<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 26日
止められない想い
c0053091_2329350.jpg
「RAWからの現像」、ああなんて甘美な言葉であろう。
ちょっといいカメラでRAWで撮影、家に帰って最近のよくできた現像ソフトを立ち上げると、可能性は無限だ。
パラメータをぐいっといじればあら不思議、現場では見えなかった色が、ディテールが、浮かび上がってくる。

撮影とは別の興奮。
もう少し色を鮮やかにして、もう少しコントラストをつけて、もう少しシャープネスを強くして、おっとノイズが出てきたからノイズを消さないと...
はっと気づくと最初の写真からは遠くかけ離れた「お絵描き」になってしまっている。
止めどころがない。
こうなると撮影は「素材収集」だ。
現場で「これはトリミングしてこう現像すればもっとよくなる」って考えている自分がいる。

なんかに似てるなあって... 最近の音楽製作とほとんど同じ気がしてきた。
DAWを使えば録ったあとの加工は自由自在、ピッチもテンポもどうにだってなる。
お金と時間のかかる録音はさっと済まして、あとは自宅のPC+DAWで。
「大丈夫でーす、あとで直しておきまーす」は、夜更かしが原因の肌荒れをレタッチするだけじゃなく、伸び切らなかった高音を直すことだってできるのだ。
あれこれフィルターを当てて、コンプをかけて音圧を詰め込み、パッと聞きは派手で迫力のある究極の「ドンシャリサウンド」ができあがる。
地味な音はもう受けない、どころか、許されないのだ。

とここまで書いてこのハナシ、ゴールはどこにもない。
僕はこれからも写真を続ける限りRAW現像を必ずするし、その限りきっと派手で見栄えのいい仕上がりを目指し続けると思う。
いわゆる「撮って出し」の方が偉いなんてちっとも思わないし、逆に可能性の放棄であるとすら思う。

...なんて小難しいことを口に出すでもなくぶつぶつと考えながら、ずっとPCの前であーでもないこーでもないとLightroomと格闘して
やっと現像した写真を翌日もう一度見たときと、夜中書いたラブレターを翌朝真っ赤な顔をしながらビリビリ破り捨てざるを得なかった
あの思い出は、まったく同じだな、と。

by alfa_driver1972 | 2014-01-26 23:37 | foto+diary | Comments(2)
2014年 01月 14日
My first ITM, ITM's last 747
なぜ伊丹だったのか、なぜ伊丹に行かなくてはならなかったのか。

・大阪国際空港、通称「伊丹」は大阪の街なかに位置する空港。とても便利な立地である反面、ずっと騒音に悩まされていた。
 それらの問題から2006年以降エンジンが3発以上付いた飛行機の乗り入れが原則禁止されることとなり、4発のエンジンを持つ
 ボーイング747「ジャンボ」の姿も見られなくなった。
 (ちなみに昔は羽田-伊丹便といえばジャンボが当たり前、な時期もありました)

・そしてそのジャンボ自体、その大きすぎる輸送力やエンジンが4つあることによる経済性の悪さから世界的に退役が進み、
 JALでは2011年に完全退役、ANAも現在2機を残すのみとなっていて、その2機も今年の3月末を持ってリタイアの予定。
 日本の航空会社からもうすぐジャンボがいなくなります(貨物型除く)。

・伊丹でジャンボを見る機会はもうないなと、飛行機ファン誰もが思っていた矢先、急に降って湧いた
 「ANAジャンボ、伊丹への里帰りフライト」の情報。
 おそらくこれが最後の機会、これを見逃せば伊丹でANAのジャンボを見る機会はない。

土曜日の朝、MiTo号に乗り込む男二人。
片道500km、伊丹への旅。
ジャンボに会いに行く旅。

伊丹に撮影で訪れるのははじめて。
大阪に着いたのは土曜日の夕方、そこからさっと下見を兼ねての撮影。
千里川から間近に見える飛行機、滑走路に感嘆の声を上げながら、あちこちで「遠征組」の姿を見かけます。
明日はどこで撮ります? なるほどあそこもいいですね... などと情報交換をしながら
「明日、楽しみですね」
この日は大阪の夜をぐっと我慢して、明朝のお出迎えに備えます。

明けて、いや正確にはまだ明けきっていない日曜日、朝5時30分。
これでもかってくらい防寒をしてロビーに降ります。
確実に寝不足なのに眠たくない、すごく寒いのに(この日の大阪の朝は氷点下でした)寒くない、不思議な朝。
MiTo号を千里川へと走らせます。

ジャンボが伊丹に着くのは7:20の予定。
最初は真っ暗だった空が東から赤くなり、そして夜明け。
着陸まであと10分、そろそろ... 見えた!
c0053091_23193923.jpg
「おかえりなさい」
たくさんの人人人、レンズレンズレンズに迎えられて、無事伊丹にジャンボが帰ってきました。

ここからジャンボはいろいろなセレモニーのもちろん主役。
僕たちが次に狙うのは遊覧飛行(空港周辺のお客様をご招待)の離陸と着陸。
c0053091_23202622.jpg
ターミナルを離れ、遊覧飛行に向かうジャンボ。
展望デッキにはあふれんばかりの人、見えますか?

そして静かな力強い離陸、街なかにある伊丹っぽい写真が撮れました。
c0053091_23172057.jpg
慌ただしく場所を移動して、次に狙うのは着陸。
この日ジャンボは富士山から東京のスカイツリーまでグルっとお散歩してきたそうです。
そしてお出迎えの瞬間。
c0053091_2323406.jpg
c0053091_2324340.jpg
夕方4時20分、すこし色づいてきた陽の中にランディング。
手を伸ばせば届きそうな距離の着陸、美しかった。
そしてウォーターキャノンで歓迎。
c0053091_2327143.jpg
これでこの日のイベントはすべておしまい。
だけど僕たちにはもうワンチャンス、羽田に戻るときのお見送り。
夜が明ける前にいた千里川、今度は夜が訪れたあと。
これで正真正銘最後の伊丹からの離陸、ジャンボが静かにランウェイエンドにやってきました。
c0053091_021630.jpg
生駒山に向きを変えて、そのままそっと静かに、ちょっとだけエンジンを吹かして。
走り始めたことに気がつかないくらい音も立てず、ジャンボは伊丹から飛び立って行きました。
そのあと翼を右に左に「バイバイ」と降ってくれたらしいのですが、ここからはそれを確認することはできませんでした。
放心状態でよく見えなかった、とも...

はじめての伊丹、ジャンボにとっては最後の伊丹。
とても印象深い、間違いなく記憶に残る、真冬の一日でした。

by alfa_driver1972 | 2014-01-14 23:43 | Come fly with me | Comments(12)