<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 07月 22日
台湾吉日 弐日目
  # ワールドカップもすっかり終わって、台湾旅行から1ヶ月以上が経ってしまいました... なんだか筆が進まなくて(作家か)。
  # 細かい部分はちょっと記憶が薄れてきていますが、ぼちぼちとアップしていきます。
c0053091_2464439.jpg
台北の旅、2日目の朝。
部屋のバルコニー(とっても広い)から見える台北の空からは、今日もしとしとと雨が。
せっかくの晴れ女パワーを台無しにしよってからに(to 雨男の夫)と思いながら眺めているかどうか...
c0053091_2464930.jpg
朝10時、ロビーで4人集合していざ出発です。
ホテルから最寄の地下鉄駅まではシャトルバスが出ていてなかなか便利。
じつのところ、4人いればタクシーに乗ってもそう大して金額的には変わりないのですが、律儀に地下鉄を使うあたり
我々ながらなんだかかわいらしいところです。

この日の具体的予定は、朝食兼昼食のお店と夕食のお店を決めたくらいで(あくまでも食優先です)、あとはそのお店の
まわりを適当に散策しましょと、いたってゆるーい感じ。
東京も同じだと思うんですが、台北もコレという観光的見どころはそう多くなくて、お店巡りが主体になってきます。

というわけで、さっそくの朝食兼昼食処は「青葉」というお店。
c0053091_1191868.jpg
ガイドブックには必ず載ってる有名な台湾料理店です。
台湾料理ってどんななんだろうと思っていたのですが、中華料理ほど油っぽくなくあっさりとした味付けで、日本人の
口にもよくあう味でした。
c0053091_120965.jpg
「昨日の夜もたくさん食べたからちょっと軽めにね」って、即座にどこがやねんとツッコミが入りそうなよくばりメニュー。
(これでも全部は写ってません)
ついつい頼みすぎてしまっていけません。
c0053091_1285246.jpg
お腹いっぱいになったところで、次はお茶処へ。
台湾には中国茶を楽しめるお店がたくさんあります、これも今日の目的の一つ。
c0053091_215167.jpg
最初の一杯目は店員さんが淹れ方を教えてくれます。
c0053091_1541266.jpg
凍頂烏龍茶、プーアル茶、東方美人などをいただきましたが、発酵の深さの違いでこれほど味に違いが出るものとは。
カミサンが一時期中国茶にハマっていて家でも時々飲んでいたのですが、さすが本場、どれも薫りが濃かったです。
それにしても中国茶のお作法(っていうんかな)って、いつも思うんですがおままごとみたいですね。
c0053091_1572962.jpg
一種類の茶葉で1人4-5杯たのしめるので、全部で15杯以上は飲んだ計算。
さすがにお腹がタプタプ、それとその後のお手洗いが近い近い... きっと脂分を流してくれていると信じましょう。
(中国の人が脂っぽいものを食べても太らないのはお茶を沢山飲むからだって言いますよね)

このあとは夕食まで特に目的地はなく、のんびりと台北の街を散策。
ここでカメラネタ... 妙に存在感のあるビルを発見して、ほぼ同タイミングで私とカミサンで似たような写真を撮ってました。
ということは、K-7とNEXで同じ被写体を狙っていたことになりますが、どっちがどっちかわかります?
c0053091_246581.jpg

c0053091_247280.jpg
正解は、上がNEX、下がK-7です。
明るさは若干調整してますが、このサイズにしちゃうと... というか大きなままで見てもほとんど違いはありません。
この差を大きいと思うか小さいと思うかは使い手と用途しだいですが、私としてはここまで写ればかなり満足です。
持ち歩いても負担にならない軽さと、高感度の強さ(上のお茶の写真はISO1600のNEXです)で、旅行やお出かけの
お供だったら、NEX一台で十分に事足りそうです。
スナップ用途に標準域の明るい(=ぼかせる)レンズがあればなお良いかな。

