<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2007年 08月 29日
Hot Summer 8 hrs
c0053091_16354743.jpg
8月恒例の自転車イベントといえば... 筑波8時間耐久レース「夏の陣」。
2005、2006にひきつづき、今年で3回目の参加です。
日ごろの練習不足は忘れたことにして、いざ夫婦揃って真夏のアスファルト広場へ。

しかしまあ... このレースに参加するとつくづく自転車乗りってのは"M"だなぁと思います。
朝3時起きの6時集合、11時のレーススタート時にはすでに33℃オーバーの灼熱地獄。
我が足に自らムチを入れ、乳酸と心拍数を天秤にかけながらギアチェンジ。
ボーボーと風を切る音とゼイゼイと苦しげな呼吸、レッドゾーンの心臓の鼓動。
目標にしている平均速度を割り込まないように、約10kmのスプリント... もがけー。

ね、暑苦しいでしょ? なにもしなくても暑いのに。
なのにこのレースはなぜかいつも大人気。
c0053091_15484543.jpg
今回も300チーム、1,500人を超える老若男女のドM... いやいや、自転車好きのみなさまが集まったのでした。
下は小学生低学年の、未来のツール候補生もいたりして(すごく速いの)、緊張感の中にもどこかわきあい合い
とした雰囲気もありつつ。

まずは「たのしむ」、そして自分と「たたかう」。
最大の目標は「レース後のビールをおいしく飲む!」、これです。

今回我々は5名+6名の2チームで参加。
c0053091_15521167.jpg
奥にも同じオレンジ色のジャージが見えますね。
ホームストレートをはさむように、スタートポジションに並びます。
c0053091_15531877.jpg
太極拳で精神集中... ではなくてストレッチ中の新戦力bobさん。
今回もその「弾丸っぷり」をいかんなく発揮されてました。
c0053091_15565398.jpg
集団は「つく」ものではなくあくまでも「引く」ものだそうです... マネできません、ってかしたくありません。

11時にスタートしたレース、午後になって気温もグングン上昇。
この日の最高気温33℃、直射日光の照りつけるコース上はおそらく40℃超。
走っているときは不思議と暑さを感じないのですが、ピットに帰ってくると汗がノンストップでしたたり落ちます。
c0053091_1632679.jpg
c0053091_1633755.jpg
c0053091_2350481.jpg
c0053091_1634933.jpg
c0053091_1635659.jpg
さすがにみなさん、ちょっと表情が苦しそう。
けど参加当初の頃からくらべると、各自が各自なりのレベルアップをしていて、チーム全体のラップタイムは
見違えるほど。
春夏あわせるとかれこれ10回近くの参加、さすがにみなさん慣れてきましたね。
けどこのワクワクドキドキした心地よい緊張感はあいかわらずです。

私自身は、今回は5+5+4+6+2の合計22周、44kmちょっと走った計算。
すこし疲れが見えてきた、夕方にさしかかる6周のときの出来事。

集団の中ほどにいた(ラクしていた)ときのこと。
「誰か行ける人、前に出てー!」の掛け声に答えてフンと一踏み、集団の頭に立つと後方から「ありがとー」。
サッと手を上げてちょっといい気分... は2分くらいしか続かず、すぐに「スンマセン、誰か替わってくらはい」の
ヘルプサイン... あー情けなし。
はじめての先頭交代「らしき」ものは、わずか1周しかもたず、おまけに残り数周は完全に体力売り切れ。
いかんなぁ練習不足だなぁ... これから秋に向けてもっと走り込まなければと決意を新たにしたのでした。
毎回新たにしてるんですけど...
c0053091_16201918.jpg
19時のゴールに向かって日も傾いてきました。
刺すような陽射しもやわらぎ、すこし涼しい風がコースを吹き抜けはじめます。
c0053091_1623424.jpg
ラスト30分はピットロードがクローズされ、ライダー交代ができなくなります。
各チーム最後のピットインを済ませ、「エース」がオレンジ色のコースを駆け抜けていきます。
c0053091_16261365.jpg
ピットロードからの声援にこたえるように、どのライダーも飛ばしに飛ばす30分。

そして午後7時、いつ見てもちょっと感動してしまうゴール、つづいてウイニングラン。
c0053091_23344728.jpg
至近距離で打ちあがる花火の中、ライダーが手を振りながら帰ってきます。

長いような短いような真夏の8時間、これにておしまい。
あれだけ暑いのにあれだけしんどいのに、やっぱりまた来年も参加することでしょう...

