タグ:smc PENTAX-A 24mm F2.8 ( 18 ) タグの人気記事

2007年 11月 10日
Tokyo Motor Show 2007 - Cars will be cars (2)
ちょっと趣向を変えて、こんなのがガレージにあればなあ、なクルマたち。
c0053091_23434537.jpg
Lotus 2-Eleven。
こんなのでサーキットに通ってみたいなぁ、とか...
c0053091_234497.jpg
ダイハツ OFC-1。
2代目コペン? ちょっとファニーさが減ったけど小さくていいなぁ、とか...
c0053091_23442167.jpg
Dodge DEMON。
アメ車にしてはコンパクトなオープン、けっこうカッコイイなぁ、とか...
c0053091_035068.jpg
...やっぱ夢はこれかなぁ、とか。
男の子としてはやはりこういうクルマの見方がいちばんたのしいですね。

あと、ブースを巡りながら思ったのが...
c0053091_081011.jpg
c0053091_081983.jpg
c0053091_083374.jpg
c0053091_0104480.jpg
やたらとホワイトとシルバーのクルマが多かったですね。
ショー全体、パッと見の華やかさが不足していたのは、このボディーカラーのトレンドにもあるのかも。
ちょっと色温度が高めのこの白色、キライじゃないんですが洗車が大変かもなぁ、なんて思ったり。

そんな中、ひときわ輝いて見えたシルバーは...
c0053091_0135224.jpg
Audi R8。
写真でのイメージよりずっとコンパクトでスマート。
これはきっと“911イーター”になるだろうなぁ。
c0053091_0141877.jpg
きっぱりとピュアスポーツに振っていて、これまでのAudiのイメージをいい意味でくつがえしていました。
やっぱやるならここまでやらなくちゃね。

で、最後はこちら。
c0053091_0191365.jpg
やはりこのモーターショーいちばんの目玉だった、日産GT-R。

勝手な想像ですが、日産内の「旧GT-R派」と「新GT-R派」の意見調整が、最後までうまくいかなかったのではないかと。
あくまでもスカイラインの流れをくむ「ハコのスポーツ」なのか、これから世界中のスーパースポーツに正面から
メンチを切っていく「ピュアスポーツ」なのか。
どちらにも振りきれなかった中途半端さが目立つばかり。
c0053091_057514.jpg
Bピラーから後ろは複雑なラインでなかなかカッコイイんですが、Aピラーが前がそれを台無しにしてます。
この顔で血気盛んにメンチ切っても、プププって笑われそうでとっても心配...

乗ればすごいクルマなのは間違いないと思うんですけどね。
800万円以上を払うとなると、選択肢は世界中にごまんとあるわけで...
スーパーカー世代の末裔としては、もういちどNSXのような国産車の登場を願うばかりです。

いやはや、なんだかんだイチャモンつけたりしながらも、やっぱりたのしかったです。
ワールドプレミア級の展示がすくなかったのは、ちょっと残念ではありましたけど。
各メーカー、「アジアマーケット」の中心は日本だけではない、と考える時代になったんでしょうね...
イカン、どーもネガティブになっちゃうな。

2年後も、クルマ好きがたのしめるモーターショーでありますように。

by alfa_driver1972 | 2007-11-10 23:45 | foto+diary | Comments(14)
2007年 11月 08日
Tokyo Motor Show 2007 - Cars will be cars (1)
「主役」を撮るのに精力を傾けすぎて... いやいやもちろんクルマもしっかり見てきましたよ。

モーターショーに行くたびに再認識するのですが、個人的にはあんまり「コンセプトカー」に興味がありません。
日ごろ見られないという意味ではそっちのほうが貴重なんでしょうけど、男の子としては現実的につながらないと
ダメなようです。
c0053091_14111.jpg
c0053091_142664.jpg
そんな中(ちょっとくやしいけど)トヨタとレクサスのスポーツカーは思いのほか(失礼)カッコヨカッタなぁ。
白いほうはボディーもコンパクト、これくらいがちょうどいいです。
c0053091_155618.jpg
そしてホンダのこちら。
CR-Z、名前からしてわれわれ世代はどきどきしますね。
うまくCR-Xのデザインテイストを引き継いでいて、個人的にはグッドルッキング大賞でした。
たしかハイブリッドだったかな? ガソリンだけじゃなくてもスポーツできる時代は、もうすぐそこかも。

つぎは、いちばん興味のある輸入車のブース。
日ごろ見かける機会が少ないといえば、こちらもけっこう貴重なわけでして。
c0053091_1123548.jpg
c0053091_1385268.jpg
だけど今年のモーターショーは、輸入車ブース全体、なんだか「気合い」が不足していたような。
特にラテン系はどのブースもイマイチ。
いちばんたのしみにしていたNew FIAT 500(チンクエチェント)がなかったのは、いちばんのガッカリ大賞でした。

alfatromeoも見どころといえば前回のTMSにも来ていた8Cと...
c0053091_1161111.jpg
これまでとはちょっと違う新色のRosso(なかなかいい色です)、くらい。
c0053091_117465.jpg
8Cは生産化にあたってすこしディメンジョンをいじったらしいですね。
微妙に腰高になってしまったようで、スマートさが減っていた感じがしました。
あと、黒は似合いませんね...