閑話休題。
電気店やカメラ店が並ぶ秋葉原みたいなエリアや、若者が多い渋谷みたいなエリアを、ときどき傘をさしながらお散歩。
途中、胡椒餅という焼きスパイシー肉まんのような名物おやつをつまみ食い。
c0053091_2582938.jpg
雨やどりがてら4人でパクつきます。
さすがに4人で2個で十分。
c0053091_2585185.jpg
雨も止まないし、ちょっと歩き疲れてきたしということで次はコレ。
こちらもガイドブックではかならず紹介されてる台湾名物のひとつ。
c0053091_247613.jpg
密かに楽しみにしていた足裏マッサージです。
私は何回かうけたことがあったので慣れたものでしたが、隣のプリンPaPaさんははじめてだったようで...
c0053091_331273.jpg
リモコンで必死に強さを調節しようとしていますが、きっと効いてません。
本人曰くけっこう気持よかったそうですが、さて。
c0053091_345223.jpg
お隣ではカミサンも悶絶しています。
この4人並んでマッサージを受けてる姿を誰かに撮って欲しかったなあ。

明日の朝早い飛行機で日本に帰るプリンPaPaさんは、今日が台北観光最終日。
やっぱりここは登っておかないといけないでしょう... ということで昨日に引き続き台北101にやってきました。
c0053091_2471235.jpg
この日も頂上付近はすっぽり雲の中でしたが、まあ行ってみましょう、せっかくですから。
c0053091_2471721.jpg
ビルの1-5Fは吹き抜けになっていて、造りはとっても豪華。
有名ブランド店が軒を並べています。
c0053091_2472477.jpg
展望台のチケットを買って列に並ぶこと30分弱。
c0053091_314851.jpg
途中で強制的に撮られる合成記念写真をパチリとし返して、いざ地上89階へ。
世界最速のエレベーターで耳がツーンとすると、あっという間に頂上到着です。
このころにはだいぶ雲が晴れてきていて、思ったより視界良く見渡すことが出来ました。
台北の街は山がすぐそばに迫っているんですね。
c0053091_2475898.jpg

c0053091_2481035.jpg
人工建築物ではこれまで一番高いところにいるはずなのですが、不思議とあまり高さを実感できません。
このレベルになると、都庁も六本木ヒルズもあまり感覚として違いはないのかもしれません。
ちょっと意外でした。
c0053091_248169.jpg
2回目の台北101、無事登頂完了。
(実はここにはもう一度来ることになりますが、その話はまたいずれ)

すっかり陽も暮れて、さあ本日最後のお楽しみ、ディナータイムです。
向かうのは「天廚菜館」というお店、こちらの名物料理は日本じゃなかなかお腹いっぱい食べられないコレ。
c0053091_3594815.jpg
北京ダックです。
この写真の前に丸々一羽の状態も見せてくれたのですが、撮り逃しました。
現金なハナシで恐縮ですが、この皮のセットのほかに鴨スープと鴨肉炒めが付いて1,200元(3,600円)ほど。
今回は4人で食べたわけですが、はっきり言って食べきれないほどのボリュームがあります。
c0053091_402418.jpg
ここで、行ってはじめて知った北京ダック豆知識。
日本で北京ダックというと皮の部分だけをいただきますが、このお店ではオーダーしだいで身の部分までいただけます。
頼み方として「三吃」(北京ダック+鴨スープ+鴨肉炒め)、「二吃」(北京ダック+鴨スープ)、「一吃」(北京ダックのみ)の
3コース。
で、今回は「三吃」を頼んだわけですが... 個人的には鴨のスープと身の部分はちょっとクセが強くて食べられませんでした...
(スイマセン)
いわゆる北京ダックは最高においしかったので、次は一吃でいいかな。
c0053091_403958.jpg
その他にも食べられなかった理由としては...
c0053091_3545082.jpg
またしても頼みすぎです、なんでこんなに欲張っちゃったんでしょう。
アレもコレもと頼んでいると、親切な店員さんが「もう十分アルヨ」(一部脚色)とストップをかけるほど。
これでオーダーする目安がつかめました、次からは気をつけます(いろいろと遅すぎです)。

