タグ:CZJ FLEKTOGON 35mm F2.4 ( 103 ) タグの人気記事

2011年 11月 07日
ragù alla bolognese
c0053091_19121130.jpg

「太めのパスタ」が食べたくなって、ひさしぶりにフェットチーネを打ってみました。
いや、タリアテッレ? どっちだっけ... まあまあ太い方のパスタです。

正確には今回パスタを打ったのはカミサン、僕はソース担当。
いつもはクリーム系を合わせることが多いのですが、今回は初挑戦のラグー(煮込み)ソース。
いわゆるミートソース、もう少し気張った言い方だとボロネーゼですかね(正しくはちょっと違う気もしますが)。

デュラムセモリナ粉と卵、水をあわせてコネコネ。
このあたりはカミサンのお手のもの。

冷蔵庫で寝かせたあとに伸ばして...
c0053091_0492956.jpg
パスタマシーンでさらに伸ばして、切って...
c0053091_015966.jpg
はい、フェットチーネの完成。
c0053091_0503441.jpg
手間はかかりますがけっこう簡単です。

ソースは牛肉、豚肉、パンチェッタを角切りにしたものとセロリ、玉ねぎ、ニンジンを炒めて、トマト缶と赤ワインと水で
1時間半煮こめば完成。
これまた手間はかかるのですが簡単なレシピです。
パスタと合わせる際に牛乳とバターを少々。
こってりした濃厚な肉の味、赤ワインが進みます。

味も色合いも秋らしいパスタでした。
今年ナンバーワンの出来栄えと自画自賛、おいしかったです。
(そういえば一食入魂もフレクトゴンもひさしぶりだ...)

by alfa_driver1972 | 2011-11-07 00:53 | 一食入魂 | Comments(4)
2010年 10月 05日
栗ごはん
c0053091_0264940.jpg
プリンPaPaさんからいただいた、たくさんの山梨産栗(ありがとう!)。
カミサンの2時間にわたる格闘(皮むき)の結果、今日の夕食は見事な栗ごはん。
ホクホクと甘くて、やっぱり秋の味覚の代表格ですなあ。
ちょうど仕入れたばかりの新米と相まって、おいしくいただきました。

ごちそうさま!

by alfa_driver1972 | 2010-10-05 23:53 | 一食入魂 | Comments(2)
2010年 05月 07日
12th Anniversary
c0053091_1543376.jpg
ロクサンサンで12年、となつかしいフレーズがずっと頭を回ってしまい、小学校に入学した子どもが高校を卒業する
くらいなのかあ、と妙な時間の感じ方をしてしまったのでした。
なにはともあれ、無事12周年です。
おめでとう、ありがとう。

2010年の5月5日は「立夏」だったそうですね。
天気の神様が4月の間違いを帳消しにするかのようにがんばってくれたおかげで、ゴールデンウィークは最終日もいいお天気。
まさに夏の気配がただよう一日。
せっかくだから「外メシ」にしましょうということで、引越し以来片手ほども使っていないルーフバルコニーにテーブルを
セッティング。
c0053091_157112.jpg
すばらしい景観、とはいきませんが、住宅街のレストランもなかなか悪くないでしょう。
最近夕方になるとかならず吹いてくる風にちょっと悪戦苦闘しながらも、まずはスパークリングワインと前菜から。
c0053091_24768.jpg
c0053091_2351323.jpg
奥に見えてるオリーブなんですが...
c0053091_24325.jpg
手前の黒い実、これ自家製なんです。
引越しの記念にとオリーブの鉢植えをベランダに置いたのですが、オリーブは一本ではまず実をつけないらしく、
収穫なんてのは夢のまた夢だなと思っていました。
ところが、なんと1年目の秋にしっかりとグリーンの実が... ある種奇跡的。
黒く熟すのを待って収穫、カミサンが種抜きして塩漬けにしてくれていたのを、今日はじめて食卓に並べたのでした。
してそのお味はといいますと... 身は柔らかく、アクもしっかり抜けてたのですが、もっと塩を抜かないとダメなようです。
おばあちゃんが漬けた梅干しを食べたときのような顔になってしまいました。
収穫からすでに半年、オリーブってのはなかなか難しいんですね。

そして本日のメインディッシュは、去年に引き続き我家の定番。
c0053091_2104492.jpg
ホットプレートで作るパエリアです。
これなら電源さえとれればいいので、バルコニーでも手軽に作れます。

薄曇りの夕方から、気がつけば夜の帳が下りる時間。
なんやかやと話しながら食べて飲んで... いつもながらの食べ過ぎの飲み過ぎ。
毎年恒例、リビングでひっくり返ってしまいましたとさ。

