タグ:Voigtlander ULTRON 40mm F2 ( 61 ) タグの人気記事

2010年 09月 16日
20-21時
c0053091_130017.jpg
c0053091_1295977.jpg
c0053091_1332841.jpg
夏が終わりました。
秋がはじまります。

by alfa_driver1972 | 2010-09-16 01:40 | PENTAX K-7 | Comments(2)
2010年 09月 01日
新型ゴーヤーチャンプルー
c0053091_171167.jpg
週末にやっていた某チューボーですよのレシピでゴーヤチャンプルを作ってもらいました。
いつもは豚肉を使い、ゴーヤがしんなりするまで炒めて火を通していたのですが、紹介されていた方法は...

 ・ポークランチョンミート(SPAMでおなじみ)を使う
 ・木綿豆腐に軽く塩を塗り、重しを載せて水抜きをし「島豆腐」に近づける
 ・具材をざっと炒めたあとダシで炒め煮る

で、完成したのがこちら。
SPAMは食べなれないこともありちょっと微妙なお味でしたが、それ以外のバランスは◎。
きつすぎないゴーヤの苦味、しっかりした豆腐の風味、全体のしっとり感など、これはなかなかアリでございました。
次回は豚肉を使ってこのレシピでやってみようかな。

もう9月に突入したというのに信じられないような暑さが続いています。
秋色な夜虫の声がところどころ聴こえてはくるんですけどね... 涼しい風が恋しいです。
しばらく夏のレシピで乗り切りましょう。

「チューボーですよ」のレシピはこちら

by alfa_driver1972 | 2010-09-01 00:45 | 一食入魂 | Comments(2)
2010年 06月 07日
あえて鎌倉 食
家を出たのがお昼すぎとあいかわらずの遅いスタートだったので、ほどよく小腹がすいてきました。
そうなると気になってくるのが、道路沿いから顔と匂いをのぞかせてくる魅力的なおやつのカズカズ。
c0053091_0483235.jpg
c0053091_053897.jpg
できたてホカホカの「かぼちゃきんつば」に、
c0053091_061667.jpg
素通りが困難な焼きたておせんべい。
大きさが顔ほどあります。
c0053091_0474467.jpg
だけどお味は正直もう一つ... まあそんなこともあります。

極楽寺から長谷、寄り道をしながらかれこれ1時間は歩いたでしょうか。
ここでカミサンが好きだというケーキ屋さん「OKASHI0467」でひと休み。
c0053091_30725.jpg
これがなかなかシャレたお店でして... 鎌倉ってステキなお店が多いんですよね、女子ウケ抜群なのを今さらながらに納得。
あたらしいお店から老舗まで、これは開拓のしがいがありそうです。

ケーキを食べ終わった頃にはすっかり夕方。
すこし急ぎ足で鎌倉駅をめざしますが、あっちのお店にこっちのお店とついフラフラ立ち寄り道中。
神社仏閣よりおもしろいお店にひかれるお年ごろです。
c0053091_024143.jpg
ちょうど陽が暮れた頃に鎌倉駅に到着。
小町通りをあてもなくブラブラとして、ちょっと早めの夕食はなぜかカレーで...(写真なし)
キャラウェイ」というお店、風情は昔ながらの喫茶店風。
一皿700円前後(鎌倉なのに)と安い上に、量がハンパなく多い(標準でお茶碗4杯分!)。
肝心のお味は、いい意味で「フツーのカレー」。
いわゆるオシャレさはありませんが、こういうお店もなかなかアリかと。

満腹のおなかをさすりながら、最後のシメにもう一軒ということで(まだ行くか)、エスプレッソがおいしいと評判らしい
"Dolce far niente"というバールへ。
c0053091_101558.jpg
こちらもなかなかシャレてますが、不思議とあんまり居心地は... この辺は「相性」みたいなもんでしょうね。
c0053091_305090.jpg
c0053091_31718.jpg
とはいえ、エスプレッソと自家製らしいティラミスはさすがのレベル、参りました。
特にティラミスは一食の価値アリ。
ここはバールらしくバンコ(立ち飲み)でサラっと、てのがいいかも。

