<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 16日
携帯電話
c0053091_2153846.jpg
PENTAX K10D + smc PENTAX-FA 50mm F1.4

K10D最大の、そしてのどから手が出るほど欲しかった目玉機能、「手ぶれ補正」。
3段は確実に効く感じで、50mmだとざっとss=1/8くらいまでは大丈夫そう。
ただ、あまり過信していると、家に帰ってモニターの前で頭を抱えることに...

なにごとも基本は大事です。

by alfa_driver1972 | 2007-11-16 02:03 | PENTAX K10D | Comments(12)
2007年 11月 12日
小さい秋
c0053091_23452877.jpg
お昼過ぎから近所の公園にお散歩。
すっきりと晴れた青空、すこしずつ冬の表情になってきました。
c0053091_23473918.jpg
PENTAX K10D + smc PENTAX-FA 50mm F1.4

できるだけ早く慣れようと、積極的にK10Dを持ち出しています。
こちらも新戦力のFA50との組み合わせ、勝手が違って、撮影後モニターを見ながらウンウン唸っておりますよ...

けど上の2枚は、なーんとなくいかにもK10D+FA50っぽいなぁと。
この空気感はDsだとなかなか出ない気がします。

by alfa_driver1972 | 2007-11-12 23:51 | PENTAX K10D | Comments(6)
2007年 11月 10日
Tokyo Motor Show 2007 - Cars will be cars (2)
ちょっと趣向を変えて、こんなのがガレージにあればなあ、なクルマたち。
c0053091_23434537.jpg
Lotus 2-Eleven。
こんなのでサーキットに通ってみたいなぁ、とか...
c0053091_234497.jpg
ダイハツ OFC-1。
2代目コペン? ちょっとファニーさが減ったけど小さくていいなぁ、とか...
c0053091_23442167.jpg
Dodge DEMON。
アメ車にしてはコンパクトなオープン、けっこうカッコイイなぁ、とか...
c0053091_035068.jpg
...やっぱ夢はこれかなぁ、とか。
男の子としてはやはりこういうクルマの見方がいちばんたのしいですね。

あと、ブースを巡りながら思ったのが...
c0053091_081011.jpg
c0053091_081983.jpg
c0053091_083374.jpg
c0053091_0104480.jpg
やたらとホワイトとシルバーのクルマが多かったですね。
ショー全体、パッと見の華やかさが不足していたのは、このボディーカラーのトレンドにもあるのかも。
ちょっと色温度が高めのこの白色、キライじゃないんですが洗車が大変かもなぁ、なんて思ったり。

そんな中、ひときわ輝いて見えたシルバーは...
c0053091_0135224.jpg
Audi R8。
写真でのイメージよりずっとコンパクトでスマート。
これはきっと“911イーター”になるだろうなぁ。
c0053091_0141877.jpg
きっぱりとピュアスポーツに振っていて、これまでのAudiのイメージをいい意味でくつがえしていました。
やっぱやるならここまでやらなくちゃね。

で、最後はこちら。
c0053091_0191365.jpg
やはりこのモーターショーいちばんの目玉だった、日産GT-R。

勝手な想像ですが、日産内の「旧GT-R派」と「新GT-R派」の意見調整が、最後までうまくいかなかったのではないかと。
あくまでもスカイラインの流れをくむ「ハコのスポーツ」なのか、これから世界中のスーパースポーツに正面から
メンチを切っていく「ピュアスポーツ」なのか。
どちらにも振りきれなかった中途半端さが目立つばかり。
c0053091_057514.jpg
Bピラーから後ろは複雑なラインでなかなかカッコイイんですが、Aピラーが前がそれを台無しにしてます。
この顔で血気盛んにメンチ切っても、プププって笑われそうでとっても心配...

乗ればすごいクルマなのは間違いないと思うんですけどね。
800万円以上を払うとなると、選択肢は世界中にごまんとあるわけで...
スーパーカー世代の末裔としては、もういちどNSXのような国産車の登場を願うばかりです。

いやはや、なんだかんだイチャモンつけたりしながらも、やっぱりたのしかったです。
ワールドプレミア級の展示がすくなかったのは、ちょっと残念ではありましたけど。
各メーカー、「アジアマーケット」の中心は日本だけではない、と考える時代になったんでしょうね...
イカン、どーもネガティブになっちゃうな。

2年後も、クルマ好きがたのしめるモーターショーでありますように。

by alfa_driver1972 | 2007-11-10 23:45 | foto+diary | Comments(14)
2007年 11月 08日
Tokyo Motor Show 2007 - Cars will be cars (1)
「主役」を撮るのに精力を傾けすぎて... いやいやもちろんクルマもしっかり見てきましたよ。

