タグ:SONY E16mm F2.8 ( 4 ) タグの人気記事

2011年 08月 21日
夏休みの軽井沢
c0053091_20324849.jpg
そもそも本当にそこまで必要だったのか(過去形にするにはまだ早いか)よくわからない節電への協力から、今年の
夏休みは思いがけず長いものをいただくことができました。
基本的には家の近場をウロウロと、あとは暇さえあれば家でご飯を作ってひたすら食べてという盆太りまっしぐらな
お休みでしたが、(そのあたりの活動はこちらから)一日だけ我が家のおでかけの定番、軽井沢に行ってきました。
c0053091_254785.jpg
昔は人混みを避けて秋か冬に行くことが多かったのですが、この夏の暑さから逃れるには今行かなくてはと、オンシーズン
ど真ん中の軽井沢。
猛暑の魔の手は軽井沢まで伸びていて日なたはさすがに暑いのですが、日陰に入るとすーっとさわやかな風に汗がひきます。
さすが元祖避暑地。
c0053091_254925.jpg
軽井沢に行ってすることといえばお散歩と美味しいもの巡り。
できることなら1泊でも2泊でものんびりしたいのですが、今回は残念ながら日帰り。
朝から晩まで、額面通り体力が尽きるまで軽井沢の空気を満喫してきました。
c0053091_254835.jpg


余談 写真の話

by alfa_driver1972 | 2011-08-21 13:35 | foto+travel | Comments(4)
2011年 03月 18日
計画された停電
c0053091_150256.jpg
前もって知らされたたった3時間の停電。
それなのに、このまま真っ暗な世界が続いてしまうのではないかと不安になってしまう。
いつ終わるかわからない停電が続いている被災地の皆様の不安は、どれだけのものか。

一日も早く不便な生活が解消されますように。
一日も早くあたたかな日々が戻りますように。

by alfa_driver1972 | 2011-03-18 00:28 | foto+diary | Comments(1)
2010年 09月 02日
この夏のMiTo(11,111km)
c0053091_133944.jpg
今年1月の納車から8ヶ月、MiTo号は大きなトラブルもなく順調にマイレッジを伸ばしています。
月1500kmペース、そんなに乗ってるつもりはないのに気がつくと距離が伸びていてビックリ。
エンジンも足回りもいい感じに馴染んできて、クルマ全体の動きがスムーズになってきました。
乗り手が馴染んできた、というのも大きいでしょうね。
c0053091_1382971.jpg
(珍しくこんな写真撮ってみました。そろそろ2回目のエンジンオイル交換をしなくては(メンテプログラム内だしね))

この酷暑な夏もエアコン(マニュアルだけど)の効きはバツグンで、4段階のファンを2まであげて内気循環にすれば
十分室内を冷やしてくれます。
ただ、この働き者のエアコン、エンジンパワーをけっこう吸いとってくれまして、低回転トルクの薄いMiTo号にとっては
ちょっとツライところ。
アイドリング時のコンプレッサーの振動も大きめで、このあたりはイタリアンなメカ精度から抜け切れていません。
燃費にも影響があるようで、概ね12km/L台で推移していたのが、最近は10km/Lがやっと。
これは最近「踏みすぎ」なことも影響してるかもしれませんが...
(ちなみに8割方Nモードで、Dモードに入れるのはあいかわらずここ一発なときだけです)

10,000kmを超えてあらためてのMiToの印象ですが、とにかくラクチンで快適です。
人によってクルマに求める「快適」のモノサシは違うと思うのですが、我が家にとってはこれくらいのサイズ、これくらいの
気軽さ、ザックリ感がちょうどいい。
そう、まさに「ちょうどいい」んです。
大きさもパワーも、堅すぎない乗り心地も、静かすぎないエンジン音も。
快適すぎないのが快適。
窓を開け放って走るのが似合うクルマ、最近では珍しい部類に入るのかもしれません。
これくらい肩ひじ張らずに付き合えるクルマが僕たちにとっては一番です。

反面、アルファロメオに乗り始めた時のようなドキドキ感というのは、もうこの先味わえることはないのかなとも思います。
時代的制約からトガッた部分を隠さざるを得なくなったクルマ的な要因が一つ、昔ほどクルマという存在に自分のリソースを
割くことがなくなった個人的な要因も一つ。
155から147、GTA、MiToと経て、残念ながら車歴を追うごとにクルマへのトキメキは減ってしまっています。
そういう年齢なのかなとも思うし、経験がかえって邪魔をしてるのかな、とも思います。
また「現実的に」今買えるクルマを見渡してみて、それほど飛び抜けた存在はいないようにも思います。
c0053091_1335963.jpg
ただひとつ言えることは、おそらくこの先10年、いやもっとかな、僕はきっとアルファロメオというメイクスに乗り続けるでしょう。
だって好きなんだもん、というか、それ以外のクルマに乗ってる自分が想像できないんだもん。
MiToに乗っていて一番に思うことがこれです、やっぱりアルファロメオがちょうどいいんです。

結局のところそれが言いたかっただけです。
以上、アルファロメオバカの戯言でした。

by alfa_driver1972 | 2010-09-02 19:00 | alfaromeo MiTo | Comments(14)
2010年 08月 20日
16mm一本勝負 - NEX-5 + E16mm F2.8
c0053091_1502357.jpg
やっぱりというか案の定というか、18-55mmのズームレンズだけではあきたらず16mm“パンケーキ“も買ってしまいました。
このレンズだったら掛け値なくNEX-5で「ポケット一眼」を実現できます。
ルックス的にはより目玉おやじ度が増しますね。

もともと広角好き、PENTAXでもDA16-45をよく使っていたので問題なく使いこなせるだろうと思っていたのですが、
ズームレンズの広角端というのと、16mm単焦点というのはまったく意味合いが違うもんですね。
もっといさぎよく撮影できるかと思いきや、ありゃこんなに広かったっけと戸惑うシーンが多かったりして。

おまけにこのレンズ、けっこうなクセモノです。
16mm単焦点でおまけにパンケーキというスペックがすでにクセモノなのですが、f2.8の開放では周辺部の描写が甘めで、
ちょっとトイカメラ風になってしまいます。
現代の広角レンズっぽい描写を期待するならf5.6くらいまで絞ったほうがいいみたいです。
おまけにそんなに寄ることもできないので、テーブルフォトにはちょっと向きません。

その小ささ、軽さからするとお気楽に持ち出すにはもってこいなレンズなのですが、これ一本でお出かけというのは
逆にちょっとした覚悟というか割り切りが必要です。
ま、そういう制限付きな楽しみ方こそ単焦点らしいかなとは思いますけどね。
この大きさで35~50mm/f2程度の単焦点が出てくると、APS-Cらしい深度の浅さをいかした楽しみが増えるかなと... 
期待してます。

というわけで、以下作例をドバっと載せておきます。
今回もノーレタッチ(FastStone Photo Resizer で縮小のみ)です。
こうやってまとめてみると、やっぱり広角レンズはスナップフォト的に楽しいですね。

NEX-5+E16mm example More ->>

by alfa_driver1972 | 2010-08-20 18:26 | SONY NEX-5 | Comments(16)