ひさかたぶりにこれだけ食べたってくらいパンパンのお腹をかかえながら、4人で過ごす台北の最後の夜。
おしゃれなオープンエアのカフェで乾杯です。
c0053091_423354.jpg
c0053091_423194.jpg
c0053091_4233067.jpg
細く降り続ける雨と蒸し蒸しした暑い空気、クルマの騒音、深い緑色の熱帯植物。
グレー色の空ばかりだったせいもありますが、台北は夜の顔の方がステキだと思いました。
c0053091_2482446.jpg
K-7 + DA 16-45mm F4 ED
NEX-5 + E18-55mm F3.5-5.6 OSS

タクシーに乗ってホテルに帰還。
プリンPaPaさんとはこれでお別れです、明日の朝早いけど寝坊しないようにね。
(早起きは三文の得? 帰りの一人飛行機の旅はビジネスクラスだったようです、ウラヤマシス)
明日は日曜日、Janoさんとの3人旅を楽しみに、おやすみなさい。

by alfa_driver1972 | 2010-07-22 12:12 | foto+travel | Comments(14)
2010年 07月 05日
台湾吉日 壱日目
c0053091_23592775.jpg
遠く南アフリカでワールドカップが開幕した2010年6月11日。
梅雨入り間近な東京から、梅雨ど真ん中の台湾へ。
我が家にとっては久しぶりの海外旅行、朝4時起きだというのに成田空港からテンションは最高潮です。
マイドこの高揚感がタマリマセン。
c0053091_00876.jpg
かたや、色とりどりの飛行機を目の前にしながらも「なんだか実感わかないんだよね」とローテンションな男性約一名。
この旅は私たち夫婦2人だけではなく、プリンPaPaさんもご同行なのでした。
そもそも今回の台湾旅行は、昨年から台湾長期出張中のJanoさんに会おう!というのが事の発端。
同じアルファ仲間ってことでぜひぜひとお声がけしたしだい。
現地合流のJanoさん含め合計4人での台湾旅行、どんな珍道中になりますことやら。
c0053091_012652.jpg
台湾の空の玄関口、台湾桃園国際空港までは約3時間の空の旅、あっという間です。
機内食を食べて映画も見終わらないうちにもう着陸態勢、フライト大好き人間としてはちょっと物足りません。
窓から見える雲が台湾が近づくにつれてどんどん濃くなっていきます。
キャプテンスピーキング、台北のただいまの天候は雨... 上空はこんなにいいお天気なのにねえ。

時差1時間の現地時間午後12時、台湾に初上陸です。
どんよりと小雨混じりの空模様、暑さはそれほどでもありませんが冷房がキンキンにきいた室内とのギャップが大きい。
カメラのレンズが曇る曇る。
この旅4人目の参加者、Janoさんとはここで合流、お出迎えありがとうございます。
c0053091_1261275.jpg
同じ漢字なはずなのにいまひとつ意味が分からない看板に新鮮さを感じながら、宿泊先のホテルまで約1時間のバスの旅。
こちらのバスは派手なカラーリングが多いですね。
c0053091_1261690.jpg
今回選んだホテル、圓山大飯店。
c0053091_1282731.jpg
1952年に建てられ、かつては世界の10大ホテルにも選ばれたことがあるという由緒正しきホテル。
ご覧の通り迫力の中国建築、ロビーも豪華絢爛。
c0053091_1314847.jpg
c0053091_1315915.jpg
歴史があるということは言い換えれば古いということで、設備的には若干見劣りする部分もありましたが、初の台湾、
宿にも「らしさを」という目論見にはズバリ、なかなか趣きのあるホテルでした。
さながら日本だったら、富士屋ホテルや日光金谷ホテルに泊まるようなものですかね。