なにかと気の重い連休最終日でしたが、今年もいい一日になりました。

by alfa_driver1972 | 2010-05-07 02:00 | 一食入魂 | Comments(12)
2010年 04月 09日
たけのこごはん
c0053091_240171.jpg
春が旬の食べ物の代表格といえば、やっぱり「筍」でしょう。
ということで、王道のタケノコご飯です。
お手軽に水煮で作ることもあるのですが、スーパーに採れたてのタケノコが並ぶこの季節はもちろんそちらで。
(アク抜きとかメンドクサイらしいですけど)
土鍋の火加減もバッチリできれいに炊きあがりました。

シャクッとした食感と緑っぽいような茶色っぽいような香り。
ひさびさにニ杯飯でございました。

次はアサリだボンゴレだ。

by alfa_driver1972 | 2010-04-09 00:26 | 一食入魂 | Comments(8)
2009年 08月 14日
夏色の昼ごはん
c0053091_0494682.jpg
本日のお昼ごはんは、ベランダでそうめん。
太陽が真上に輝く頃、日陰を吹き抜ける風は意外とさわやか。
お久しぶりの青い空を眺めながら、氷水に浮かぶそうめんをすすります。
c0053091_165817.jpg
子どものころは「えーっ、ソーメンなのぉ?」と、夏のがっかりメニュー筆頭だったのですが、大人になってからはやたらとおいしく
感じられるようになってきました。
「揖保乃糸」が偉大なのか(いろいろ試しましたがやっぱりいちばんおいしい)、そうめんの微妙な「麺の味」を感じられるように
なってきたのか。
最近では我が家の夏のお昼ごはん、代表定番メニューになったのでした。

そのそうめん、食べながらいろいろな「選択肢」をカミサンと話してました。

・つけだれはいわゆる「めんつゆ」か「ごまだれ」か(今日は欲張りに両方)
・薬味はしょうがかわさびか(最近我が家では「天かす」がプチブーム)
・器に氷水は張るべきか否か、また水を張った場合(流しそうめん含む)つけだれが薄まってしまう問題について(今日は氷水)
・「揖保乃糸」よりおいしいそうめんはないのか(誰か教えて)
・二人で何把食べるのが標準的なのか(今日は最初3把茹でて足らなくて2把追加、食べすぎな気がする)

平和なお盆休みだなぁ、と。

by alfa_driver1972 | 2009-08-14 01:05 | 一食入魂 | Comments(10)
2009年 03月 25日
Spring Table
ここのところ「一食入魂」な写真がすっかり少なくなってしまっていました。
食に対する貪欲さは相変わらずなんですけど、ちょっと写真的にマンネリというかワンパターンというか...
すこし撮り方のバリエーションを増やさないといけませんなあ。

というわけであいかわらずではあるのですが、我が家の春の定番メニュー二種をご紹介。
c0053091_16870.jpg
まずは手作りのイチゴジャム。
この季節になると、小粒で形が不ぞろいなイチゴが安く手に入りますよね。
それを使っていつもカミサンがジャムを作ってくれます。
c0053091_12474658.jpg
果実の形をそのまま残した、砂糖とイチゴだけのシンプルなジャム。
天然の赤色がとってもきれい。
ヨーグルトにパンケーキに、春の朝に大活躍です。
c0053091_1111446.jpg
PENTAX K10D + smc PENTAX-FA 50mm F1.4

もうひとつは、そろそろ旬を迎えつつあるこちら。
c0053091_1315362.jpg
PENTAX K10D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

ボンゴレビアンコはいつも私の担当。
今回は春らしく菜の花をプラスしてみました。
ボンゴレはアサリの味でほぼ出来栄えが決まるので(ボンゴレ=アサリの意味ですもんね)、旬のアサリを使うことが何より大事。
どうしても食べたくなって冬にボンゴレを作ったことがあるのですが、身が痩せてて香りも薄くて、おいしくなかったなぁ...

これからの季節、旬のアサリが手に入ったらぜひボンゴレビアンコをお試しあれ。
手間いらずで意外とハズレの少ない(どう作ってもそこそこおいしい)定番パスタとして、オススメです。
ボンゴレビアンコはアサリを蒸すのに白ワインを使うのですが、せいぜい使っても100mlほど。
残りはキリっと冷やしてボンゴレとともに... じつはこれがいちばんのたのしみだったりして。
相性バツグンです。
白ワインのますますおいしい季節になってきましたね。

by alfa_driver1972 | 2009-03-25 01:00 | 一食入魂 | Comments(4)
2008年 12月 25日
We wish you a merry christmas !
c0053091_043748.jpg
c0053091_0455928.jpg
c0053091_044874.jpg
c0053091_05624.jpg
c0053091_05168.jpg
c0053091_052780.jpg
c0053091_0162342.jpg


by alfa_driver1972 | 2008-12-25 00:05 | foto+diary | Comments(12)
2008年 12月 07日
あじなあじ
忘年会、と称したいつものメンツのいつもの飲み会でのハナシ。

某F氏:「明日朝4時起きでアジ釣りに行くんですよ」(ってこの時点で22時だけど)
某H氏(オレ):「え? 湘南沖なの? ウチ近いじゃん(近くない)。帰り道に持ってきてよ」

飲んだ勢いでひどい注文です。
けど某FさんことFOXさん、きちんと釣れたてアジをもってきてくれました。
感謝感謝大感謝でございます、ありがとう!
c0053091_18502052.jpg
さてどうやって食べようか。
とその前に、そういえば私もかみさんもアジさばいたことないね...
しばしネットで「アジ 開き方」とか「アジ おろし方」で学習、ふむふむなるほど。
二人で悪戦苦闘しながら、なんとか調理完了!

