タグ:PENTAX-DA*200mm F2.8ED SDM ( 60 ) タグの人気記事

2014年 01月 14日
My first ITM, ITM's last 747
なぜ伊丹だったのか、なぜ伊丹に行かなくてはならなかったのか。

・大阪国際空港、通称「伊丹」は大阪の街なかに位置する空港。とても便利な立地である反面、ずっと騒音に悩まされていた。
 それらの問題から2006年以降エンジンが3発以上付いた飛行機の乗り入れが原則禁止されることとなり、4発のエンジンを持つ
 ボーイング747「ジャンボ」の姿も見られなくなった。
 (ちなみに昔は羽田-伊丹便といえばジャンボが当たり前、な時期もありました)

・そしてそのジャンボ自体、その大きすぎる輸送力やエンジンが4つあることによる経済性の悪さから世界的に退役が進み、
 JALでは2011年に完全退役、ANAも現在2機を残すのみとなっていて、その2機も今年の3月末を持ってリタイアの予定。
 日本の航空会社からもうすぐジャンボがいなくなります(貨物型除く)。

・伊丹でジャンボを見る機会はもうないなと、飛行機ファン誰もが思っていた矢先、急に降って湧いた
 「ANAジャンボ、伊丹への里帰りフライト」の情報。
 おそらくこれが最後の機会、これを見逃せば伊丹でANAのジャンボを見る機会はない。

土曜日の朝、MiTo号に乗り込む男二人。
片道500km、伊丹への旅。
ジャンボに会いに行く旅。

伊丹に撮影で訪れるのははじめて。
大阪に着いたのは土曜日の夕方、そこからさっと下見を兼ねての撮影。
千里川から間近に見える飛行機、滑走路に感嘆の声を上げながら、あちこちで「遠征組」の姿を見かけます。
明日はどこで撮ります? なるほどあそこもいいですね... などと情報交換をしながら
「明日、楽しみですね」
この日は大阪の夜をぐっと我慢して、明朝のお出迎えに備えます。

明けて、いや正確にはまだ明けきっていない日曜日、朝5時30分。
これでもかってくらい防寒をしてロビーに降ります。
確実に寝不足なのに眠たくない、すごく寒いのに(この日の大阪の朝は氷点下でした)寒くない、不思議な朝。
MiTo号を千里川へと走らせます。

ジャンボが伊丹に着くのは7:20の予定。
最初は真っ暗だった空が東から赤くなり、そして夜明け。
着陸まであと10分、そろそろ... 見えた!
c0053091_23193923.jpg
「おかえりなさい」
たくさんの人人人、レンズレンズレンズに迎えられて、無事伊丹にジャンボが帰ってきました。

ここからジャンボはいろいろなセレモニーのもちろん主役。
僕たちが次に狙うのは遊覧飛行(空港周辺のお客様をご招待)の離陸と着陸。
c0053091_23202622.jpg
ターミナルを離れ、遊覧飛行に向かうジャンボ。
展望デッキにはあふれんばかりの人、見えますか?

そして静かな力強い離陸、街なかにある伊丹っぽい写真が撮れました。
c0053091_23172057.jpg
慌ただしく場所を移動して、次に狙うのは着陸。
この日ジャンボは富士山から東京のスカイツリーまでグルっとお散歩してきたそうです。
そしてお出迎えの瞬間。
c0053091_2323406.jpg
c0053091_2324340.jpg
夕方4時20分、すこし色づいてきた陽の中にランディング。
手を伸ばせば届きそうな距離の着陸、美しかった。
そしてウォーターキャノンで歓迎。
c0053091_2327143.jpg
これでこの日のイベントはすべておしまい。
だけど僕たちにはもうワンチャンス、羽田に戻るときのお見送り。
夜が明ける前にいた千里川、今度は夜が訪れたあと。
これで正真正銘最後の伊丹からの離陸、ジャンボが静かにランウェイエンドにやってきました。
c0053091_021630.jpg
生駒山に向きを変えて、そのままそっと静かに、ちょっとだけエンジンを吹かして。
走り始めたことに気がつかないくらい音も立てず、ジャンボは伊丹から飛び立って行きました。
そのあと翼を右に左に「バイバイ」と降ってくれたらしいのですが、ここからはそれを確認することはできませんでした。
放心状態でよく見えなかった、とも...