お昼からの半日だったのですが、思ってた以上に鎌倉を満喫できました。
同時に、これまであまり鎌倉に興味がなかったことをちょっと後悔、もっと早く来ておけばよかった。
まだまだたくさんあるであろうステキなスポットを、これからも巡ってみましょう。

...その前に少しは歴史の勉強もね。

by alfa_driver1972 | 2010-06-07 01:08 | 一食入魂 | Comments(8)
2010年 06月 05日
あえて鎌倉 その2
c0053091_13214226.jpg
江ノ電を極楽寺駅で降りて、極楽寺から成就院へ。
参道の両側に並ぶ紫陽花と、眼下には由比ヶ浜。
c0053091_13355729.jpg
まだ紫陽花はこれからというところでしたが、おかげで人も少なくのんびり写真を撮ることができました。
c0053091_1325385.jpg
花ってピーカンの日に光をたくさん当てて撮るもんだと思っていたのですが、こういうフラットな光もキレイですね。
水滴がコロンと浮いて、雨上がりの花っていい雰囲気。
ちょっとマクロレンズが欲しくなりました。

長谷の方向に歩いていって、線路のすぐそばにある御霊神社へ。
小さな神社なんですがなんだかここは好きな雰囲気だったなあ。
c0053091_1431879.jpg
木がたくさん茂っていて、その一角だけふっと暗く沈んでいるのですが、それが子供の頃の「神社」という原体験に
近いからかもしれません。
真夏でも暗くてひんやりとしていてたくさんセミが鳴いて、でも冬は葉が枯れてお日様が当たってあたたかかったり。
c0053091_14182132.jpg
昔は神社の境内ってかっこうの遊び場だったもんなぁ... 郷愁の中にどこかホッとするものがあるのかな。

by alfa_driver1972 | 2010-06-05 13:25 | PENTAX K-7 | Comments(4)
2010年 06月 03日
あえて鎌倉 その1
c0053091_110978.jpg
あえて雨の土曜日に、あえて電車に乗って、あえて鎌倉に行ってきました。
c0053091_1103298.jpg
藤沢駅から江ノ電に揺られて、左にカーブしながらはじめて海が広がる瞬間。
グレーの雲がちょっと重たいですが、これはこれで悪くないかなと。

横浜界隈に住み始めてかれこれけっこうな年数が経っているのですが、ゆっくり鎌倉を散策したことがありませんでした。
近くにいると意外と行かないって場所の筆頭だったようで。
こちらは鎌倉大好きなカミサンのガイドに連れられて、季節外れの修学旅行のような。
c0053091_1141676.jpg
下調べに余念がないようです。

K-7にはあえてウルトロンなんかをつけたりもして(すごくご無沙汰していました)、ひさびさのMFはちょっと打率悪し。
そうそう、今回はあえてK-7の設定を「カスタムイメージ:雅」「WB:CTE」にしてみました。
ちょっと派手な仕上がりで、特に緑の発色に特徴があるみたい。
これはなかなか面白いかも。

雨の鎌倉もそれはそれで写真的にステキだろうという目論見もあったのですが、結局一日降られることもなく。
いろいろと発見の多いお散歩で、なかなか充実した週末になりましたよ。
c0053091_117435.jpg
そんなわけでしばらく「鎌倉」をおたのしみください。

by alfa_driver1972 | 2010-06-03 01:18 | PENTAX K-7 | Comments(6)
2009年 03月 06日
all about my Mother
※タイトルは某映画からですが内容はぜんぜん関係ありません、たぶん。私この映画見たことないんで...
c0053091_2346374.jpg
母の60回目の記念すべき誕生日。
実家近くに住む妹夫妻に協力してもらって、サプライズ帰省をしてきました。
c0053091_23473843.jpg
鉄の翼に乗ってしまえば、たった1時間半で着いてしまう山口。
ふるさとへの距離というのは物理的なものだけでは計り知れないものがあります。
静かな機内からふわふわな雲を眺めながら、たった一枚窓の外では時速800km、-40℃の空気が流れているんだなあと。
なんだか現実離れしてる。
故郷に帰るというのは、どこかそんな感覚に似ているところがあります。