そしてレースのあとはチームの皆さんと宴会へなだれ込み、あの1杯目のビールの旨さは筆舌に尽くしがたく...
これだからやっぱりやめられない。

P.S.
暑い中駆けつけてくれたwhitewildさん、FOXさん、応援&撮影ありがとうございました!
お二人のレポートはこちらから

 Unforgettable Days " 8hrs endurance. "(http://alaskav50.exblog.jp/6219628/)
 LiFE " Return Of The Roadie "(http://whitewild.seesaa.net/article/53064278.html)

 

by alfa_driver1972 | 2007-08-29 00:12 | Bicycle | Comments(14)
2007年 08月 24日
パンが襲撃
家に帰るとステキなお届けものが。
c0053091_015138.jpg
王蟲? いやいやいや...
ダンボールの中におっきなパンが4つも。
c0053091_031585.jpg
石釜で焼き上げられたくるみレーズンパン。
ゴリゴリッとブレッドナイフを入れると、プーンとイースト菌の香ばしくていいにおいが。
c0053091_065186.jpg
トースターで軽く焼いて、いただきまーす。

皮はさっくりパリパリ、中はしっとりモチモチ、レーズンとくるみがあまーい。
なにもつけずにモフモフモフと... おいしい!

つづいては送り主オススメの食べ方で。
c0053091_0115958.jpg
PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

薄くマヨネーズを塗ってチーズとハム... これが大ヒット。
ちょっと甘口のパンを「惣菜系」にして食べるのって、なかなか思いつきませんよね。
この意外な組み合わせはグッドでしたよ。
カマンベールとか乗せて焼いてみてもおいしそうだなぁ...

ステキな贈り物をしてくれたFOXさんに深く感謝! ありがとうございました。

しばらく我が家の冷凍庫は秘密のパン工場です。

by alfa_driver1972 | 2007-08-24 00:52 | 一食入魂 | Comments(8)
2007年 08月 19日
日回らないヒマワリ
c0053091_22405212.jpg
ヒマワリといえばお日様の方向を向いてるもんだとばっかり。
調べてみると、その動きは生長期のころだけだそうですね。
花が開くころには、どっしりと東向きに腰をすえるそうで。
c0053091_23134020.jpg
素直なお年頃の子は少数派のようです。

で、それはすなわち何を意味するかと言うと...
東を向いたヒマワリくんたち、お昼を過ぎると見事にすべて逆光になっちゃうんですね。
c0053091_22395277.jpg
せっかくご近所にあるんだから、もうすこし早起きして行けばよかった... 後悔先に立たず。
やはり黄色と夏空の「順光」コントラストで撮りたかったなぁ。
c0053091_22475147.jpg
c0053091_23101295.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

そんなことはさておき、見事なヒマワリ畑です。
近場にこんなところがあったなんて、不覚でした。

ただ写真的にはちょっと不発気味。
いつか必ずリベンジを。

by alfa_driver1972 | 2007-08-19 23:09 | PENTAX *ist Ds | Comments(14)
2007年 08月 19日
夢の国へようこそ
c0053091_1285393.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED

なにもこんな夏休みのど真ん中に... けど思い立ってしまったものは仕方がありません。
湾岸線を飛ばすと1時間で着いてしまう「夢の国」へ。

"LAND"訪問はもう何年ぶりかわからないくらいひさしぶり。
すっかり日が暮れたあとの「アフター6」、海風がほんの少し昼間の熱気を流し始めたころ。

みんな笑顔、並んでても笑顔、まるで魔法にかかってしまったよう。
すぐそこにある外界のことを、すっかり忘れてしまうことのできる夢の国。

蒸し暑くても人が多くても、なんでこんなに平和な気持ちになれるんだろう。
閉園までたった4時間の駆け足ツアー、とても印象深い夏休みの一日になりました。

by alfa_driver1972 | 2007-08-19 02:15 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2007年 08月 14日
ファインディング・ニク
夏真っ盛り、連日暑い日が続きますね。
食欲もどうも減退気味... つい簡単なもので済ましがち。

けど、こんな魅力的なニクなら話は別。
c0053091_19412193.jpg
山形生まれ山形育ちの山形牛。
最近すっかり「アウトドア隊長」のささぼうさんが仕入れてくれました。
この厚み、この霜降り... 本能直撃です、間違いないです。

で、こいつをどこで食べるかというと...
c0053091_19432645.jpg
もちろんアウトドアなのです。
味付けはシンプルに男らしく、塩と胡椒のみ。
けどそれがいちばんおいしいんですなぁ...

2年前の春にも一度利用した、海の近くの都内のキャンプ場。
隊長以下、いつものアルファ仲間の「夏休み」、バーベキュー大会なのでした。
c0053091_19522864.jpg
日差しも気温も急上昇でしたが、海風そよぐ木陰のおかげで思いのほか快適。
23区内とは思えないステキな環境です。
c0053091_20134359.jpg
このとおり、目の前には飛行機のみなさまが多数空を飛んでたりして。
飛行機好きにもたまらない環境だったりします。

いつものとおり、写真を撮る暇もないくらいいろんな食べ物がそろっています。
宇都宮生まれのこんなのや、
c0053091_19512668.jpg
アイデア勝負のシャリシャリデザート。
c0053091_19521280.jpg
おいしい料理と尽きない話にお腹もいっぱい、大満足でございました。

下は0歳からの総勢14名、なんせ今回いちばん思ったのは「準備撤収が早い」。
みなさん慣れていることもあってか、自然と役割分担できていて、とにかく動きが早い。
パパさんもママさんもそうじゃない人も、みんな働き者でエライエライ。

そんなことを感じた「大人の夏休み・屋外編」でした。
またおいしいもの食べましょうね。

by alfa_driver1972 | 2007-08-14 20:24 | 一食入魂 | Comments(8)
2007年 08月 09日
3776mの頂へ - Memorandum
さて、ここまでの記事を見てウズウズしているあなた(いるのか?)に送る、富士山登山のための備忘録。
いつかの自分のためでもありますが。

備忘録など ->>

by alfa_driver1972 | 2007-08-09 13:00 | 富士山登山 | Comments(10)
2007年 08月 07日
3776mの頂へ - 富士山登山その2
「富士山登山その1」はこちら
c0053091_2058951.jpg
【本八合目(3400m) - 頂上】
ご来光のパワーをもらって体も軽く... はならず。
登りで一番しんどかったのがこの最後の区間でした。
c0053091_20551791.jpg
このあたりから頭上をさえぎるものがなくなり、遠く上の方には九合目と頂上にある二つの鳥居が見えてきます。
よしあと少し、と最後の気力が出てきそうなものですが、どうにも体調が悪い。
頭痛が本格的になり、耳が遠くなったり、冷や汗が出て立ちくらみしたり。
これが俗に言う「高山病」か... 標高3500mをなめてはいけません。
さらに渋滞がひどくなりなかなか前に進まないのですが、そのおかげで休憩しながら登れることがかえって
幸いしています。
c0053091_2103395.jpg
意識朦朧としながら、九合目の鳥居を通過。
2人並ぶのがやっとなほどの狭くて険しい道、頂上までずっと人の列が続きます。
一歩進んでは止まりの繰り返し、頭上に見える頂上の鳥居が近づきそうで近づかない。
苦しい時間が過ぎます。

