<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 08日
"α" has come SONY NEX-5
我が家にあたらしいアルファがやってきた。

と書くと我が家の場合アルファロメオか? となるわけですが、今回は違います。
ソニーが満を持して(?)世に送り出した、いわゆるミラーレス一眼 "α" NEX-5です。
c0053091_1441442.jpg
これまでコンパクトデジカメはずっとソニーのCyberShotを使ってきて、今使っているDSC-T9を買ったのが約4年前。
そろそろ新しいのが欲しいねえと話していたところに出てきたNEX-5。
レンズマウントがはみ出すほどの、アンバランス感さえただよう薄く小型化されたボディー。
ソニーらしいじゃない、これでこそのソニーだよ... と、完全に一目惚れ状態。
(実のところ、我が家は夫婦揃ってかなりのソニーファンです)
c0053091_0323844.jpg
先行展示をしていた銀座のソニービルに行くこと数回、シルバーにするかブラックにするか、カミサンとさんざん悩んだり...
そして発売日の6月3日、我が家にαがやってきました。
c0053091_033082.jpg
(うーん、わざとらしい)
「あくまでも」NEX-5はカミサンのモノということで... 我ながらあやしいもんですが。
もともと写真好きの一眼嫌いな彼女のあたらしい武器です。

開封の儀。
c0053091_0541745.jpg
c0053091_034617.jpg
小さいー、質感高いー、やっぱ黒でヨカッター。
ソニー製品を箱から出すときにこれだけドキドキするのもなんだかひさしぶり、うれしいですね。
c0053091_0342625.jpg
広角単焦点(16mm/F2.8)とズーム(18-55mm/F3.5-5.6)がセットになったダブルレンズキット狙いだったのですが、
SonyStyleの納期の関係と、カミサンの性格上、レンズ交換なんておそらくしないだろうということで、とりあえずは
ズームレンズだけのセット。
外付けの小さなフラッシュは標準装備です。

開封の儀から4日が経過してボチボチと撮り始めていますが、率直な感想としては「これだけ写れば十分」。
コンセプトからして従来の一眼を置き換えるものではなく、コンパクトデジカメからのステップアップが主眼なことが
よくわかります。
露出補正だホワイトバランスだ、ISOに絞りにシャッタースピードってナニソレ? 難しいことは気にしないのが正しい使い方。
最小限のハードボタンとメニュー構成が、ちょっと使いづらいことの裏返しでもあるんですけどね...
少なくとも今のところは「iAUTO(おまかせオート撮影)」にしっぱなしのカメラ任せで撮っていて、不満はありません。
それどころか、ISO1600までは躊躇なく常用出来そうな高感度特性にビックリしています。
(はじめてISO AUTOが使いものになっています)

というわけで、速報版○×レビュー。


・APS-Cの素子を持っているカメラとしては、とにかく小さい、軽い。これ持ったあとだとK-7持ちたくなくなってしまう
c0053091_0352094.jpg
c0053091_0353972.jpg
・シャッターのレスポンスがいい
・ミラーレスのわりにはシャッター音は大きめですが、歯切れが良くて気持ちの良い音。撮ってる実感がある
・レンズ、ボディーの質感が高くておもちゃっぽさがない。ガジェットとして持つ喜びを感じられる
・液晶がすごく見やすくてキレイ。反面キレイに見えすぎちゃってPCに取り込むとなんだこんなもんか、とか
・その液晶は上下にチルトできるのですが、その動きがかっちりむっちりしてて気持ちいい
c0053091_049654.jpg
・同じくズームレンズのズームリング、フォーカスリングの動きもむっちりと気持ちいい
・高感度にすごく強い。APS-Cクラス最強では? K-7より2-3段分は上手
・AFも十分に早くて、さすがコントラスト方式の正確さ。オートポイントにしておいてもあまり外さない
・スイングパノラマがたのしい。打率はちょっと低いけど

×
・ズームレンズをつけるとさすがにポケットには入らない
・そのズームレンズ、ワイド端での樽歪がちょっと大きい。補正があるといいのに
・メニュー構成がわかりづらい。なんでもかんでもメニューに押し込んでるから目的の機能になかなかたどりつかない
・画質が(iAUTOモードだと)意外と眠いというかおとなしい。コンデジを見慣れているとちょっとものたらない?
・iAUTOモードでも露出補正は出来た方がイイ
・バッテリーがサイズ優先のためかもちが良くない印象。充電も時間がかかる(4時間くらい?)
・カッコよすぎて傷がつくのを恐れるあまり持ち歩くのを躊躇してしまう(ナハハ)
c0053091_0332995.jpg
最後は、百聞は一見にしかずということで、NEX-5で撮ったものをドバっと並べておきます。
ノーレタッチにあまり意味があるとは思っていませんが、今回はあえてレタッチなしの縮小のみで(シャープネス処理もなし)。
もうこれで十分、って感じがします。

NEX-5 実写 example More ->>

by alfa_driver1972 | 2010-06-08 01:00 | SONY NEX-5 | Comments(24)
2010年 06月 07日
あえて鎌倉 食
家を出たのがお昼すぎとあいかわらずの遅いスタートだったので、ほどよく小腹がすいてきました。
そうなると気になってくるのが、道路沿いから顔と匂いをのぞかせてくる魅力的なおやつのカズカズ。
c0053091_0483235.jpg
c0053091_053897.jpg
できたてホカホカの「かぼちゃきんつば」に、
c0053091_061667.jpg
素通りが困難な焼きたておせんべい。
大きさが顔ほどあります。
c0053091_0474467.jpg
だけどお味は正直もう一つ... まあそんなこともあります。