モーターショーに行くたびに再認識するのですが、個人的にはあんまり「コンセプトカー」に興味がありません。
日ごろ見られないという意味ではそっちのほうが貴重なんでしょうけど、男の子としては現実的につながらないと
ダメなようです。
c0053091_14111.jpg
c0053091_142664.jpg
そんな中(ちょっとくやしいけど)トヨタとレクサスのスポーツカーは思いのほか(失礼)カッコヨカッタなぁ。
白いほうはボディーもコンパクト、これくらいがちょうどいいです。
c0053091_155618.jpg
そしてホンダのこちら。
CR-Z、名前からしてわれわれ世代はどきどきしますね。
うまくCR-Xのデザインテイストを引き継いでいて、個人的にはグッドルッキング大賞でした。
たしかハイブリッドだったかな? ガソリンだけじゃなくてもスポーツできる時代は、もうすぐそこかも。

つぎは、いちばん興味のある輸入車のブース。
日ごろ見かける機会が少ないといえば、こちらもけっこう貴重なわけでして。
c0053091_1123548.jpg
c0053091_1385268.jpg
だけど今年のモーターショーは、輸入車ブース全体、なんだか「気合い」が不足していたような。
特にラテン系はどのブースもイマイチ。
いちばんたのしみにしていたNew FIAT 500(チンクエチェント)がなかったのは、いちばんのガッカリ大賞でした。

alfatromeoも見どころといえば前回のTMSにも来ていた8Cと...
c0053091_1161111.jpg
これまでとはちょっと違う新色のRosso(なかなかいい色です)、くらい。
c0053091_117465.jpg
8Cは生産化にあたってすこしディメンジョンをいじったらしいですね。
微妙に腰高になってしまったようで、スマートさが減っていた感じがしました。
あと、黒は似合いませんね...

そして、ずっと日本上陸を待っているのになかなかやってこないこちら。
c0053091_125774.jpg
c0053091_1252069.jpg
Renault Clio RS、やっと実車を見ることができました。

...が、うーん思ってたほどカッコよくない...
次期愛車候補から悲しくも落選であります、むむー。
コンパクトでいいんだけどなぁ。
ちなみにまだ日本での販売は未定だそうです、なにやってんだか。

つぎはドイツ車2台。
c0053091_1284087.jpg
c0053091_1285430.jpg
New Audi A4とNew BMW M3。
A4はまたいちだんとカッコよくなりましたね。
けど... 個人的には、ぱっと見BMWの3シリーズと見分けがつきません。
かなりFR的なデザインになりましたね、いや、カッコいいんだけど。

M3はうーんって感じ...
歴代M3の、ハコ車を無理やりサーキット仕様にしたような、紙一重の迫力がなくなりましたね。
あとV8っていうのはどうなんでしょう? できればBMWには直6でがんばってほしかったなぁ。

長くなったのでつづきはまた別エントリーで...

by alfa_driver1972 | 2007-11-08 18:00 | foto+diary | Comments(10)
2007年 11月 06日
Tokyo Motor Show 2007 - Boys will be boys
クルマの写真もたくさん撮ってきましたが、いきなりおたのしみ編。
撮ってる側もこっちのほうがたのしいもんね...

(言い訳がましく)写真っぽいおたのしみとしては、今回は *istDsとK10Dが混じってます。
画質の違いは... ほとんどわかりませんね(大きくして見るとかなり違うのですが)。
レンズは、撮影した枚数は新戦力のFA50mmとカラヘリ75mmが同じくらいだったのですが、いざセレクトして
みると、結果的にほとんどカラヘリになってしまいました。
フラッシュON/OFF、JPEGかRAWかなんて違いもあります。

あらためて、画質の良し悪しはレンズの違いが決定的だなぁと実感したしだい。
ビシッとピントがきたときの(それが難しいんだけれど)カラヘリの切れ味、なだらかなボケ味は間違いなく一級品です。

あ、そんなことはどーでもいいと... スイマセン。
以下じっくりおたのしみアレ。

【 Kawasaki 】 #1, 2
c0053091_120546.jpg


More and More ->>

by alfa_driver1972 | 2007-11-06 20:10 | PENTAX K10D | Comments(16)
2007年 11月 05日
alfaromeo or not ?
c0053091_0173449.jpg
7月の雨のち晴れの朝箱から、気がつけば季節は秋を通り越そうとしていました。

11月の箱根へ、夜明け直後、いつものように147に乗り込みます。
エンジンスタート、冷たい空気の中にマフラーから白い水蒸気が立ち昇ります。

そういえばはじめて「朝箱」に行ったのはいつのことだったろう...
1台目の155を買って、当時にぎわっていたalfaromeoの掲示板に参加してた頃... 1996年かな?
春夏秋冬、霧から快晴、多いときには50台くらい集まったり。
かれこれ10年、僕のalfaromeoとの思い出と切っても切れない、大切なイベントのひとつ。
そして、とても多くの「出会い」をもたらしてくれたイベントでもあります。
c0053091_23433135.jpg
なんてことをボーっと考えながら、いつもの仲間といつもの道のりでいつもの箱根へ到着。
芦ノ湖の空気はキリっと冷たく、抜けるような青空。
この駐車場ももう何回目だろうなぁ...
c0053091_23452224.jpg
今回の朝箱は新人、いや新車が1台。
147から159への乗り換え... 「僕アルファロメオが好きなんで」。
そのお気持ち、とーーーーーってもよくわかりますよ。
c0053091_23461570.jpg
c0053091_23482622.jpg
c0053091_2347163.jpg
c0053091_23464069.jpg
ボディーカラーは"Rubino Red"、ちょっと渋くてとってもいい色。
3.2LのV6エンジンは、「これノーマル?」って確認したくなるくらいに、積極的にサウンドを聞かせるシロモノ。
いまどき、これだけ自己主張が強いヤツもめずらしいかも。