【頂上(3776m)】7:50
半分泣きそうになりながら、けど一歩一歩ゴールは確実に近づいてきます。
あと5回ジグザグを越えたらゴール、4回、3回、2回... 次を曲がれば...
c0053091_211175.jpg
登頂開始から8時間、狛犬に出迎えられてついに頂上にたどり着きました。
一人の落伍者もなく、怪我もなく、みんな揃って3776mの頂へ。
ホント、よくがんばりましたね。

ただそのころの自分はというと... 残念なことにバンザイと喜ぶ余裕はなく、まだ下りがあると考えると安堵感を
覚えることもなく。
それもこれも、このズキズキと痛む頭のせい... 水分も食料も口にする気にならず、今となってみれば
せっかくの頂上なのになにやってんだ自分。
みなさんが散策している間、荷物番をしながら本日初のダウンを喫してしまいました。
(せめて頂上の郵便局には行きたかった... 代理購入してくれたプリンPaPaさんに深く感謝!)

それにしてもすごい人の数です。
c0053091_2114144.jpg
各山小屋の呼び込みの声、なかにはやたらとヘビーなロックミュージックを響かせている店も。
ずらりと並んだ自動販売機に、土に返ろうとしているごみの山。
これが富士山の現実かと悲観的に考えてしまうのは、この体調のせいもあるのでしょうが...
国際的観光地富士山の頂は想像以上に栄えたエリアでした。

とはいえ、下山道近くから見える火口の姿は圧巻。
c0053091_2123714.jpg
遠く向こうには富士山測候所が見えます。
そしてもう一つ見ものだったのが雲の表情。
c0053091_2131591.jpg
モクモクと湧き上がり、山肌にぶつかって霧散する様子はまるで生き物のよう。
寝転がった視線の先で、早回しのVTRを見ているような不思議な光景でした。
(実は家に帰って写真を見て「おーこんなにすごかったのか」と驚いてみたり... いかに現地で余裕がなかった
のかってことですな)

空が青い、とっても青い、空が近い、太陽が近い。
酸欠気味のボーっとした意識の中で、まるで白昼夢を見ているような非現実的な時間を体験した気がします。

【頂上出発】10:30
降りなければ帰れません。
そうわかってはいても、途中で歩みを止めてしまいたくなるような単調な下り道がつづきます。
やわらかい砂利道がひざと足首を痛みつけ、着地の衝撃が容赦なく頭に響きます。
イタイイタイイタイ... ツライ... けど歩を進めなくちゃ帰れない...
永遠に続くのではないかと思うようなジグザグ道、思考回路を停止して足元だけを見つめます。
植物のいっさいない赤い土肌、ここが火星だといわれてもあまりおどろきません、きっと...
c0053091_2151628.jpg

【七合目(2700m)】12:30
まじめな話、七合目なんてどこにもないんじゃないかと思えるくらい歩き続けた気がします。
さすがにみんなの顔も疲労の色が濃く... 登りより下りがキツイというのは事実のようです。

ここで体調に変化が。
頂上から下り続けて、はじめて喉の渇きを覚えました。
プリンPaPaさんからジュースを分けていただき(なにからなにまでスイマセン)、一気に飲み干します。
気がつくと頭の痛みがずいぶん楽になっています。
頂上から下ること1000m、ようやく「高山病」を脱したようです。
いやはや、苦しかったなあ...

【七合目 - 五合目(2305m)】
ゴールまで残り3km、やっと人並みの思考能力が回復してきました。
前半のスローペースのおかげで足腰を温存できていたのか、比較的順調な足取り。
このあたりからは山肌に植物の姿が見えてきて、徐々にですが歩きやすい道になってきます。

やっと写真を撮る余裕も出てきました。
c0053091_21104071.jpg
c0053091_21105391.jpg
六合目からは登りのときと同じ道。
半日前はここを軽口を叩きながら通ったんだなぁ、かれこれ12時間以上歩きっぱなしか...
ほんの少し前のことのはずなのに、ずっと昔の出来事だったような感覚に襲われます。