そんなノスタルジックでアンニュイなメランコリックはさておき(なんのこっちゃ)、まさか僕たちがいるとは知らず
食事処にやってきた母親に、「おめでとう!」の掛け声と共に花束贈呈。
ひさびさに鳩が豆鉄砲を食らった人の顔というのを3秒間ほど拝むことができました。
おどろいてくれて、よろこんでくれて、こちらこそありがとう。
60年間おつかれさまでした、もちろんこれからも健康でね。

お祝いの席は、地元の海の幸を使った和食料理。
c0053091_025860.jpg
c0053091_031594.jpg
c0053091_032591.jpg
c0053091_03385.jpg
特に3枚目の鮑のステーキは絶品だったなぁ... これまで食べてきたアワビはなんだったんだと、ゴム入りか?
やはりきちんとしたモノを経験として知らないといけませんね。

サプライズパーティーは金曜日の夜。
c0053091_0132786.jpg
実家にて、東京からもって帰った60年前の誕生日の新聞コピーの説明を受ける猫(雄 12歳)。
昔っからコイツとは相性が悪くて、私とは犬猿の仲。
c0053091_0171558.jpg
「何しに帰ってきたんだよ」とでも言いたげな鋭い目つき、おー怖っ。
しかしさすがに齢を重ねてすこしは丸くなりましたかね。
お前もいつまでも元気でな。

翌日土曜日からは思いがけず観光旅行、クルマで1時間半ほど離れた「宮島」に行ってきました。
「安芸の宮島」、いやゆる日本三景のひとつ、と言えばピンときますかね。
(ちなみに私、いい年になるまで「秋の宮島」だとずっと思い込んでました。さぞ紅葉のきれいな場所なんだろうと... 
いや、実際きれいらしいですけど)
c0053091_022931.jpg
宮島というくらいで「島」です、フェリーに乗って行きます、知りませんでした。
これだけ近くに住んでいたのに、宮島に上陸するのははじめてなのです。
c0053091_0204780.jpg
有名な厳島神社の鳥居が見えてきました。
c0053091_0225978.jpg
上陸するとさっそく鹿のお出迎え。
あちらこちらを我が物顔でうろついて、観光客の手から観光パンフレットを奪いまくっていました。
あんまおいしくなさそうだけどなぁ。
c0053091_0243724.jpg
宮島のおいしい名物といえばもみじ饅頭(焼きたては超ウマイ)とこちら、牡蠣。
中でも焼牡蠣が有名なようで、さっそくいただきます。
c0053091_026225.jpg
いっせいに手が伸びる伸びる... 待ってましたと言わんばかり。
c0053091_0263160.jpg
適度な塩味で香ばしくて、おいしかったなぁ。
c0053091_0273523.jpg
こちらは生牡蠣。
「海のミルク」ってその栄養価をたとえて言うのだと思っていましたが... これはまさにミルクの味、すごく濃厚で新鮮。
最近家では宮城産を食べることが多かったのですが、あらためて広島産の牡蠣もおいしいんだなと認識したしだい。
やはりホンモノを食べないと... ってさっきも言いましたね。
c0053091_0315280.jpg
c0053091_032422.jpg
食べた後は厳島神社にお参り。
こりゃ台風のたびにニュースになるわけだ... まさに海に浮かぶ神社。
今回は残念ながら曇り空で、写真的には今ひとつ。
なんとなくですが、ここは蝉が鳴き始める、良く晴れた夏の朝にまた来てみたいなあと思いました。
あ、けどその季節は"R"が付かない月だな...
c0053091_0352383.jpg
いわゆる表参道は、英語、韓国語、中国語の看板が踊る、さすが世界遺産な観光地(外国のお客様の多いこと)。
しかし一本道をはずれると、素朴な瀬戸内の島の顔が見られます。
こっちの方がなんとなく落ち着きますな。
c0053091_0374158.jpg
ぐるっと島を巡った後は、欲張りにも広島市に足を伸ばします。
電車に乗ること約30分、広島もそういえばひさしぶりだなぁ。
c0053091_0445149.jpg
もうひとつの世界遺産、原爆ドーム。
残念ながら工事中でしたが、はじめて広島を訪れるカミサンもその物言わない歴史の深さに、なにかを感じるものが
あったようです。
c0053091_2273522.jpg
原爆死没者慰霊碑には、「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」と刻まれています。
特別な場所です、特別な場所であり続けるべきだと思います、忘れないために。