そして、ずっと日本上陸を待っているのになかなかやってこないこちら。
c0053091_125774.jpg
c0053091_1252069.jpg
Renault Clio RS、やっと実車を見ることができました。

...が、うーん思ってたほどカッコよくない...
次期愛車候補から悲しくも落選であります、むむー。
コンパクトでいいんだけどなぁ。
ちなみにまだ日本での販売は未定だそうです、なにやってんだか。

つぎはドイツ車2台。
c0053091_1284087.jpg
c0053091_1285430.jpg
New Audi A4とNew BMW M3。
A4はまたいちだんとカッコよくなりましたね。
けど... 個人的には、ぱっと見BMWの3シリーズと見分けがつきません。
かなりFR的なデザインになりましたね、いや、カッコいいんだけど。

M3はうーんって感じ...
歴代M3の、ハコ車を無理やりサーキット仕様にしたような、紙一重の迫力がなくなりましたね。
あとV8っていうのはどうなんでしょう? できればBMWには直6でがんばってほしかったなぁ。

長くなったのでつづきはまた別エントリーで...

by alfa_driver1972 | 2007-11-08 18:00 | foto+diary | Comments(10)
2005年 12月 03日
東京黄色
c0053091_1024241.jpg


東京黄色 More->>

by alfa_driver1972 | 2005-12-03 23:50 | PENTAX *ist Ds | Comments(6)
2005年 10月 13日
雨の鈴鹿 ~フリー走行・予選
c0053091_22281894.jpg


雨の鈴鹿 ~フリー走行・予選 More ->>

by alfa_driver1972 | 2005-10-13 00:00 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)
2005年 10月 12日
兵どもが夢の跡
c0053091_23292013.jpg


兵どもが夢の跡 More ->>

by alfa_driver1972 | 2005-10-12 00:30 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)
2005年 08月 02日
Blue Trip ~Blue Grotto
「青の洞窟」といえばイタリア・カプリ島のものが有名ですが、同じ地中海のマルタ島にもありました。
規模としてはずっと小さいものでしたが、本場カプリ島のものを知らないこともあいまって「キレイだなぁ」
と思いましたよ。

島の北端にあるホテルからレンタカーで南へ走ります。
島の真ん中付近は荒涼とした乾燥地帯、赤茶けた壁の建物とゴツゴツした舗装路を抜けること1時間、
目の前に地中海が広がってきました。
この先にはアフリカ大陸があるはずと思うとちょっと感動。
c0053091_23362937.jpg
「この先青の洞窟(Blue Grotto)」の看板にしたがって坂道を下っていくと、船着場が見えてきます。
船は5~6人も乗ると満員の小さなボート。
リバプールから来たというにぎやかなご老人達といっしょに出発。
(「リバプール?」と聞くと「ビートルズさぁ!」と、そこからビートルズメドレーのはじまりはじまり...)
c0053091_23283436.jpg
暗い洞窟の中に入っていくとひんやりとした空気と同時に水面の色が変わります。
なるほど、これが地中海の「青」か。
c0053091_004799.jpg
c0053091_23383357.jpg
These foto by PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-A 24mm F2.8


by alfa_driver1972 | 2005-08-02 23:50 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)
2005年 07月 26日
Blue Trip ~マルタの街並み
マルタの楽しみ方は2つ。
ホテルのプライベートビーチやプールでのんびり地中海の「夏」を満喫する。
侵略の波に翻弄された歴史を思いつつ、世界遺産の街並みを散策する。
欲張りな僕たちはもちろんどっちも楽しみましたよ。
レンタカーを借りて小さな島の中を1日走り回ってみました。
c0053091_22404879.jpg
c0053091_22542479.jpg
These foto by PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-A 24mm F2.8
c0053091_2241410.jpg
c0053091_22413393.jpg
These foto by PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