【五合目到着】14:30
頂上から4時間、登頂開始から14時間30分、無事下山しました。
最初にしたこと... 一番近くにあった売店に駆け寄ってソフトクリームを購入。
甘さと冷たさが全身に染み渡ります... きっとこれ以上おいしいデザートにはなかなかめぐり合えない気がします。
c0053091_21111692.jpg
五合目から望む富士山。
見ると登るとでは大違いの霊峰富士。

いい経験ができました、間違いなく人生で何本かに入る思い出になりました。
その経験を共有できたすばらしい仲間に、まずは感謝。
おつかれさまでした、ありがとうございました!
みなさんにとってもいい思い出になったことを祈ります。

そして、今回の影の主役にも感謝。
おかげで最高の天気に恵まれたよ。
c0053091_21115095.jpg
一緒に登れてよかったね。


...そう、知ってます? 思い出ってツラいことを忘れてかぎりなく美化されていくんですよね。

「富士山に 登らない馬鹿 二度登る馬鹿」

「二度登る」に反応している自分はいったいなんなんでしょう。
あんなにシンドかったのに、ねえ...

by alfa_driver1972 | 2007-08-07 21:30 | 富士山登山 | Comments(16)
2007年 08月 06日
3776mの頂へ - 富士山登山その1
「いつかは」という気持ちはいつも持っていたのです。
日本人として生まれてきたからには一度くらいは。
だけどそれを実現するには、けっこうな勇気と思い切りが必要だったりします。

遠くからその美しい姿を見ることはあっても、その頂を目指すとなると話はまったく別。
登山の経験なんてないし、体力だって人並み以下だし。
そもそも、よく考えてみるまでもなく「日本一」ですよ、3776mですよ。
素人がそんな大それた場所に行けるものなの?
怖気つく心を言い訳で包みつつ、「いつかは」は「いつまでたっても」になりかけていたのでした。

そんなときでした、3776m経験者のプリンPaPaさんにお誘いを受けたのは。
あえて詳細は聞かず、いつもならネットで調べまくる用意周到さも姿を見せず。
とにかく「考えすぎない」、というかなにも考えずにOKの返事をしてしまっていたのでした。
いい機会だ、やってやろうじゃないかと、妙に男らしい決断力... 大丈夫なの?

スポーツショップに設置された「富士山に登ろう!」コーナーで必要最低限の持ち物をしっかり準備して、
あとは好天の週末を待つのみ。
金曜日夜出発の予定を一日延期し、土曜日の夜、ついに決行のサイン。
さいは投げられました。
たっぷりの不安で膨らんだリュックサックを車に詰め込み、いざ出発です。

22時、河口湖近くのスバルライン入り口に集合。
今回のパーティーは女性2人(もちカミサンも)を含む計6名、プリンPaPa隊長以外はみんな富士登山初体験。
なんだかんだいいながらみなさん格好がビシッと決まっていて、しっかり事前準備されている様子。
さすが「大人の遠足」です。

ここで簡単に富士登山基礎知識。
富士山への入り口は「富士宮口」、「河口湖口」、「須走口」、「御殿場口」の4つ。
今回は「河口湖口」からのアプローチ、2305mの五合目までは車でスバルラインを駆け上がります。
そこから3776mを目指すには標高にして1500m弱、距離にして7.5kmを歩く計算。
なんだ大したことないじゃないかと思うか、そんなにあるのかと思うか。
その答えは登ってみるとおのずとわかることになるのですが...