そして個人的にこちらも特別な場所。
c0053091_2301589.jpg
昔っからカープファンなくせに、ここ市民球場で赤ヘルの活躍を見ることはついにできませんでした。
懺悔の意味も込めて今回球場の前まで足を運びました。
平和記念公園のまん前と言う立地、これはこれで趣のあるものです。

そして広島と言えば。
c0053091_0541661.jpg
実はこれが目的で広島まで足を運んだという... ちゃんとした広島お好み焼きをカミサンに食べてもらおうと。
c0053091_0551751.jpg
大阪のお好み焼きってある程度ブレが少ないと思うんですが、広島のはお店によってぜんぜん味が違うんですよ。
こちらのお好み焼き、パリッとジューシーでキャベツは甘く、オーソドックスにおいしかったです。
関東だとなかなかこのレベルのが食べられないんだよなぁ。

いつの間にやらやっぱり食い道楽になってしまいましたが... たのしい時間はあっという間。
早くも日曜日、山口を離れる日。
c0053091_10689.jpg
午前中にサプライズ第二弾、写真館で家族写真を撮るなんてイベントを済ませて(あー肩こった)、空港までの道の途中、
満開の菜の花畑へ。
c0053091_11414.jpg
ようやく晴れてくれた、春を感じる一日。

次にこの季節にこの地を訪れるのはいつになるかな。
いつでもできることなんだけど、いつでもできるってもんでもない。
けど、やっぱり故郷っていうのは「拠り所」です。

いろんなことを感じさせてくれた、なんだかあたたかい山口への帰省でした。

by alfa_driver1972 | 2009-03-06 01:26 | foto+diary | Comments(14)
2007年 11月 05日
alfaromeo or not ?
c0053091_0173449.jpg
7月の雨のち晴れの朝箱から、気がつけば季節は秋を通り越そうとしていました。

11月の箱根へ、夜明け直後、いつものように147に乗り込みます。
エンジンスタート、冷たい空気の中にマフラーから白い水蒸気が立ち昇ります。

そういえばはじめて「朝箱」に行ったのはいつのことだったろう...
1台目の155を買って、当時にぎわっていたalfaromeoの掲示板に参加してた頃... 1996年かな?
春夏秋冬、霧から快晴、多いときには50台くらい集まったり。
かれこれ10年、僕のalfaromeoとの思い出と切っても切れない、大切なイベントのひとつ。
そして、とても多くの「出会い」をもたらしてくれたイベントでもあります。
c0053091_23433135.jpg
なんてことをボーっと考えながら、いつもの仲間といつもの道のりでいつもの箱根へ到着。
芦ノ湖の空気はキリっと冷たく、抜けるような青空。
この駐車場ももう何回目だろうなぁ...
c0053091_23452224.jpg
今回の朝箱は新人、いや新車が1台。
147から159への乗り換え... 「僕アルファロメオが好きなんで」。
そのお気持ち、とーーーーーってもよくわかりますよ。
c0053091_23461570.jpg
c0053091_23482622.jpg
c0053091_2347163.jpg
c0053091_23464069.jpg
ボディーカラーは"Rubino Red"、ちょっと渋くてとってもいい色。
3.2LのV6エンジンは、「これノーマル?」って確認したくなるくらいに、積極的にサウンドを聞かせるシロモノ。
いまどき、これだけ自己主張が強いヤツもめずらしいかも。

