<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 24日
So
c0053091_20114163.jpg
"So"が14歳の僕に与えた衝撃を、うまく表現することはきっとできない。

当時は33回転のLPレコード、それも近所の You & I で借りてきたもの。
季節は秋だったか冬だったか、そのころの僕は思春期特有の難しい感情に加えて、子どもが向かい合うにはいささか
大きすぎる問題を抱えていて、まわりからは腫れ物を触られるように、それをどこか冷静に俯瞰している自分は
少し自己陶酔気味に暗い闇の淵に沈んでいた。

中学2年生になりちょうど「洋楽」に目覚めたころ。
ピーター・ガブリエルを知ったのは"Big Time"のビデオをベストヒットUSAで見たのがきっかけ。
なんの知識もないまま名前をメモし、翌日の放課後なけなしの小遣いを握りしめてレンタルレコード店に自転車を飛ばした。

家族の寝静まった深夜、黒い盤面からそっと埃をふき取り、針を落とす。
46分のカセットテープにダビングするかを決めるのは、まず一度聴いてから。

NS-1000のウーハーから流れる重いドラムとベースのサウンド、ピーガブのハスキーだけど透き通ったボーカル。
"Red Rain"から"Sledgehammer"、そして"Don't Give Up"へ。
僕はいつの間にか、畳の上に置かれた左右のスピーカーの真ん中にじっと正座していた。
音楽を聴いて涙を流したのはこのときが初めてだったと思う。
その感情の動きはなんだったのか、今となってはよくわからない。
ただ深く、そのときの僕の心の中に入り込んで来たのだと思う。

音楽はレコードからCDへと移り変わり、最初の"So"を自分で買ったのはいつだったのか実はよく覚えていない。
学生時代バイトをしはじめ、きっと少しお金に余裕が出てきたころだったんだと思う。
社会人になって上京し、渋谷のHMV(まだセンター街の奥にあった)に通い始めたころ、真っ先に足を運んだのは
やはりRock&PopsのPのコーナーだった。
懐かしいジャケットを手に取った。
c0053091_173931.jpg
それからはリマスターやSACDが出るたびにその音の変化を確認してきた。
だけど僕にとっての一番のSoは、やっぱりB面の最後が"We Do What We're Told"で終わるLPレコード。
(LPの収録時間46分という制約があったため、ピーガブは「仕方なく」B面ラストをこの曲にした。2003年のリマスターでは、
当初の構想通りB面1曲目だった"In Your Eyes"がラストを飾ることになるのだけど、僕はいつまでたってもその曲順に
違和感を覚えてしまうのでした)
今となってはレコードのパチパチというノイズを聴くこともないのだけれど。



今年はその"So"がリリースされて25周年だそうです。
最近のピーガブ御大はセルフカバーだったりリイシューだったり「焼き直しビジネス」が若干目につくけれど、それでも
やっぱりこのアニバーサリーディスクを買わないわけにはいかないでしょう。
毎度のリマスタリングも気になりますが、今回の個人的な目玉は1987年収録の2枚のライブ盤。
会場が僕の大好きな街アテネというところになにか奇妙な縁を感じます。

この先どんなにたくさんの音楽を耳にしても、Soを超えるアルバムに出会うことはありません。
それは絶対的な音楽の良し悪しではなく、僕の人生のある場所にすでに固定されたものだから。
そして今日もまた、NS-1000から流れる"So"を聴いているのです。

by alfa_driver1972 | 2012-10-24 02:13 | foto+diary | Comments(8)
2012年 10月 23日
一眼ヨコハマさんぽ
c0053091_23303834.jpg
ひさしぶりに「一眼レフカメラ」を持って街に出てみました。
横浜(の外れ)に住んでいると意外とヨコハマには行かないもので、お散歩するのもひさしぶり。

日本大通りの駐車場に車を止めて、山下公園からニューグランドホテルを眺め、急な階段を上って山の手へ。
c0053091_23303934.jpg
バラがちょうど見頃。
時間は夕方手前、日の暮れるのが早くなりましたね。
最初の逆光写真もこちらでのショット。
c0053091_23415596.jpg
c0053091_0233513.jpg
c0053091_23303953.jpg
外人墓地と素敵な洋館の脇から坂道を下り、元町を抜けて中華街へ。
c0053091_2356131.jpg
c0053091_23304163.jpg
肉まんの食べ比べをしたりお粥を食べたり、端から端までブラブラ。
c0053091_051477.jpg
そしてスタート地点の日本大通へ。
c0053091_23304297.jpg
横浜スタジアムの上に半月が。
半日のヨコハマ散歩、テクテクとよく歩きました。
心地良い疲れと発見の数々。

今回は写真多めでお送りしました。
カメラを持ってお散歩、BSのフォトラバーズの影響ですね、きっと(キヤノン提供の番組はウマい)。
もっとシャッターを切らなきゃ、もっと持ち歩かなきゃ、そんなことを思いました。

by alfa_driver1972 | 2012-10-23 00:07 | PENTAX K-5 | Comments(0)
2012年 10月 09日
10月の朝
c0053091_16496.jpg
ようやく本格的な秋到来、体育の日午前8時。
北風快晴の羽田空港。
ここで見かける唯一といっていいリアエンジンの飛行機。
JAL MD-90。

何度かこのブログでも話題にしてますが、いよいよ退役の日が迫ってきました。
現在稼働しているのは9機、そのうちの1機はおそらくないだろうと言われていた去り際の「鶴丸」新塗装に。
ここ羽田でも見かける機会がすっかり減ってしまいましたが、できるだけ多くのシャッターを切ろうと思います。

by alfa_driver1972 | 2012-10-09 01:13 | Come fly with me | Comments(2)
2012年 10月 06日
茜色
c0053091_17465685.jpg
茜色シーズン到来。
秋の空もいいんだな。

by alfa_driver1972 | 2012-10-06 17:50 | Come fly with me | Comments(6)