さてと... 登る前からすっかり文章が長くなってしまいました(悪い癖です)。
ここからはシンプルに(はならないだろうけど)、レポート形式でお伝えします。


【五合目手前】22:30
7~8月は富士登山のベストシーズン。
某アド街で取り上げられた影響もあったかなかったか、週末の駐車場は大混雑。
とはいえこれは織り込み済みのこと、五合目手前にある無料駐車場に車を止め、登山靴を履き、リュックを
背負い、まずは5合目までの1.5kmをてくてく歩きます。

【五合目(2305m)】23:15
c0053091_21443775.jpg
ほどなく五合目に到着。
すでに2300mの高地、ぐっと気温も下がっています(15℃くらい?)。
売店で「金剛杖」(お遍路さんが持っているアレです)を買い込んで、のんびりと薄い空気に体を慣らします。
頂上での「ご来光」の登山開始時間は過ぎているものの、まわりには同じような人たちがたくさん。

【五合目出発】0:00
日付の変わる午前0時、いよいよアタック開始。
ここから六合目までは道幅の広いゆるやかな道、霞の向こうに見える夜景を眺めながらのんびりハイキング気分。
まだまだ鼻歌交じり。

【六合目(2400m)】0:30
感覚的にはあっという間に六合目到着、まだまだ軽口をたたく余裕あり。
軽く休憩を済ませ出発。
ここからすこし道幅が狭くなりますが登りやすい道が続きます。

【七合目(2700m)】1:30
c0053091_21484193.jpg
すこし歩き疲れてきたなぁと思ったころに七合目到着、初の「山小屋」での休憩(軒先だけどね)。
金剛杖に1個目の「焼印」を押してもらいます。
c0053091_21491042.jpg
足腰の疲労以上に、動悸息切れがキツイ。
しっかり空気が薄くなっているんだなぁと実感。
微妙に頭が痛くなってきているのがイヤだなぁ...

【七合目 - 八合目】
七合目からは登山初心者にとっては十分本格的な岩場がはじまります。
岩に張られたチェーンをつかみ、杖とヘッドライトを頼りにえっちらおっちら。
足腰にはこたえますが、一歩で標高を稼ぐことができるのでモチベーション的にはかえって楽。
この区間は山小屋も多く点在していて、休憩がとりやすいのも助かります。
とはいえ、調子に乗るとすぐ息が上がって苦しい苦しい... 口数もどんどん少なくなってきます。

【八合目(3100m)】3:30
c0053091_21504541.jpg
ついに標高3000mを越え、ぐっと気温も下がってきます。
七合目から2時間、もう800mも登ってきたんだと思う以上に、あと600mも登らなくちゃいけないのかとガックリ。
このころになると、あと残り何メートルとかここが何合目であるのかとか、そういう情報にやたら敏感になります。
そんなへばり切った中、唯一のお楽しみは満天の星空。
白くなってきた息を整えながらボーっと頭上を眺めます。

【八合目 - 九合目】
さらに道幅は狭くなり、人の渋滞がはじまります。
道ばたにはダウンしてしまった人が倒れてたりして、無理もないなぁというか、自分がいつそうなっても
おかしくないなぁと。
WaTのかたっぽの歌が頭をグルグル回ります(♪わかーるわかるよキミの...)
いやはやキツイ、ただただシンドイ、頭も痛いし...

だいぶヘロヘロになってきたころ、だんだんと東の空が白み始めてきました。
c0053091_21522452.jpg
白み始めるというのは本当に空が白くなるんだなと感心しつつ、「ご来光」を眺めるスポットを見極めます。
八合目の次の本八合目(ややこしい)あたりで腰を下ろして、カメラを構えます。
c0053091_21595744.jpg
夜明け間近、みずからの稜線と眼下に山中湖が姿を見せてきました。
体温が下がって、吹きつける風がさらに冷たく感じられるころ、まだかな、そろそろかな...
c0053091_20555315.jpg
c0053091_2233278.jpg
c0053091_224054.jpg
午前4時50分。
ピンと張り詰めた冷たい空気の中、標高3300mの夜が明けます。
これまで見たどの夜明けとも違う、ここだけで見られる、登ってきたものだけが見られる太陽の姿。
感動的でした。

さあ、ご来光のパワーをもらって、いざ頂上へ!
しかしこのころからさきほどの頭痛が本格的に痛み始め... 無事登頂できるのか?

その2につづく...

by alfa_driver1972 | 2007-08-06 22:30 | 富士山登山 | Comments(10)