いろんなものが変わっても、やっぱりalfaはalfaだなぁと。
見れば見るほど魅力的なNew alfaromeoでした。
体の中に入った蛇の毒は、そう簡単には抜けないってことですかね...
c0053091_013263.jpg
#1 PENTAX K10D + smc PENTAX-FA 50mm F1.4
#2, 3, 5, 6, 7 PENTAX K10D + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
#4, 8 PENTAX K10D + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

まだまだ元気でがんばってね。

そうそう、ダンパーを交換して初の箱根の山道でしたが、効果絶大。
ビシッと姿勢が安定して、ヒラヒラとすごく走りやすかったです。
やっぱこうでなくちゃ。

【なにやらカメラの名前が...】

by alfa_driver1972 | 2007-11-05 23:43 | alfaromeo 147TS | Comments(18)
2007年 10月 27日
New York, New York -Part 6
c0053091_012091.jpg
(クリックで大きな画像が見られます)

だいぶ間があいてしまいましたが、やっとこさNYの写真を整理できました。
(これまでのエントリーの写真も一部入れ替えました)
1週間の滞在で仕事関係も含め約800枚... 今回もよく撮りました。

がんばってセレクトしてみたのですが、どうしても枚数が多くなってしまいます。
極力テキストは少なくして、写真を中心にご覧アレ。

"Straight Street"
c0053091_23212159.jpg
c0053091_23213281.jpg



"New Yorkers"
c0053091_23272054.jpg
c0053091_23273031.jpg
c0053091_23275976.jpg


"Times Square"
c0053091_23281245.jpg

c0053091_23335926.jpg



"Eyes"
c0053091_2327459.jpg


"Red"
c0053091_23443580.jpg
c0053091_23444750.jpg


"Night"
c0053091_23584665.jpg
c0053091_23543766.jpg
c0053091_23544995.jpg
c0053091_2354587.jpg


"NY is Mine"
c0053091_01864.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL


by alfa_driver1972 | 2007-10-27 23:41 | PENTAX *ist Ds | Comments(6)
2007年 10月 08日
New York, New York -Part 4
c0053091_21173425.jpg
c0053091_1812344.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander COLOR-HELIAR 75mm F2.5 SL

Ground Zeroの近くで撮った2枚。
4年前とは違って、完全に建築現場の様相を呈していました。

昨日は自由な時間があったので買い物&写真を撮りにでかけたのですが、軽く凹みたくなるくらいいまひとつな
写真ばかりでした。
そのときは40mmのウルトロンを付けていたのですが、どーもこの画角が苦手になってるかも...
昔から「標準レンズ」に苦手意識があったのですが、まだまだ克服できてませんね。

というわけで、上の2枚はまたまた75mmのカラヘリにて。
逆にこのレンズはNYを撮るのになかなか適しているようです。
いつもは広角一辺倒なのですが、こういう街の撮り方もたのしいですね。

【ひるごはん】

by alfa_driver1972 | 2007-10-08 21:46 | PENTAX *ist Ds | Comments(12)
2007年 09月 08日
Sunset Hunt
c0053091_242696.jpg
めずらしく関東直撃の迷惑な台風でしたね。
スピードが遅いもんだから、前日の帰りの足から朝の通勤まで、影響大で困ったもんでした。
ひさびさの「帰宅命令」にちょっとウキウキしちゃったのも事実ですが... アハハ。

写真好きとしては、台風一過のあとの空の表情にも注目です。
夕焼けを追いかけて、急げ急げ。
c0053091_1521668.jpg
ほんの一瞬で消えてしまった、なんだか不思議な空でした。
c0053091_213961.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical


さて、ここはどこ?

by alfa_driver1972 | 2007-09-08 02:15 | PENTAX *ist Ds | Comments(12)