さて、チェックインを済ませ荷物から開放されると、さっそく観光スタート。
今回の台湾の旅、何にいちばん期待しているかというと... もちろん「食」。
(そのために大好きな機内食を半分残したくらいで)
4人でタクシーに乗り込んで(台湾のタクシーは初乗り200円程度でとっても安い)、まずは定番のお店へゴー!
c0053091_1173733.jpg
「ショウロンポウ」が台湾名物といわれるようになったのはこのお店のおかげともいわれる鼎泰豊(ディンタイフォン)です。
日本にも支店があって何度か食べたことはあったのですが、本店の味はさすが。
「旅の食の感動は5割増し」というのを差し引いたとしてもおいしい小龍包でした。
この他にも蟹味噌いり小龍包、蒸し蝦餃子、鳥のスープに、こちらも台湾の定番料理牛肉麺などなど。
しょっぱなから飛ばし気味です。
たくさん品数が頼めるのは4人ならでは、おかげでこの旅ではいろいろな料理を食べることができました。

おなかもいっぱいになってさてお勘定を... いちいちワリカンっていうのもメンドクサイので、あらかじめホテルでみんなから
集金をして「共同お財布」を作成、ワタクシメが預かっておいたのでした。
ほらこうやっとけばスムーズに支払いができるでしょ、われながらいいアイデア... あれ? 財布どこいった?

こう見えて(?)基本的にドジな私ですが、ひさびさにスーっと血の気が失せていくのを感じました。
いきなりやってしまいました... どうやらタクシーの中に置き忘れてしまったようです。
みんなから集めたお金はほぼ手付かずのまま、代わりに台北の誰かを幸せにしたことでしょう。
現金のみだったのが不幸中の幸い、さっそく厄落としをしたと思ってと気分を切り替えようとしますが、さすがに小一時間
立ち直れませんでした... ナニヤッテンダオレ。
ご同行のみなさま、大変失礼いたしました。

そんなわけで、お店を出て腹ごなしに観光名所をお散歩したのですが、いまひとつ写真が少ないのです、トホホ。
c0053091_1181131.jpg
こちらは台湾=中華民国の初代総統、蔣介石の像がある中正紀念堂。
c0053091_1202920.jpg
ピクリとも動かない衛兵と(なんで衛兵って世界共通で「静止」なんでしょうね)蒋介石像。
建物も敷地もなんせデカくて広いです。
その空間の大きさに圧倒されます。

そしてこちらは孫文の生誕100年を記念して建てられた国父記念館。
c0053091_123339.jpg
写真ではいまひとつ伝わりませんが、こちらの建物もデカイこと。

そしてトドメが...
c0053091_1385976.jpg
雲に隠れるほどの高さ509.1m。
ちょっと前までは世界一のノッポビルだった台北101です。
台湾って国土はそんなに大きくないはずなのに(九州と同じくらいらしい)、なにかと大きいものが多いんですなぁ。
c0053091_14284.jpg
c0053091_1414266.jpg
道路もかなり広めに作られていますが、交通マナーはお世辞にもいいとは言えません。
なんせ他の台湾の方も「台北ナンバーには気をつけろ」と言ってるくらいだそうで... クルマ以上にスクーターの数が多くて、
歩行者とクルマの鼻先をかすめながらビュンビュン飛ばしていきます。
それも親子3人乗せとかで... びっくり。