上2枚がマルタ共和国の首都、ヴァレッタ。
街全体が世界遺産のこの場所、とはいえ平日のお昼過ぎは歩く人の姿もなくのんびりしています。
海からの暑い風が狭い路地を吹きぬけていきます。
下2枚はマルタ島からフェリーで渡ったお隣の島、ゴゾ島。
建物の壁は全体的に赤い土色で、同じような緯度にあるギリシャの白い街並みとはずいぶん趣が違います。
どことなく乾いた風景、ヨーロッパよりアフリカを思わせる風景でした。

by alfa_driver1972 | 2005-07-26 23:46 | PENTAX *ist Ds | Comments(6)
2005年 07月 19日
Blue Trip ~ローマ夕暮編
c0053091_08783.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-A 24mm F2.8

サマータイムのローマは20時ごろからやっと陽が傾いてきます。
夕方から街歩きを再開しても夜になるまではだいぶ時間があり、ちょっと得した気分。
ローマの緯度は函館とほぼ同じ。
ここ横浜と比べるとずいぶんゆっくりと暗くなっていく感じがします。
(もっと緯度が高くなると「白夜」になるわけですね)
上の写真、右の塔は時計台で9時30分くらいを指しています。
時計がずれているわけではなく(ずれたのも多かったですが)この時間でもこれくらい陽が残ってます。
c0053091_2334071.jpg
PENTAX *ist Ds + Carl Zeiss Jena MC FLEKTOGON 35mm f2.4

夜になると太陽の代わりに白熱灯が遺跡を照らします。
街全体の照明がかなり暗めなことも手伝って、数々の遺跡が美しく浮かび上がります。
しかしイタリア人ってこういうことはこまめに熱心なんだよなぁ... よくワカラン。

この時間になると昼間の熱気を湿り気を帯びた涼しい風が吹き流してくれます。
遠くの車やサイレンの音が聞こえてきたりして、夜のローマはまたちょっと違う顔を見せてくれます。

by alfa_driver1972 | 2005-07-19 00:12 | PENTAX *ist Ds | Comments(8)
2005年 07月 17日
Blue Trip ~サン・ピエトロ大聖堂
ローマ市内に位置する都市国家、バチカン。
カトリック教会の総本山として、また国全体が世界遺産に指定されていることなどあまりに有名ですが、
これまでなんとなくイメージがわかなかったのも事実。
市の中に国? どうなってるんだろ。

ローマを西に歩き、テヴェレ川を渡るとそこがバチカン市国。
入国審査があるわけでもなく、気づけばあれ、もうバチカン?って感じです。
実感としてはローマ市バチカン町ですね。
ちょっと拍子抜け。
c0053091_16504966.jpg

c0053091_16512244.jpg
そのバチカンの中心に位置するサン・ピエトロ大聖堂、広場を含めたその巨大さ、建築、彫刻の美しさ、
そして世界中から訪れている人の多さ、圧巻でした。
このスケールを伝えられるだけの写真を撮れなかったのがちょっと残念。
c0053091_1651490.jpg
c0053091_1651138.jpg
These foto by PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-A 24mm F2.8

ヨハネ・パウロ2世逝去からあまり時間の経っていない教会の中では、一心不乱に祈りをささげる信者の姿が。
外の暑さから隔絶された静かな時間が流れていました。

by alfa_driver1972 | 2005-07-17 17:27 | PENTAX *ist Ds | Comments(0)
2005年 07月 16日
Blue Trip ~ローマ青空編(2)
ローマの夏の青空があまりに印象的だったので、もう少し続けます。
c0053091_184494.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

午前中からお昼にかけては雲ひとつない青が広がります。
気温もまだそんなには高くなく、街歩きするにはこの時間が最適。
湿度の低いさわやかな空気が気持ちいい。
c0053091_1722471.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-A 24mm F2.8
c0053091_1733483.jpg
PENTAX *ist Ds + smc PENTAX-A 24mm F2.8

お日さまが真上に来るころ気温も最高潮をむかえます。
太陽光線と照り返しのきつさに目を開くのも困難なほど。
ジリジリとした暑さの中を歩き続けるのは体の危険すら感じます。
ワイン付きのランチをのんびり食べたあとは、いったんホテルに帰って休憩します。
お店の多くもシャッターを下ろし始めます。
いわゆるシエスタですね。

午後4時ごろ再び歩き始めると雲が低くかかっていました。
雲の形も日本のそれとはちょっと違いますね。

ローマ初日は運転手付きのオープンカーで市内を巡りました。
c0053091_17191943.jpg
PENTAX *ist Ds + Voigtlander ULTRON 40mm F2 SL Aspherical

乗り合いですけどね。
この2階建ての観光バス、ローマ市内とバチカンをぐるっと巡って1時間ちょっと。
一日乗り降り自由でけっこう重宝しました。
時間通りには一回も来ませんでしたけど。

by alfa_driver1972 | 2005-07-16 18:12 | PENTAX *ist Ds | Comments(4)