8尾いただいたうち、4尾はお刺身で。
c0053091_18551851.jpg
こんなに新鮮なアジの刺身って、たぶん初めて食べました。
ポン酢にもみじおろしでいただいただのですが、ほんのりとした甘さのきれいな味。
もちろんくさみなんてまったくなくて、青魚とは思えない上品な刺身でした。
c0053091_18591771.jpg
カミサンのリクエスト、塩焼き。
あっさりとした身に塩がよくあってこれまたウマー。
新鮮な魚はなにしてもおいしいです。
c0053091_1954982.jpg
PENTAX K10D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

残りは新鮮なうちに干物に、背開きと腹開きにしてみました。
こちらも初挑戦でしたが、なんとかうまくいったもよう... さていつ食べるかな。

先日いただいた大根もそうですが、とにかく採れたてに勝る贅沢はないですね。
本当にありがたい話です。
手の込んだお料理もおいしいですが、最近とみにこういう素材勝負なシンプルな味にホッとします。

もらってばかりじゃなくて、次回はぜひ自分の手で、だな。

by alfa_driver1972 | 2008-12-07 19:09 | 一食入魂 | Comments(12)
2008年 07月 09日
Cacio E Pepe
シンプルなパスタ、というと何を思い浮かべますか?
ペペロンチーノ? 明太子スパゲッティ?
今日作ったのはそれらに負けず劣らずシンプルなパスタ。
c0053091_23274499.jpg
材料、おろしたチーズと黒胡椒、それだけ。
" Cacio E Pepe "、カチョはチーズ、ぺーぺは胡椒。
イタリア(特にローマ)では「お茶漬け」のような存在だとか。

本来はペコリーノ・ロマーノ(羊乳のチーズ)を使うそうですが、今日はパルメザンチーズで。
パスタ200gにチーズが50g、胡椒が大さじ1程度。
たっぷりのお湯でスパゲティを茹でてる間に、胡椒とチーズをすりおろして大き目のボールに入れておきます。

湯きりをしてアツアツのスパゲティとチーズ、胡椒を和えます。
茹で汁をすこし加えながら(50ccくらいかな)和えるとうまくいきます。
c0053091_081285.jpg
PENTAX K10D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

オイルもフライパンも使わない、超簡単シンプルパスタ。
ガツンとストレートに旨い! 惜しむらくは白ワインがなかったことくらいですかね...

ただシンプルなだけに、パスタの茹で加減、塩加減、胡椒の加減、茹で汁の分量、和え方などなど... どれひとつ
おろそかにできません。
たとえばお茶漬けだって、お湯の中にごはんを入れて、最後にお茶漬け海苔かけたらおいしくないですよね?
きっとなにか「正しいコツ」があるはず、これは奥が深そうですぞ...
(余談ですがパスタは茹でる鍋で大きく味(食感)が変わります。我が家ではLagostinaのパスタ鍋を使うように
なって、こんなにモチモチになるのかとビックリしました)

今日の反省点
・胡椒がちと多すぎた
・ペコリーノチーズを用意しよう
・和える順番を、まずボールにパスタ、その上からチーズ、胡椒にしてみよう
・茹で汁をもうすこし多めに、クリーミーに

ペペロンチーノ、カルボナーラにつづく研究課題ができましたね。
パスタマイスターへの道のりは長い...

夏の味覚も...

by alfa_driver1972 | 2008-07-09 23:43 | 一食入魂 | Comments(14)
2008年 07月 07日
七夕 手巻き寿司
2008年7月7日、関東地方は今年も厚い雲の下の七夕でしたね。
けど考えてみれば、お星様からすれとそれくらいの方が邪魔がなくていいのかも... なんて。
c0053091_025862.jpg
我が家はなぜか手巻き寿司、いや、とくに理由はないそうです。
あえていうと具材が短冊っぽい切り方? うーん、ちょっと苦しいか。
c0053091_0202035.jpg
巻き巻き。
c0053091_0204075.jpg
PENTAX K10D + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4 + AF280T

ごはんと具を入れるとたいてい巻ききれない... 欲張りなんでしょうか。
二人で二合の酢飯をペロリでした。

おなかいっぱい、おいしい七夕でした。

by alfa_driver1972 | 2008-07-07 23:45 | 一食入魂 | Comments(4)