極楽寺から長谷、寄り道をしながらかれこれ1時間は歩いたでしょうか。
ここでカミサンが好きだというケーキ屋さん「OKASHI0467」でひと休み。
c0053091_30725.jpg
これがなかなかシャレたお店でして... 鎌倉ってステキなお店が多いんですよね、女子ウケ抜群なのを今さらながらに納得。
あたらしいお店から老舗まで、これは開拓のしがいがありそうです。

ケーキを食べ終わった頃にはすっかり夕方。
すこし急ぎ足で鎌倉駅をめざしますが、あっちのお店にこっちのお店とついフラフラ立ち寄り道中。
神社仏閣よりおもしろいお店にひかれるお年ごろです。
c0053091_024143.jpg
ちょうど陽が暮れた頃に鎌倉駅に到着。
小町通りをあてもなくブラブラとして、ちょっと早めの夕食はなぜかカレーで...(写真なし)
キャラウェイ」というお店、風情は昔ながらの喫茶店風。
一皿700円前後(鎌倉なのに)と安い上に、量がハンパなく多い(標準でお茶碗4杯分!)。
肝心のお味は、いい意味で「フツーのカレー」。
いわゆるオシャレさはありませんが、こういうお店もなかなかアリかと。

満腹のおなかをさすりながら、最後のシメにもう一軒ということで(まだ行くか)、エスプレッソがおいしいと評判らしい
"Dolce far niente"というバールへ。
c0053091_101558.jpg
こちらもなかなかシャレてますが、不思議とあんまり居心地は... この辺は「相性」みたいなもんでしょうね。
c0053091_305090.jpg
c0053091_31718.jpg
とはいえ、エスプレッソと自家製らしいティラミスはさすがのレベル、参りました。
特にティラミスは一食の価値アリ。
ここはバールらしくバンコ(立ち飲み)でサラっと、てのがいいかも。

お昼からの半日だったのですが、思ってた以上に鎌倉を満喫できました。
同時に、これまであまり鎌倉に興味がなかったことをちょっと後悔、もっと早く来ておけばよかった。
まだまだたくさんあるであろうステキなスポットを、これからも巡ってみましょう。

...その前に少しは歴史の勉強もね。

by alfa_driver1972 | 2010-06-07 01:08 | 一食入魂 | Comments(8)
2010年 06月 05日
あえて鎌倉 その2
c0053091_13214226.jpg
江ノ電を極楽寺駅で降りて、極楽寺から成就院へ。
参道の両側に並ぶ紫陽花と、眼下には由比ヶ浜。
c0053091_13355729.jpg
まだ紫陽花はこれからというところでしたが、おかげで人も少なくのんびり写真を撮ることができました。
c0053091_1325385.jpg
花ってピーカンの日に光をたくさん当てて撮るもんだと思っていたのですが、こういうフラットな光もキレイですね。
水滴がコロンと浮いて、雨上がりの花っていい雰囲気。
ちょっとマクロレンズが欲しくなりました。

長谷の方向に歩いていって、線路のすぐそばにある御霊神社へ。
小さな神社なんですがなんだかここは好きな雰囲気だったなあ。
c0053091_1431879.jpg
木がたくさん茂っていて、その一角だけふっと暗く沈んでいるのですが、それが子供の頃の「神社」という原体験に
近いからかもしれません。
真夏でも暗くてひんやりとしていてたくさんセミが鳴いて、でも冬は葉が枯れてお日様が当たってあたたかかったり。
c0053091_14182132.jpg
昔は神社の境内ってかっこうの遊び場だったもんなぁ... 郷愁の中にどこかホッとするものがあるのかな。

by alfa_driver1972 | 2010-06-05 13:25 | PENTAX K-7 | Comments(4)
2010年 06月 03日
あえて鎌倉 その1
c0053091_110978.jpg
あえて雨の土曜日に、あえて電車に乗って、あえて鎌倉に行ってきました。
c0053091_1103298.jpg
藤沢駅から江ノ電に揺られて、左にカーブしながらはじめて海が広がる瞬間。
グレーの雲がちょっと重たいですが、これはこれで悪くないかなと。

横浜界隈に住み始めてかれこれけっこうな年数が経っているのですが、ゆっくり鎌倉を散策したことがありませんでした。
近くにいると意外と行かないって場所の筆頭だったようで。
こちらは鎌倉大好きなカミサンのガイドに連れられて、季節外れの修学旅行のような。
c0053091_1141676.jpg
下調べに余念がないようです。

K-7にはあえてウルトロンなんかをつけたりもして(すごくご無沙汰していました)、ひさびさのMFはちょっと打率悪し。
そうそう、今回はあえてK-7の設定を「カスタムイメージ:雅」「WB:CTE」にしてみました。
ちょっと派手な仕上がりで、特に緑の発色に特徴があるみたい。
これはなかなか面白いかも。

雨の鎌倉もそれはそれで写真的にステキだろうという目論見もあったのですが、結局一日降られることもなく。
いろいろと発見の多いお散歩で、なかなか充実した週末になりましたよ。
c0053091_117435.jpg
そんなわけでしばらく「鎌倉」をおたのしみください。

by alfa_driver1972 | 2010-06-03 01:18 | PENTAX K-7 | Comments(6)