このあと台北101の足元まで行ったのですが、御覧の通りの曇り空で眺望に期待できないということで登頂断念。
一度ホテルに戻ってひと休みしたあと、地下鉄に乗って次の「食」の舞台へと移動します。
c0053091_1491840.jpg
ホームから見えてくる賑やかな屋台街、台北一の規模といわれる士林夜市です。
台北にはこういった観光夜市が数多くあって、食べ物の屋台やさまざまなモノを売ってるお店が夜遅くまでにぎわってます。
夏祭りとちょっと昔の竹下通りがくっついたような感じ、かな?
c0053091_1535868.jpg
c0053091_1544926.jpg
この日は金曜日の夜ということもあって、現地の若者や観光客でごった返していました。
やっぱり意味がわからない漢字のネオンサインを眺めながらひと通りウロウロしたあと、飲食屋台が数多く並ぶエリアへ。
c0053091_158641.jpg
c0053091_1582060.jpg
100以上のお店が屋根で囲われた中でガンガンに調理をしているので、その蒸し暑さたるやハンパではありません。
そしてその中でもひときわ異彩... いや異臭を放っているのが、その名も「臭豆腐」を売っている屋台。
臭豆腐とは発酵させた液体に豆腐を漬け込んだもので、いわば台湾のソウルフードらしいのですが、それを炒めている
ニオイと言ったら... えー下品でスイマセンが、真夏の排水口のソレです、そっくりです。
これを売ってるお店がまた数が多くて、10軒に1軒くらいの割合で定期的に出現します。
申し訳ないのですがこのエリアで食事をするのは無理です、断念です、きっと何を食べても同じ匂いになってしまいます。
早々に立ち去ることとなってしまいました... なんだか敗北感たっぷり。
きっと外国の方がはじめて納豆を匂ったときの衝撃もこんななんだろうなぁ...

気を取り直して、近くのお店で軽く麺類を食べて(残念ながらちょっとハズレ)、口直しにデザートでも。
台湾の夏のスイーツといえば「かき氷」、食べてみたかったんです。
辛發亭というお店、夜も11時を回っているのに広い店内はぎっしり満席。
若者からビジネスマン風の団体まで、一心不乱にかき氷に向かっているのがなんだか微笑ましいです。
c0053091_2121573.jpg
c0053091_2122516.jpg
#1-12, 14-15 PENTAX K-7 + DA 16-45mm F4 ED
#13, 16-22 SONY NEX-5 + E18-55mm F3.5-5.6 OSS

こちらのかき氷は正確には「雪片氷」といって、ミルクを凍らせたものをフワフワに削ったもの。
かき氷というよりはシャーベットに近いでしょうか。
特に1枚目のマンゴー(これも台湾名物)は絶品、ここでしか食べられない味。
オススメです。

はじめての台湾、初日の印象としては...

・さすが首都台北、とっても都会。ただ同じ都会でも東京のセカセカした空気とはだいぶ違って、都市の造りや全体に漂う
 雰囲気に、どこかしら欧米っぽい大らかさ(大ざっぱさ)を感じる。香港ともまた違う感じなんだよなぁ
・一本裏通りに入ると下町っぽい雰囲気が残っていたりして、そのダイナミックレンジの広さがおもしろい
・食べ物は期待していた通り美味しい、だけどニオイのキツイものも多し(ハッカクとか臭豆腐に臭豆腐に臭豆腐に...)
・想像以上に漢字の意味がワカラン、そして想像していたより英語が通じない。Janoさんサマサマ
・タクシーや地下鉄が安くて便利。タクシーもきちんとメーター制でボラれる危険性はなさそう
・治安は日本以上に心配ない感じ。夜歩いていても危険は感じない
・基本的に物価は安い。日本の5割から7割ってところ。特に交通機関と食事は全般安め。中の上クラスのお店で
 4人でたらふく食べても一人1000円程度、屋台で済ませれば300円でお釣りがくる
・コンビニがとっても多い。ちょっと歩けば711かファミリーマート
・台北の人はとっても親切。困った素振りをしてるとどこからともなく声がかかる。こういうのってちょっとウレシイ
・若者の間でメガネ(ダテ含む)が流行っているらしく、アチラコチラにメガネっ子(男子含む)が
・台北の女の子は手足がすっと長い美人さん多し...

いろんな意味のヤラレタ感を引きずりながらホテルに戻って、4人でビールで乾杯。
明日はプリンPaPaさんの早くも(実質)最終日。
ナニ見る? ナニ食べる? ガイドブック片手に計画をネリネリしながら、一日中降ったり止んだりの台北初日、
これにて終了です。

by alfa_driver1972 | 2010-07-05 12:00 | foto+travel | Comments(16)