972 | 2007-07-22 22:56 | alfaromeo 147TS | Comments(16)
2007年 07月 21日
A long way to al dente
c0053091_181222.jpg
今年もめでたく誕生日を迎えることができました。
年齢にかかわらずうれしいもの、だったのですが、四捨五入して「不惑」突入はさすがにこたえます...

さておき、誕生日はいつものようにオウチでごちそう。
c0053091_195455.jpg
ガスパチョに、
c0053091_112133.jpg
タパスに、
c0053091_1125033.jpg
イベリコ豚の生ハムに、
c0053091_1131134.jpg
そしてメインのパエリア。
見事なスペインナイトだったのでした。
ごちそうさま。

そして食後にいただいた大きな包み。
c0053091_1141832.jpg
同じラテンのイタリアからやってきたシルバー。
c0053091_343874.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED + AF280T

はい、これからもアルデンテを極める所存であります。

by alfa_driver1972 | 2007-07-21 01:24 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2007年 07月 16日
4:00 a.m. Tokyo
c0053091_18594252.jpg
中目黒でお茶をして、
c0053091_18525185.jpg
東京タワーを見上げて、
c0053091_1843232.jpg
首都高に乗って、
c0053091_19322376.jpg
台風明けの朝焼けを見て、

家に帰りました。
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
#3, #4 by Yuko


by alfa_driver1972 | 2007-07-16 19:32 | PENTAX *ist Ds | Comments(16)
2007年 07月 13日
まもなく
けどまだ眠い。
c0053091_21353498.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical


by alfa_driver1972 | 2007-07-13 19:00 | PENTAX *ist Ds | Comments(10)
2007年 07月 09日
il bianco
c0053091_23293134.jpg
c0053091_23595387.jpg
いつもお世話になっているBarのマスターがLancia DELTAに乗っていることは、それこそはじめてお店に行ったときから
聞いていたのですが、じっくり拝見するのははじめてのこと。
帰り際をつかまえて「ちょっと時間ください」、急いでカメラを取りに戻りました。

Barというのはなにより「相性」が大切、とどこかで書いた気がしますが、マスターが同じイタリア車好きというだけで、
ちょっと、いやかなりハードルが下がった気が。
お店に通い始めた頃は、それこそ毎度のようにバッテリーがどうのオイルがどうのなんて話をしていましたねぇ。
c0053091_23294988.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

助手席試乗させてもらったのですが、とても15年近く経ったとは思えない機関コンディションの良さ。
ヒューンと硬質なタービン音を響かせながら力強く加速していく様は、さすがラリー直系。
スパルタンながら洒落っ気のあるインテリア、今見るととてもコンパクトな、だけど存在感満点のエクステリア。
これは数年前に出会っていたら(いろんな意味で)やばかったなぁと...

「世の中で言われるほどイタ車って壊れませんよ」
と、ダブルクラッチを踏みながらマスター。
そうなんですよね。
その感性、どこか近しいものを感じてしまいます... 厚かましい話ですが。

ちょっと古めのイタリア車、昔乗っていた155をどこか思い出させてくれました。
やっぱり好きです、この感じ。

by alfa_driver1972 | 2007-07-09 23:55 | PENTAX *ist Ds | Comments(14)
2007年 07月 08日
七夕祭り
もうすこし七夕気分を味わいますか。

休日にしてはめずらしく電車に乗って、平塚にやってきました。
1日遅れの七夕祭りです。
c0053091_23545542.jpg
まだ日の光残る時間に到着したのですが、雰囲気が出てくるのはライトアップがきらめくようになったころ。
c0053091_23221414.jpg
c0053091_23225340.jpg
いやはや、1日はずしたとはいえかなりの人出です。
それと屋台の数もすごい... お好み焼き屋だけでも20軒くらい見た気がします。
c0053091_2346266.jpg
c0053091_23441984.jpg
はじめて七夕のお祭りにきましたが、撮影対象としてはなかなかむずかしいですねー。
お飾りにあるスポンサーネームとか、背景のビルとか。
まだまだ修行が必要そう... けどファインダー越しに見る「祭り」もなかなかいいものですね。
子どものころの夏祭りのドキドキと、また違ったワクワクを感じることができそうです。
c0053091_0175387.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED


by alfa_driver1972 | 2007-07-08 23:50 | PENTAX *ist Ds | Comments(10)
2007年 07月 07日
織鶴と彦鶴
c0053091_23531221.jpg
2007年07月07日、今年は7がひとつ多い七夕でしたね。
あいにくの梅雨空でしたが、雲の上では星がきらめいていたことでしょう。
c0053091_23573021.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical + AF280T

緑色の星と白い天の川で七夕気分。

星に願いを、健康いちばん。

by alfa_driver1972 | 2007-07-07 23:30 | 一食入魂 | Comments(6)