いろんなものが変わっても、やっぱりalfaはalfaだなぁと。
見れば見るほど魅力的なNew alfaromeoでした。
体の中に入った蛇の毒は、そう簡単には抜けないってことですかね...
c0053091_013263.jpg
#1 PENTAX K10D + smc PENTAX-FA 50mm F1.4
#2, 3, 5, 6, 7 PENTAX K10D + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
#4, 8 PENTAX K10D + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

まだまだ元気でがんばってね。

そうそう、ダンパーを交換して初の箱根の山道でしたが、効果絶大。
ビシッと姿勢が安定して、ヒラヒラとすごく走りやすかったです。
やっぱこうでなくちゃ。

【なにやらカメラの名前が...】

by alfa_driver1972 | 2007-11-05 23:43 | alfaromeo 147TS | Comments(18)
2007年 11月 02日
晴れのち晴れ ずっと富士山
自転車イベントの朝はいつも早い、というかウトウトしたかなぁと思ったころに目覚ましが鳴り響きます。
AM3時起床、いつものように147に自転車を2台積み込んでいざ出発。
前日までの季節外れな台風はターボを効かせるように駆け抜けていき、東名高速の路面はほぼドライ。
雲と霞がキレイになくなった空には満天の星、途中のコンビニで吐く息がうっすら白い。

よし、今年は天気いっさい心配なし。
c0053091_0335588.jpg
3年連続となる「富士チャレンジ200」。
正真正銘F1が走った富士スピードウエイを自転車で走るこのレース。
7時間で200kmを「1人で」走る種目がメインなのですが、今年は去年に引き続き団体でのエントリー。
4名+5名の2チームはいずれも男女混成。
約30分走っては交代を繰り返しながら、7時間先のゴールを目指します。
(ちなみに一昨年のソロ100kmの様子はコチラ、昨年の4時間エンデューロの様子はコチラ

しかしまあ、これ以上はないってくらいのいいお天気です。
抜けるような青空、ピンと背筋をのばした秋の空気。
冷え込んでいた気温も、お日さまが上るにつれてグングン上昇し軽く汗ばむほど。
朝日に照らされオレンジ色に輝いていた富士山、レースが終わるまでずっとサーキットを見守ってくれていたのでした。

さてそろそろレーススタート... の前に、whitewildさんの息子さんがキッズレースに出走!
c0053091_0533892.jpg
その走りもさることながら、ヘルメットからウェアまでバッチリキまってるその姿がカワイイのなんの...
将来がたのしみでいけませんね、パパ。

AM9時、いよいよレーススタート。
c0053091_057523.jpg
c0053091_0571773.jpg
ソロ、エンデューロあわせて約2,000人がいっせいにスタートを切ります。
c0053091_0594561.jpg
序盤は気温も低く風もない絶好の条件。
プロも混じった特急列車から快速、普通列車などなど、ピット前のホームストレートを駆け抜けていきます。

そんな仲間の姿を見守ったり、
c0053091_124734.jpg
仲間の帰りを待ったり、
c0053091_13557.jpg
「おつかれさま」「いってらっしゃい」、
c0053091_14215.jpg
c0053091_161433.jpg
c0053091_16221.jpg
c0053091_143880.jpg
そしてもちろん、いっしょうけんめい走ったり。
c0053091_152792.jpg
c0053091_151558.jpg
c0053091_154142.jpg
やっぱりみんなと走るのはたのしいなぁ。

すこーし走りに欲が出てきたり、すこーしタイムを気にしたり、そんなちょっと本気な空気もあったりして...
これもまたロードレーサーのたのしみ、ですね。

ずっと晴れの7時間、心地よい疲労感とともに無事ゴール。
今年ははじめて「最終ライダー」だったのですが、コース上で7時間のゴールコールを聞いた瞬間、ヘナヘナと
力が抜けて、「おわったなぁー」と誰に言うでもなくつぶやいていました。
その声が、走る台数がすくなくなってとても静かになったサーキット上でやたら響いていた気がします。

走って、疲れて、笑って、また走って、これ以上はないってくらいの自転車満喫デーでした。
参加のみなさん、おつかれさまでした&ありがとうございました!

...しかし今年はやたら「富士」に縁があるなぁ...


(ご一緒したwhitewildさん、ボルドーさんのブログ
"LiFE" ( http://whitewild.seesaa.net/ )
"Bordeaux's blog" ( http://bordeauxt5.blog64.fc2.com/ )
こちらもぜひご覧アレ!)

by alfa_driver1972 | 2007-11-02 00:43 | Bicycle | Comments(8)