はじめての伊丹、ジャンボにとっては最後の伊丹。
とても印象深い、間違いなく記憶に残る、真冬の一日でした。

by alfa_driver1972 | 2014-01-14 23:43 | Come fly with me | Comments(12)
2013年 06月 25日
しじま
c0053091_033914.jpg
タクシーウェイからランウェイへ進入し、90°左にターン。
滑走路の中心に前輪が止まり、離陸許可が出るまでの数秒間。
その、しじま。

by alfa_driver1972 | 2013-06-25 00:57 | Come fly with me | Comments(3)
2013年 06月 03日
大きな翼
c0053091_23541454.jpg
「新しい翼」B787の運行再開が決まった影で、「大きな翼」B747の来年3月での退役が発表されました。

大きな翼に4つのエンジン、その雄姿が羽田で見られるのも残り数ヶ月。
また寂しくなっちゃいますね。

by alfa_driver1972 | 2013-06-03 00:00 | Come fly with me | Comments(0)
2013年 05月 27日
Deck 2
c0053091_23485855.jpg
もう少し、飛行機が早く上がってくれたら、とか。
もう少し、小さい飛行機だったら、とか。

そんなの関係ないもん、ケータイでも撮れますもの。

by alfa_driver1972 | 2013-05-27 23:51 | Come fly with me | Comments(0)
2013年 05月 08日
雨のち曇りのち夕焼けの空
c0053091_22583622.jpg
ゴールデンウィークのちょうど真ん中あたり、1月以来の成田へ。
自分の中では成田詣=季節イベントの体をなしてきました。
c0053091_0143258.jpg
朝は雨、のち曇り、お昼から晴れとめまぐるしい空模様。
一粒で三度おいしい、飛行機を追っかけるには打ってつけ、ではあります。
c0053091_23145244.jpg
こんなグレーな空から...
c0053091_2318026.jpg
ちょっと作りものみたいな青い空とキンキラキンのアメリカン。
c0053091_23261225.jpg
LCCもずいぶん増えました。
派手な機体には青空が似合います。
c0053091_23512511.jpg
そして夕方、こちらは冒頭一枚目の30分前、ちょうど日没の頃。
マジックアワーの空の色はあっという間に変化しますが、僕のアングルは変わりません(ワンパターンともいう)。
奇しくも4発機が並びました。
A380とB747-8F、成田ならではの光景、夕焼け空に来てくれてありがとう。

そして日が暮れたあとはちょっとお遊び。
c0053091_23575810.jpg
このブログを昔からご覧の方は「見たことあるぞ」と思われたはず。
そう、約6年前とアイデアは同じ、撮影機材は進歩してる。
さて、結果は... 

by alfa_driver1972 | 2013-05-08 00:40 | Come fly with me | Comments(2)
2013年 03月 31日
MD90
c0053091_22479.jpg
3月30日、広島からの「ラストフライト」。
定刻から遅れること50分、21時40分。
冷え込んだ少し湿った空気に乗って、工場のネオンをバックに羽田34Lからの進入。
MDの末娘はエンジン音も静か。
ゆっくりゆっくり僕たちの前をタキシングして、ライトをチカチカさせながら、さらにゆっくりとスポットに消えていきました。

派手さはない機体でしたが、僕が子どもの頃生まれてはじめて乗った飛行機「DC9」の系譜ということもあり、空港で見かけると
ホッとしてしまう、そんな存在でした。
どこかアンバランスなそのスタイル、もう見られないと思うと寂しいです。

おつかれさま。
異国での活躍の知らせを今からたのしみにしています。

by alfa_driver1972 | 2013-03-31 02:01 | Come fly with me | Comments(0)
2013年 03月 29日
月とサクラ
c0053091_0182029.jpg
3月の満月、は1日過ぎてしまいましたが。
昨日は雨雲の中に隠れていたから。

月と桜、去年に引き続きこれが、なかなか難題。

by alfa_driver1972 | 2013-03-29 00:21 | PENTAX K-5 | Comments(2)
2012年 12月 31日
Looking Back at 2012
c0053091_1918334.jpg
大晦日の我が家の恒例行事、日が暮れても続く大掃除。
いやはや、腰が痛い痛い...
紅白もはじまったこの時間、ようやく着地点が見えてきました。

Looking Back at 2012 More->>

by alfa_driver1972 | 2012-12-31 20:07 | foto+diary | Comments(4)
2012年 10月 06日
茜色
c0053091_17465685.jpg
茜色シーズン到来。
秋の空もいいんだな。

by alfa_driver1972 | 2012-10-06 17:50 | Come fly with me | Comments(6)
2012年 09月 18日
夏はいつまで
c0053091_040048.jpg
9月も折り返し地点を過ぎたというのに、ここ羽田空港の空も、そしてうだるような暑さも、まだまだ夏の気配。
787のピカピカな機体に白い雲が映り込んでいます。

今年の夏は見事にことわざどおり、彼岸まで居座るつもりのようです。
重厚長大な夏。

by alfa_driver1972 | 2012-09-18 00:43 | Come fly with me | Comments(2)